2017年 05月 09日 ( 1 )




雨の日を楽しませてくれるのがこのビオトープである。


b0362459_17432293.jpg



設置して4~5年ぐらい経過するビオトープである。

これでもかという位に植物が増えて生き生きとしており

常に何かが潜んでいそうなジャングル状態。

それが良いのだ。

b0362459_17480334.jpg


正体が謎のままだったカキツバタと思われる水生植物ですが花が咲きました。

正体はキショウブ。よく見かけられる水生植物です。

……私はこの花を見た時正直「ギクッ」としました。

というのもこの種類は要注意外来生物で元々は西アジア・ヨーローッパが原産の帰化種。

現時点では育成自体は禁止されていない(みたいだ)が今後の方針によっては育成できなくなりそうである。

b0362459_18000081.jpg


だが、美しい花に変わりはない。

花菖蒲はカキツバタに比べ6月~7月頃と少し遅いのだが、


キショウブのお陰でいつもよりも楽しい時間が少し長くなった気分である。


b0362459_18094558.jpg


全体図。

(自転車を移動するの忘れてた……)

もはや池はどこにあるんだと言わせるような状態である。

いくらなんでも流石に間引かないと厳しいか(笑

b0362459_18113934.jpg


特にこの前面に設けたスペースに植えてあるセキショウの存在感が結構大きい。

逆を言えばこれを間引くだけでも結構全体の雰囲気が変わりそう。

b0362459_18132143.jpg


水槽内で繁殖していたヤナギモをビオトープに植えてみました。

(細長い透明の水草)

この種類以外と強いみたいで水草水槽の基礎さえ守っていれば枯れるような事はないようだ。

左側をよく見るとヒメタニシがいる。このビオトープで繁殖してくれるだろうか。

b0362459_18154804.jpg


ビオトープから少し離れた所のエビネ。

前回は鉢植えでしたが去年地植えしてみました。

(とか言ってまた鉢に戻す気なんだけど……)

b0362459_18155210.jpg


真紅が美しい山野草。

エビネを見ると幼い時を思い出す。

b0362459_18224452.jpg


クレマチスも同様に昔を思い出す。

あ、クレマチスは私の植物ではありません。

b0362459_18235577.jpg


クレマチスの花で獲物を待つクモ。

種類は分からない。

b0362459_18362497.jpg


また私の管理していない植物。

何が飛んでいるのかと思えば……

b0362459_18370238.jpg


ミツバチでした。

ニホンミツバチなのかセイヨウミツバチなのかは不明。

b0362459_18245380.jpg


餌の野草を採りに川の近くへ行った時に見つけた昆虫。

カワゲラにしては一際大きく目立ったので撮影してみた。

b0362459_18254232.jpg


調べて見るとオオヤマカワゲラという種類らしい。

口は退化しており吸水程度しかできないらしい。要は繁殖する事だけを目的としているという事だろう。


話をビオトープに戻して




b0362459_18295737.jpg


睡蓮のビオトープ。

こちらではチドメグサが元気に育っている。

b0362459_18315001.jpg



去年は何故か咲いてくれなかった睡蓮。

あまり深く埋めすぎると株元に日光が当らず花を咲かせないという話を見かけたので、

今回は株の位置を意識しながら植えたのだが今年はちゃんと咲いてくれるだろうか……。

b0362459_18333246.jpg


こっちのキショウブも咲きそう。

ハナショウブに比べると背丈は大きい割に花が小さい印象。


b0362459_18342989.jpg


私が育てているハナショウブも概ね順調です。

……一種類「秋の曲」だけが少し拗ねているみたいでやや調子が悪いように見える。

この種類は購入してまだ花を見ていないので絶対に枯れないでほしい……。







[PR]
by imori343 | 2017-05-09 18:40 | 日常