ゲーム「EVOLVE PS4版 各モンスターでハンター殲滅 その2(ハンター側に有利設定



前回(http://unknown454.exblog.jp/27038610/)の続き

ハンデ詳細は


・ハンターに有利
・野生動物の出現率 普通
・ラウンド 10:00
・増援 00:45
・獲得済みボーナス 無し
・エリート野生動物の出現 無し


となっています。



Krakenの亜種『Elder Kraken』

Krakenとは異なり空中接近戦特化という一風変わったモンスター。

前回のKrakenの特性を照らし合わせると「あれ?空中接近戦なんて被弾する一方で不利なのでは?」

と思われるかもしれないがハッキリ言ってコイツは強い。

まず空中接近戦特化という事で高く浮遊出来ない変わりに移動速度が早い。

これなら狙った相手に纏わりつくように移動が可能。

そしてアビリティ回復速度が早いので次々とアビリティが繰り出せるので攻撃を適切に当てれるようになれば殲滅力は高い。

特に死の螺旋→奇襲で第一形態でもかなりのスピードで体力を奪う事が出来る。

一方でハンターからすれば浮遊しているElder Krakenはよく目立ち格好の的になるので、

上手くアビリティ攻撃を当てて相手をダウンさせないと逆にやられてしまう。

とは言えKrakenに比べれば空間に対する配慮はしなくても良く、

むしろ狭い場所の方が電撃・電撃ミサイル・連続電撃・死の螺旋の効果が発揮しやすい。

私の場合第一形態では電撃・電撃ミサイル・死の螺旋を選び進化後は電撃・電撃ミサイルを強化していく。

つまり電撃&電撃ミサイルで体力を削りつつ死の螺旋&奇襲で相手を押さえつけてダメージを与えていくスタイル。

連続電撃はかなり特殊な技で上手く全員にヒットするかどうか微妙な所なので保険で1ポイント振るレベル。

接近戦が多いこのモンスターは個人的な感想だがカメラ感度が早い方が上手くいきやすい。

ただカメラ感度を上げると電撃ミサイルが当て難いのでしばらくの間は特訓が必要となる。



拉致撹乱特化モンスター『Wraith』

神隠しで相手を拉致したり囮で相手を霍乱させたりと陣形を崩すのを得意としたモンスター。

Wraithは他のモンスターに比べて体力が少ないのであまり無茶が出来ない。

しかもGoliathやKrakenのように遠距離に対する攻撃法方を持っていないので基本肉弾戦となる。

(実は肉弾戦特化のGoliath並に肉弾戦を強いられるモンスでもある)

唯一囮は自分の外皮や体力を削らず攻撃させる事が出来るがAIの挙動がイマイチあてにならない。

結局実力勝負になるので私は最初から衝撃波・神隠し・亜空間を選ぶようにしている。

……ただWraithは他のモンス以上にダメージを受けた時の肌の汚れが目立つので第一形態でケンカするのはちょっと可愛そうで……(ヘタレ

これでも女の子ですし。擬人化が捗りますね。

Wraithは空間が狭くても広くてもそれなりに戦えるので場所をあまり選ばないが、

私は神隠しで拉致するのが大好きなので空間の広い場所での戦闘を好む。

……もっとも神隠しと亜空間どっちにもポイントを振ればどこでも戦えるようになるのだが。

私の場合神隠し → 空中強攻撃 → 衝撃波 → 亜空間の順で殴る。

衝撃波まで全部まともに入ればもはや亜空間使わなくても倒せるぐらい強い。

そして敵は神隠しを喰らってからは衝撃波までのコンボが中々抜け出し難いようで高確率で決まる。

で、ダウンしたらハンターの群れから遠ざかるように移動してから神隠しでダウンしたハンターを拉致。

この時神隠しの距離が長ければ長いほど残りハンターとの距離が長くなり、

神隠しを3まで振ると相手は救助も回復も出来ない。

囮は外皮回復や妨害の時などに使う程度なので大体1ポイントにしか振らない。




拉致隔離特化モンスター『Behemoth』

拉致はWraithと同じなのだが岩壁による隔離はBehemothのみの特権。

ハンターは絶対に一人ではモンスターに勝てない。

その状況を作り出すことが出来るのがこのモンスター。

体力も他のモンスターに比べてバカみたいに高くアビリティはほとんど相手の動きをスタンさせれるので確殺コンボが出来上がる。

もうハッキリ言ってチート。


体が最も大きく巨大でジャンプが出来ないので狙われ易いが岩壁で隔離してしまえば全く関係ない。

私は大体舌攻撃・地割れ・岩壁にポイントを振る事が多い。

よくある戦法だと思うが 転がりからのヘビーアタック → 地割れ → 舌攻撃 → 岩壁 →奇襲でトドメ

と言った感じ。

熔岩爆弾は発動からの挙動が出来ず避けられ易いのであくまで補助的な形でしか使わない。

上手く行けば 転がりからの ヘビーアタック → 地割れ → 熔岩爆弾 → 舌攻撃 → 岩壁 → 奇襲で繋ぐ事も出来る。

地割れをヒットさせると相手を一時的に浮かせて行動が出来なくなるので熔岩爆弾が当て易い。

……とか言って最近になって少し苦手になったモンスターでもある(おそらくカメラ感度が早すぎる原因

何かが得意になったと思ったら何かが苦手になる。それが面白かったりもする。




拘束毒殺特化モンスター『Gorgon』

相手の動きを制限し毒ダメージで相手を苦しめる。コイツも強い。

私は最初捕獲網・酸液吐き・幽体離脱に振ることが多く蜘蛛罠は第二形態以降でしか使わない。

確かに便利ではあるがやはり挙動はAIなので頼りきれない。

だったら 幽体離脱 → 捕獲網 → 酸液吐きで仕留めた方が確実性がある。

そしてGorgonのみが持つ特性「壁張り付き」

ウェブスリングからの派生で発動可能で壁に張りつくことが出来、

その状態で捕獲網・酸液吐き・蜘蛛罠の発動が可能。

そして通常攻撃で落下し相手に奇襲を仕掛ける事が出来るのだから美味しい。

動画では残念ながらお見せ出来ませんでしたが……(最後に壁に貼り付きはしました

ただ、体力が最低レベルで少なく瞬間的なダメージがないのでSupportやMedicの邪魔が入り易いのが欠点。

一方でアビリティの全ては遠距離攻撃なのでMedicさえダウンさせてしまえば他のハンターに邪魔し放題。

これが強者たらしめている所以だろうか。

ん?Gorgonも女性?


Gorgonと書いてBBAと読m(この文章は酸液で溶かされました



[PR]
by imori343 | 2017-08-09 10:31 | ゲーム