ペット「デュビア・レッドローチ・ロブスターローチを野草で飼う」


ゴキブリの飼育というと野菜・昆虫ゼリー・鯉の餌などを与えてくださいと言われますが、

ゴキブリは野草でも問題なく飼える。
それでいてかつ普通に繁殖させる事も可能。

野草の種類ですが、私は

タンポポ・オオバコ・桑・ヒメオドリコソウ・ハコベ・オニタビラコ・ハルノゲシ・リュウゼツサイ

などを与えています。

ただ種類によって好みが多少あります。厳密には噛む力でしょうか。

デュビアはオオバコなど硬い野草も問題なく食べますが、レッドローチやハイイロローチ(ロブスターローチ)は残しがちです。

レッドローチやハイイロローチ(ロブスターローチ)にはタンポポ・ハルノゲシ・リュウゼツサイ・オニタビラコ・ヒメオドリコソウなどの

柔らかい葉を与えた方が結果が良い。他にもリクガメの食べる草であれば問題ないと思われます。

因みに来てすぐは野草をあまり食べません。徐々に慣らす必要があるようです。


b0362459_12445810.jpg


まずデュビアにもっさりと。

ケージ一杯入れても次の日にはなくなります。恐ろしい食欲。

ゴキブリは飢え死にし難いから数日に一回餌を与えればよいと聞きますが、

私は毎日食べる分だけと与えています。その方が成長スピードも繁殖スピードも早くなると思う。

その分糞の量も増えるが……(苦笑

b0362459_12451410.jpg


続いてハイイロローチ(ロブスターローチ)

……流石にちょっと多かったかもしれない。

まぁ冬場だから大丈夫(投げやり

梅雨の時期にこれをやると一気にダニが発生します。一度やらかしました。

この記事(http://unknown454.exblog.jp/25945754/

こういうときはパネルヒーターを敷いて乾燥させると駆除できる。

しかし、不思議だな。

タランチュラのケージではここ数年ダニを一切見ないんだよな。別に何もしていないのだが。

床材の交換も単に私が不安だからやってるだけだし(爆

その替わりにヒメトビムシ(?)と思われるトビムシの1種がずっと住み着いている。

彼らは購入した袋の中に既にいたようでタランチュラに何も害を出さないので放置しているがダニと何か因果関係があるのだろうか。

(購入したのはペット用ではない業務用のヤシガラ)

いつも使った床材は雨ざらしにして天日干しにして時間が経過したら袋に入れてるだけ(それは面倒で放置しているだけなのでは

トビムシが全滅しないように袋の床材を全部使わないように残しておいて、

そこに放置された洗った床材を追加して時間が経ったらまたタランチュラに使用して……の繰り返し。

b0362459_12451840.jpg


おっと話が少し脱線しました。よく食べています。

私は餌といい床材といい、とことん金を使わないスタイル(笑

電気代だけは仕方がないが……。


b0362459_12452177.jpg


当初甘党で中々野草を食べないレッドローチも今では野草を食べるようになりました。

この記事の冒頭でお話したとおり、レッドローチは特に噛む力が弱い気がする。

観察していると食べる意思は見られるのだが中々食べれていない。特にベビーサイズ。

更に観察を続けていると親が食べた箇所からベビーが食べ始めている。

なのでレッドローチは特に柔らかいものを与えた方が良いかもしれません。私の個人的な意見ですが。

前にレッドローチが増えないと嘆いておりましたが、卵を親が食べる以外にも餌にありつけなかったのもあるかもしれません。

b0362459_12452758.jpg


なのでベビーは卵の段階で隔離して甘やかします。と言っても与えているのは生ゴミですが。

甘く柔らかい物を与えて成長を促し、大きくなったら野草を与える予定です。

b0362459_12453185.jpg


卵を親と隔離したのが功を奏し、随分と増えてくれました。

写真に写っているのは一部でまだ隠れていると思います。

もっと死亡するかと思いましたが意外と生存率が高くて嬉しい限りです。

この3種のゴキブリの中でも個人的に一番扱いやすいのはデュビアですね。

ベビーでも野草の硬さに文句をあまり言わない、壁を登らず動きは遅い点が良いですね。

ただ、繁殖サイクルが遅いのは間違いありません。なので餌用ではなくペット用に購入するといいかもしれません。

とは言え、増えすぎたら間引く必要はありますが…。

因みに一番手間がかかるのはレッドローチで卵を分けるようになってから卵のチェックが大変。

糞も溜まりすぎると卵を見落とすので定期的に捨てている。

(全部捨てると調子が悪くなるのでちゃんと残しています)

でも繁殖サイクルは早く増える量も多い。

ハイイロローチはそこまで手間がかかるわけではないが、壁は上るし動きはかなり早いので注意が必要になる。

さらに繁殖スピードも早めで卵胎生なので放置しておけば増え、野草の硬さの文句はレッドローチほどではない。





……そして実は先程我が家にまだいないゴキブリを注文してしまいました(爆

金がないってボヤいているのに買った理由としては





1, やったら終わりのゲームと違って繁殖し続ける限り「価値」が死なない。

2, 2~3年前に購入した今も楽しくゴキブリを飼育できている。

3, 外に出る理由ができる。


4, タランチュラ達の安定した餌として。





と言った所。メリット、デメリットで考えていてメリットが多かったので買いかなと。

これで我が家には4種類になります。種類は届いてからのお楽しみ。

いや、期待しすぎるとちょっとアレな種類か……。ペットゴキの中でも定番種です。

b0362459_12454302.jpg


トーゴスターバーストバブーン(♀)は今日も元気いっぱい。

ただフタの近くで怒るのはやめてくり。

b0362459_12454565.jpg


食べカスが定期的に確認できる所から餌をしっかり食べている模様。

……タランチュラは何で食べカス作るのかと考えたことがありましたが、

今思うと食べたか食べなかったかの良い目印になる。

特に夜間にしか食べないこの種類には本当にありがたい。


b0362459_12455255.jpg


この時期あんまり長く観察すると彼女達の体調が悪くなりそうで怖いのですぐに温室へ。

私の大事な娘ですから。

b0362459_12454795.jpg


新たに届くゴキの為にメキシカンファイアーレッグ(♀)にはプラケを移動してもらいました。

メキシカンファイアーレッグは地表性だから底面積の広いフラットの方が良いとみた。

写真では湿らせすぎてしまいましたが、

底面積が広いと湿っている部分と乾燥している部分を作ることができるのでこの種にとっても有益。

ただデメリットとしては高さが低いので脚を挟んでしまう危険がある。

過去にメキシカンレッドニー(♀)でやらかしたことがありました。

一方で動きは遅いので刺激しなければ脱走の危険性は皆無に近い。

b0362459_12455429.jpg


狒々の王は今日も巣穴で眠る。

巣穴の入り口が綺麗な楕円の形を成しています。

餌を食べるか確認の為に少しだけ入り口を破って餌を入れてみると

b0362459_12455761.jpg


久しぶりに食べてくれました。今日捕食したのは

レッドローチ亜成体×2 デュビア成体雄×1匹。

デュビアを与えるのは少し心が痛んだが、最近かなり増えてきているので与えてみました。

巣穴の中からバキッバキッと凄い音が……(汗

やっぱりこのキングバブーンのサイズになってくるとデュビアぐらいの大きさが一番手っ取り早い。

まだ食べそうでしたが与えすぎて死骸を放置されると掃除が大変なので

少量に留め数回に分けることにしました。

やっぱりキングバブーンの姿が毎日ちゃんと見れると餌を与えやすい。

攻めか守りかがよくわかる。フェイント入れられると困りますが(笑

因みに全体像はこんな感じ(http://unknown454.exblog.jp/26428958/




………おっと気付いたらこんな時間か。最近ペットネタが多いですが、

不思議の幻想郷TOD RELOADEDが発売したらまたゲームネタばかりになると思う( ^ཀ^)

ではでは。








[PR]
by imori343 | 2016-12-12 14:26 | ペット