日常「雪虫を発見しました」



ふと外を見ていたらふわりふわりと何かが飛んでいる。

「この光景……どこかで見たことがあるような……」

ま、まさか!!?

b0362459_14272543.jpg


まさかの雪虫でした。

正式名称「トドノネオオワタムシ」という

カメムシ目・腹吻亜目・アブラムシ科に属する昆虫です。

2017年01月22日にダーウィンが来た!で放送されていたのを見て初めて知りました。

というかあれから10ヶ月も経過していたのか……(白目

何故この虫を見て驚いているのかというと理由は2つ。

一つは主に北海道や東北地方に住むと言われているこの昆虫が地元で見れたこと。

私の住んでいる所がどことは言いませんが東北地方ではありません。

こんな所で見れるとは正直かなり驚きました。

因みに雪虫と呼ばれる理由は見た目がふわふわの毛を纏い群飛する姿が雪を思わせること、

そして何故かこの虫が飛来した数日から数週間の間に初雪が降る事からそう呼ばれているらしい。

……初雪に関してはもっとも北海道での話なのでここでは恐らく関係性がないと思うが……。

b0362459_14423977.jpg


ふわっふわっ~で可愛い。


そして2つ目の理由はこの昆虫が住まう樹木がないのにも関わらず多数飛来していたこと。

ドトマツの根元に生息し冬が訪れるとヤチダモなどの樹木に引っ越してくるのですが、

我が家にヤチダモなんて樹木はないはずなのだが……?

と思いヤチダモを調べて見たらぐぅ納得。

b0362459_14420761.jpg



何てことは無い。ヤチダモはトネリコ属の樹木だったのだ……!!!

写真の木「シマトネリコ」に雪虫が集中しているのは恐らく

同じトネリコ属のこの樹木を目指して飛来してきたのだと思う。

………にしてもどこに居てどこから来たのだろう?

b0362459_14482044.jpg


拡大。

アブラムシ科と書いた時点でお気づきだと思いますが木にとっては害虫となってしまう虫です。

この虫は時期よって何度も姿を変えたりアリと共存し一緒に巣穴で過ごしたりと中々面白い。

樹木が枯れてしまっては元も子も無いので気をつけて観察したいと思います。

本当は地植えしたいんだけどなぁ……許可が下りないんだよなー。

b0362459_15185654.jpg


ついでに種から育てた紅葉。私の植物ではありませんが……。

やっぱり紅葉は綺麗で好きです。








[PR]
by imori343 | 2017-12-02 15:21 | 日常