雨上がりの午後…桑の葉茶とどくだみ茶を作るべく山の近くへ。

世間では山男と海男というものが存在するらしいが私はどっちかというと山男である。

だからこそ海の潮風に憧れたりもするがそれ以上に山の静寂と木漏れ日は良い。

………要は海はちと開け過ぎて人の存在が嫌なんじゃ。日焼けするし。





さてさて、桑の葉茶は前々から作っており場所もリサーチ済みなのですがどくだみ茶は今回が初めて。

が、どくだみはそこら辺に生えており下手すれば家の日陰になる場所に青々と生えているので心配は無用。

b0362459_08584646.jpg


遠目で見て気付いた。

「……ん………あの鳥の少しふくらんだ体系……カラスじゃないな……」

この動きは....トキ!!!

b0362459_09005576.jpg


正体はキジでした。久しぶりに見ましたね。

普段この距離まで近づけば確実に逃げるのですがこの個体は中々逃げようとしない。

もしかしたら繁殖期を向かえていてこの栗の木の下がテリトリーになっているのかもしれない。

繁殖期になると赤い物に反応して攻撃してくるらしいが、私はそんな派手な赤い服なんて着ないので無害。

b0362459_09054523.jpg


「いや、わかんねぇよ!!!」という人の為に。

この後近づき過ぎて逃げてしまいました。

寄り道しながらも桑の葉のある所に到着。

b0362459_09082904.jpg


……昨日は無かった大きな油まみれのホースが捨ててあるではないか。

わたしはこんな巨大なゴミを人生で一度も捨てた事がないのでどういう神経しているのか理解し難い。

かと言って私は車に乗れないし運ぶ方法がなく処分する事も出来ないのでそのままに。

……って、片付けたらまた捨てるだけか。はぁ……。

油で汚れた部分は避けて桑の葉を採取する事に。

よく見て見ると

b0362459_09124817.jpg


桑の実らしきものがあるではないか!!と言ってもまだ若いが。

桑は珍しく性別がある木でこの木は♀のようだ。

b0362459_09161328.jpg


よく見ると赤っぽい実もちらほら。

完熟するその時まで楽しみに待とうと思う。

しかし葉が高い所にあって取りにくい……。

木の根元の藪に脚を踏み入れて歩いていると「何か」が動いた……!!!

水路の近く・藪と言えばもう「あれ」しかいない。

b0362459_09360855.jpg



水路の近くの藪なのでいるだろうとは思っていたがまさか遭遇するとは……。


b0362459_10044177.jpg


「ニホンマムシ」である。

日本の中でも身近な毒蛇で毒性はハブよりも強い。

体が小さいので毒量が少ないが咬まれれば危険なのは変わり無い。

咬まれたらそのまま放置せずに絶対に病院に行きましょう。

因みに日本で最も強力な毒を持つのは「ヤマカガシ」

b0362459_15592024.jpg


丁度一年前に撮影したヤマカガシの写真。

マムシにも言える事ですが両者とも臆病で人に牙を向けるとしたら自分の身を守る時ぐらいではないでしょうか。

少なくともゲームのような遠くから積極的に好戦的に向かって咬んでくるという事はまずないです。

両者ともまず人に遭遇したら逃げます。

特にヤマカガシは臆病でまず逃げてそれでもダメなら疑死行動 or 咬むと言った感じでしょうか。

実際私はヤマカガシは近くで観察していただけでも疑死行動してしまうぐらいですからかなり臆病なのではないかと思っています。

私はマムシもヤマカガシも牙を見せた所を見た事がありません。むしろ無毒のシマヘビの方が咬みついてくるぐらい。

ただ注意するに越した事はありません。今回の私はハッキリ言って慢心でした。

草の近くを歩く時は常にマムシがいると意識していながらも今回マムシが動くまで気付かなかった。

出てきた所からして恐らく私の半径1m以内の所に居たのではないかと思う。

咬まれて苦しいのは自分の不注意が招いた結果であってそれは全然構わないだが、



何より病院に行きたくない(必死



話を戻して、写真を見直すと頭部の形と言いアオダイショウの幼体ではないか?と思ってしまう。

だがこれがアオダイショウならサイズ的に模様が抜けきっていないにしてももう少し薄くなっていると思う。

(アオダイショウの幼体はマムシに擬態していおり模様がそっくりである)

やはり山を舐めてはいかんと改めて思った一日でした。

気を取り直して。

b0362459_10245178.jpg


続いてドクダミ採取。

ただここも水路の近くで葉が鬱蒼としており如何にもマムシの居そうな所。

もう少し開けた所で周りに警戒しながら採取しました。

b0362459_10250655.jpg


家に帰ったら早速水で洗い流し汚れを取る。

b0362459_10253061.jpg

どくだみ特有の匂いぷんぷんとしている。

この匂いは大体の人に「臭い」と言われるが私はそれ程嫌いではない。

この匂いもあってか虫らしい虫はいない。

b0362459_10271268.jpg


で、洗い終わったら天日干しに。

今更ですがどくだみ茶は桑の葉茶と同じく 洗う → 干す → 煎る で完成みたいです。

現在天日干しで乾燥させている所。

どくだみ茶は作って飲んだ事がないので非常に楽しみです.









[PR]
# by imori343 | 2017-05-27 10:34 | 日常