カテゴリ:ペット( 39 )

ペット「床材替え」




いやー15~16日の雪は本当に大変でした。

15日に何故か家だけが停電してしまいヒーターも全て停止。

そして外は雪が降っていてとても寒い。

もう全滅を覚悟しましたが彼女達の命を救ってくてくれたのは太陽光パネルである。

蓄電こそは出来ないが太陽が出ている間は発電してくれるので使わせてもらいました。

結局漏電ブレーカーが故障して誤作動していたようで業者に交換してもらい直りましたとさ。

出来るだけ金のかからないように飼育しているつもりでしたが、

電気代に関してはどうしようもないんだなと気付かされた1日でした。

少し前の話になりますが、

タランチュラのケージが少し臭うような気がするので床材を替えました。

b0362459_13552635.jpg


メキシカンファイアーレッグ(♀)

まだ予兆は見られないが多分そろそろ脱皮じゃないかと思っている。

前に脱皮したのは8月21日だから約5ヶ月前か……。

b0362459_14485308.jpg


※この子は大人しいのでハンドリングさせてくれますが、有毒なので基本的に手に乗せないでね。

この何を考えてるかわからない顔が好き。

同時に変に感情を表に出してこないから好き。

私もそうですが威嚇を怒ると表現する事があります。

威嚇はあくまで身を守る防衛行動の一つであって=怒りとは言い切れないと私は考えている。

むしろ内心は凄まじく怯えながらも必死に身を張って追い払おうとしているのかもしれない。

逆に犬たいな感情を表に出す生き物は初対面なのに

異常に吠えてきたり、牙をむき出しに噛もうとしてきたり、異常に怯えたりするから嫌い。

b0362459_14465027.jpg


トーゴスターバーストバブーン(♀)

今まで飼育したタランチュラの中でも結構お気に入りの種類。

b0362459_15071824.jpg


このモノトーン調の色彩も然る事ながらフォルムも美しい。

全然関係ない話だが、私が色を選ぶ時って大体黒が基調なんだよな。

気付いたら部屋が白黒になっている。

こういうのは性格が現れるのかもしれない。

b0362459_15134078.jpg


キングバブーン(♀)

説明不要の我が家の主です。

この子は時間を空けながらも餌を食べているので脱皮はまだ先だと思われる。

b0362459_15165743.jpg


床材を替えたらすぐに巣穴へ。

しっかし、あの太陽光パネルには本当に助けられたな……。




[PR]
by imori343 | 2017-01-17 15:19 | ペット






最近警告を出していなかったのですが、

苦手な人にはかなりショッキングな画像が出ますのでご注意を。




















More
[PR]
by imori343 | 2017-01-04 13:12 | ペット

ペット「野生の水草」




b0362459_14261889.jpg



前回から随分と景観が変わりました。

でも私は水草はどれ一つとして購入してません(爆

岩はずっと前にアクアリウムをやっていた時に使っていた物で、使わなくなって外に放置されていたので再利用。

岩の配置はほとんど考えていません(笑)テキトーにぱぱっと置いてちょっと微調整したぐらい。

考えすぎると何をしても納得がいかないからテキトーが一番(暴論

b0362459_14360043.jpg


私の家から結構離れたこの場所で採取しました。

昔、じいちゃんに教えてもらった場所で色々貴重な場所です。

b0362459_14371244.jpg


結構大きな用水路。

一見すると何もないように見えますが……

b0362459_14395109.jpg


沢山の水草が辺りを覆い尽くしています。

これは日本の固有種「セキショウモ」でしょうか。

ゴミなどが散乱しているこのお世辞にも綺麗とは言えないこの環境に適応できるとは……。

私の家の近くにも川はありますが、沈水性の水草は全く見ません。

なのでこの場所がある意味羨ましい。

b0362459_14400017.jpg


16年ぐらい前に来た時はここまでセキショウモ(?)が大量発生していなかった。

だが、数年前から徐々に範囲を拡大しているような気がする。

私からしてみればもう日本の固有種かもしれないこの水草が繁栄してくれるのは大変喜ばしい事だが、

興味のない人からしてみれば雑草でしかなく水門を塞き止める厄介者でしかないので

まとめて一掃なんかされたら悲しい。

というのも、この水草が生き物にとって良い隠れ家になっているからだ。

この場所にはここら辺では珍しい「タイリクバラタナゴ」と思われる種類が多く生息しているのだ。

タイリクバラタナゴと言えば外来種でニホンバラタナゴとの交雑の原因になると嘆かれているので

あまり大声では言えないのだが、オスの体色は日本に生息する魚とは思えないほど美しく非常に観賞価値が高い。

また何か機会があれば是非とももう一度タナゴ釣りを行ってみたい。

が……流石にタナゴの大きさになるとアカヒレのように自然発生する微生物だけではまかなえないので、

もし行くとしても飼育目的ではなく釣りを目的として行きたいものだ。

……ついでに本当にタイリクバラタナゴだったかを調べたい。

タイリクバラタナゴとニホンバラタナゴは外見は非常に似ているのだが、タイリクバラタナゴの方が体長が大きく

腹ヒレに白癬が入る事で区別可能である。

そしてタナゴをご存知の方はもうピーンときているかもしれませんが、この用水路には二枚貝も生息している。

タナゴは二枚貝に卵を産むので二枚貝の存在が必然的になるのだ。

この二枚貝もここの用水路でしか見たことがない。

もっとも私のような狭い世界に引き篭もった人間のいう事なのであてにはならないが、水草・タナゴ・二枚貝。

どれもこの付近でしか見たことがないので私は貴重だと思っている。

貝類が水質浄化に貢献・タナゴの産卵場所となり、水草もまた水質浄化の役割を担いながら魚の隠れ家となる。

そしてタナゴ達が水生昆虫などを捕食し糞をする事で水草の肥料となる。

水草が無くなれば浅いこの用水路ではサギなどに捕食されやすくなるし、

用水路の泥がなくなれば水草も二枚貝も生息できなくなり当然タナゴは産卵が不可能となる。

結論、この用水路には泥が沈殿しているのがとても大事だという事がわかった。

できれば大きな工事などに巻き込まれずにこのままでいてほしい。

だが、物というものはいつかは劣化し壊れる。いつかは人の手で直さなければいけない。

その時に 泥 = 汚い・臭い  だから全て排除するのではなく、

泥を含めたこの「自然の豊さ」に気付いて保護してくれる人がいれば私はとても嬉しいと思う。

そんな事を考えながら自然に感謝し水草を少し拝借。

b0362459_15165162.jpg


この用水路に繋がる水路の浅瀬を見ていると今まで見たことのない水草を発見。

調べてみるとどうやら「ヤナギモ」のようだ。これは新発見。

この場所は本当に素晴らしい場所で今まで「セキショウモ(?)」「クロモ」「エビモ」などの水草が発見されている。

今回クロモとエビモを探していたのだが、予想外の新発見に驚きを隠せない。

枯らしてしまうと怖いので少量だけ拝借することに。

この場所はウナギがいるのだろうか?用水路には筒が沢山置かれている。

天然のナマズは何度か見たことがあっても、天然のウナギは一度も見たことが無いので是非とも見てみたいものだ。

弟は近くの川で捕まえた事があるらしいが家に帰ったら跡形もなく綺麗になくなってやがりました…(ギリッ…

私が食べる分の量も残さずに家族全員で平らげるとか最低だ。今でもこの恨みは覚えている……(ゴゴゴ…

b0362459_15271788.jpg


そしてこの用水路には私が見たことのない生き物がもう一種類。

それは左にいる巻き貝。恐らく「ヒメタニシ」と思われる。

私が住んでいる所では通常のタニシやカワニナは見たことがあったのだがヒメタニシは初。

やはり、私のいつも行く川と違った環境には新しい発見があって楽しい。

なにより、人が全然居ないのがいい。

用水路の水の溜まった箇所に大量に群がっていたので水槽とビオトープに入れるために少しだけ頂きました。







[PR]
by imori343 | 2016-12-19 14:37 | ペット


b0362459_22061501.jpg


こないだデュビアのケージの掃除を行ったが、実際糞はあまり減っていなかったのでもう一度。

前にデュビアは丈夫・壁登らない・飛ばない・動きが遅いからオススメと言ったけど

一つ大きな問題があった事を忘れていた。

それは親の大きさと生まれたての子供が極端に違うということ。

飼った事ない人は「?」だと思います。

これがどーでもいいようで大きな意味がある。

成体の糞のサイズはレッドローチに比べると結構大きい。

それ故にふるいにかけた時にベビーまで糞と一緒に落ちてしまうのだ。

逆に目の細かいふるいを使うとベビーも糞も落ちない……。

つまり糞の中からベビーの回収作業を全て手作業で行わなければいけないのだ。

これが面倒くさいのなんの。何度心が折れかけた事か……。

しかも野草を与えているのでどうしても枯葉が混じる。それが更に作業を難航させるのだ。

b0362459_22061558.jpg


無事にベビーを救出した後。

万が一の事態に備えて捨てる糞には殺虫剤を使用するように心がけています。

b0362459_22061264.jpg


今回の作業で糞・枯葉が減りました。

毎度の事ですが糞は全て捨てると調子が悪くなる気がするので全て捨てないようにしています。

b0362459_22061298.jpg


もうちょっと楽な方法があると良いんだが……。







[PR]
by imori343 | 2016-12-15 22:21 | ペット


最近、ゆいこんぬさんのかくしごとを聞きまくってます( ^?^)

ゆいこんぬさんのライアーダンスも大好き。あとゴーストルール・Happy Halloween・小夜子・オツキミリサイタルが好きです。


b0362459_15303035.jpg

ゆいこんぬさんの曲を聴きながら自家製の暖かい桑の葉茶を飲む……。

歌が上手いって羨ましいですなぁ。

さてさて、実はなのですが

b0362459_15302930.jpg

アクアリウムもやってました。ひっそりと。

って言っても貧乏人なのでお金をかけていませんが。

器具類は数年前に購入したものがあったのでそれらを使っています。

中に入っている水草はビオトープで増え続けていたマツモとベトナムクローバーとセキショウとパピルス。

床材はなんとビオトープを作る際に余った泥。どこまで金をかける気がないんだ。

それでも意外と上手くいってます(笑

生体もビオトープで繁殖していたミナミヌマエビとレッドラムズホーンとミズムシ。

流石に魚なしもちょっと空しいのでアカヒレもいます。これだけは購入しました。


b0362459_15303073.jpg

ややわかりにくいですが写真のワラジムシのような子。

2匹が重なっている所から子孫を残そうとしているのだろうか。

ミズムシというと水槽内の嫌われ者で水草に害をなさないのにも関わらず「見た目が気持ち悪いから」

という理由で駆除の対象になっています。

が、私はあえて入れます。というのも

先入観や固定概念で物事の在り方を決めるのが嫌いなのです。

他人が好きな物=自分の好きな物とは限らない。

他人が嫌いな物=自分の嫌いな物とは限らない。

自分にとってメリットなのかデメリットなのかは自分が決める!!

転じて言えば自分の好きな物が他人の好きな物とは限らないので押し付ける気はありません。

ただ私は他人の常識を当てはめられたくないのです。

例えば「今このアクセサリーが流行しているから買った」とか言われてもちょっと言ってる意味がわかんない

……それって自分の意思はどこにあるの?と問いたい。

「流行している」というのは物事の現象で物の価値を決める情報じゃないよね?

「今このアクセサリーが流行していて綺麗だったから買った」なら解かる。



・・・・ハイ、スミマセンね面倒くさい奴ですね(笑

良くも悪くも芯があると言ってほしいね!!ε- (´ー` )



う る せ ぇ 、マ グ ロ 投 げ ん ぞ


b0362459_15302939.jpg


ミナミヌマエビ。この水槽の中でも大型な個体。

ビオトープで繁殖しているといいながらもそんなに爆殖しているわけではなく、

寧ろ数が少なくて息絶えそうで心配なぐらいです。

なのでこの水槽内で増えてくれると嬉しい。


b0362459_16223977.jpg


レッドラムズホーンも同じくビオトープで繁殖していたが、数が減ってきたので急遽水槽に避難。

前にキューバパールグラスを育てていた時はめちゃくちゃ増えたんだよな。

やはり何だかんだ言って硬度が必要なのかな……と思いサンゴを少量投入。

あんまり入れるとマツモが調子悪くなるのでこれからも注意深く観察したいと思います。

b0362459_16224079.jpg


本来水槽の主役のはずなのに紹介が後回しになるアカヒレ。

飼育下での繁殖も可能だが水草のような隠れ家が多めにないと親が子供を食べる。

逆に言えば隠れ家が多い環境では勝手に増える。

現在2ペアいるので繁殖してくれないかと淡い期待している。

餌はビオトープに自然発生する微生物。水をガバッと掬って入れるだけである。

よ、よく言えば栄養満点の天然食だから……(震え声


b0362459_16285793.jpg


圧縮されたフォルダを見ていたらこんな写真があった。

グロッソスティグマとオーストラリアンノチドメとベトナムクローバーの水槽。

確か作ってる途中で嫌になって放棄したんだっけか(苦笑

今水槽にあるベトナムクローバーっておそらくこの時の奴だ……(震

特に過保護にしてなくても屋外で生き残ってるって凄いな……。

帰化する危険性もあるので扱いには注意しないとですな。

b0362459_16430473.jpg


これが今居るミナミヌマエビとレッドラムズホーンの先祖が居た水槽。

掃除はレッドラムズホーンとミナミヌマエビがやってれるからいいんだけど、

キューバーパルグラスが結構手間のかかる種類で肥料・光量・水質のどれかが合わないと綺麗に育たない。

その点、グロッソスティグマは本当に楽だったな。キューバパールグラスのが細かくて綺麗なのは確かだが。









[PR]
by imori343 | 2016-12-14 16:52 | ペット

ペット「届きました」


昨日言っていたゴキブリさんが無事に届きました。

おっと、種類名をまだ言ってなかった。


b0362459_10290873.jpg



マダガスカルコックローチです。

………地味であろう?そうであろう?もっと腕にシルバー巻くとかさ☆

あのね、予想外だったんだ。

プリンカップ等の透明の容器に入っていてわらわらしている図を撮りたかったんだけど、

送られてきた容器は豆乳の紙パックだったんだ……。

この梱包は初めて見た(笑)まぁ無事に届けばなんだって良いんだけども。

パンタナールさんで(http://muruguay31h.ocnk.net/)50匹注文しました。

送料手数料入れずに800円。何匹にするか悩んだ結果50匹になった。

Sサイズの100匹にしようかと思ったけど100匹成体になったらケージのサイズが狭いので50匹を選択。

それに餌用のゴキは既にいるし、低投資でぼちぼち増えてくれればそれで十分さね。


b0362459_10290894.jpg


実は昔にマダゴキを1ペアだけ飼育していたことがあったのですが、

片方が残念な事に死亡してしまいまして繁殖とまではいきませんでした。

そのリベンジ……ですね。

b0362459_10290989.jpg


成体は雌雄共に羽は持たないが壁はガンガン登ります。なので脱走しないように100均で売っている張り替え用の網戸を切った物を使用。

この上からフタをすれば安心……なのですが、

メンテ中に大量にわらわら登ってきたら流石に対処できないので必要に応じてワセリン塗ります(苦笑

この網ですが、切った部分から解れてくるのでライターで炙ると長持ちします。

今回は随分地味な記事になりましたが、数ヵ月後には成体になっていると思いますのでお楽しみに。

ではでは~。



[PR]
by imori343 | 2016-12-14 10:56 | ペット


ゴキブリの飼育というと野菜・昆虫ゼリー・鯉の餌などを与えてくださいと言われますが、

ゴキブリは野草でも問題なく飼える。
それでいてかつ普通に繁殖させる事も可能。

野草の種類ですが、私は

タンポポ・オオバコ・桑・ヒメオドリコソウ・ハコベ・オニタビラコ・ハルノゲシ・リュウゼツサイ

などを与えています。

ただ種類によって好みが多少あります。厳密には噛む力でしょうか。

デュビアはオオバコなど硬い野草も問題なく食べますが、レッドローチやハイイロローチ(ロブスターローチ)は残しがちです。

レッドローチやハイイロローチ(ロブスターローチ)にはタンポポ・ハルノゲシ・リュウゼツサイ・オニタビラコ・ヒメオドリコソウなどの

柔らかい葉を与えた方が結果が良い。他にもリクガメの食べる草であれば問題ないと思われます。

因みに来てすぐは野草をあまり食べません。徐々に慣らす必要があるようです。


b0362459_12445810.jpg


まずデュビアにもっさりと。

ケージ一杯入れても次の日にはなくなります。恐ろしい食欲。

ゴキブリは飢え死にし難いから数日に一回餌を与えればよいと聞きますが、

私は毎日食べる分だけと与えています。その方が成長スピードも繁殖スピードも早くなると思う。

その分糞の量も増えるが……(苦笑

b0362459_12451410.jpg


続いてハイイロローチ(ロブスターローチ)

……流石にちょっと多かったかもしれない。

まぁ冬場だから大丈夫(投げやり

梅雨の時期にこれをやると一気にダニが発生します。一度やらかしました。

この記事(http://unknown454.exblog.jp/25945754/

こういうときはパネルヒーターを敷いて乾燥させると駆除できる。

しかし、不思議だな。

タランチュラのケージではここ数年ダニを一切見ないんだよな。別に何もしていないのだが。

床材の交換も単に私が不安だからやってるだけだし(爆

その替わりにヒメトビムシ(?)と思われるトビムシの1種がずっと住み着いている。

彼らは購入した袋の中に既にいたようでタランチュラに何も害を出さないので放置しているがダニと何か因果関係があるのだろうか。

(購入したのはペット用ではない業務用のヤシガラ)

いつも使った床材は雨ざらしにして天日干しにして時間が経過したら袋に入れてるだけ(それは面倒で放置しているだけなのでは

トビムシが全滅しないように袋の床材を全部使わないように残しておいて、

そこに放置された洗った床材を追加して時間が経ったらまたタランチュラに使用して……の繰り返し。

b0362459_12451840.jpg


おっと話が少し脱線しました。よく食べています。

私は餌といい床材といい、とことん金を使わないスタイル(笑

電気代だけは仕方がないが……。


b0362459_12452177.jpg


当初甘党で中々野草を食べないレッドローチも今では野草を食べるようになりました。

この記事の冒頭でお話したとおり、レッドローチは特に噛む力が弱い気がする。

観察していると食べる意思は見られるのだが中々食べれていない。特にベビーサイズ。

更に観察を続けていると親が食べた箇所からベビーが食べ始めている。

なのでレッドローチは特に柔らかいものを与えた方が良いかもしれません。私の個人的な意見ですが。

前にレッドローチが増えないと嘆いておりましたが、卵を親が食べる以外にも餌にありつけなかったのもあるかもしれません。

b0362459_12452758.jpg


なのでベビーは卵の段階で隔離して甘やかします。と言っても与えているのは生ゴミですが。

甘く柔らかい物を与えて成長を促し、大きくなったら野草を与える予定です。

b0362459_12453185.jpg


卵を親と隔離したのが功を奏し、随分と増えてくれました。

写真に写っているのは一部でまだ隠れていると思います。

もっと死亡するかと思いましたが意外と生存率が高くて嬉しい限りです。

この3種のゴキブリの中でも個人的に一番扱いやすいのはデュビアですね。

ベビーでも野草の硬さに文句をあまり言わない、壁を登らず動きは遅い点が良いですね。

ただ、繁殖サイクルが遅いのは間違いありません。なので餌用ではなくペット用に購入するといいかもしれません。

とは言え、増えすぎたら間引く必要はありますが…。

因みに一番手間がかかるのはレッドローチで卵を分けるようになってから卵のチェックが大変。

糞も溜まりすぎると卵を見落とすので定期的に捨てている。

(全部捨てると調子が悪くなるのでちゃんと残しています)

でも繁殖サイクルは早く増える量も多い。

ハイイロローチはそこまで手間がかかるわけではないが、壁は上るし動きはかなり早いので注意が必要になる。

さらに繁殖スピードも早めで卵胎生なので放置しておけば増え、野草の硬さの文句はレッドローチほどではない。





……そして実は先程我が家にまだいないゴキブリを注文してしまいました(爆

金がないってボヤいているのに買った理由としては





1, やったら終わりのゲームと違って繁殖し続ける限り「価値」が死なない。

2, 2~3年前に購入した今も楽しくゴキブリを飼育できている。

3, 外に出る理由ができる。


4, タランチュラ達の安定した餌として。





と言った所。メリット、デメリットで考えていてメリットが多かったので買いかなと。

これで我が家には4種類になります。種類は届いてからのお楽しみ。

いや、期待しすぎるとちょっとアレな種類か……。ペットゴキの中でも定番種です。

b0362459_12454302.jpg


トーゴスターバーストバブーン(♀)は今日も元気いっぱい。

ただフタの近くで怒るのはやめてくり。

b0362459_12454565.jpg


食べカスが定期的に確認できる所から餌をしっかり食べている模様。

……タランチュラは何で食べカス作るのかと考えたことがありましたが、

今思うと食べたか食べなかったかの良い目印になる。

特に夜間にしか食べないこの種類には本当にありがたい。


b0362459_12455255.jpg


この時期あんまり長く観察すると彼女達の体調が悪くなりそうで怖いのですぐに温室へ。

私の大事な娘ですから。

b0362459_12454795.jpg


新たに届くゴキの為にメキシカンファイアーレッグ(♀)にはプラケを移動してもらいました。

メキシカンファイアーレッグは地表性だから底面積の広いフラットの方が良いとみた。

写真では湿らせすぎてしまいましたが、

底面積が広いと湿っている部分と乾燥している部分を作ることができるのでこの種にとっても有益。

ただデメリットとしては高さが低いので脚を挟んでしまう危険がある。

過去にメキシカンレッドニー(♀)でやらかしたことがありました。

一方で動きは遅いので刺激しなければ脱走の危険性は皆無に近い。

b0362459_12455429.jpg


狒々の王は今日も巣穴で眠る。

巣穴の入り口が綺麗な楕円の形を成しています。

餌を食べるか確認の為に少しだけ入り口を破って餌を入れてみると

b0362459_12455761.jpg


久しぶりに食べてくれました。今日捕食したのは

レッドローチ亜成体×2 デュビア成体雄×1匹。

デュビアを与えるのは少し心が痛んだが、最近かなり増えてきているので与えてみました。

巣穴の中からバキッバキッと凄い音が……(汗

やっぱりこのキングバブーンのサイズになってくるとデュビアぐらいの大きさが一番手っ取り早い。

まだ食べそうでしたが与えすぎて死骸を放置されると掃除が大変なので

少量に留め数回に分けることにしました。

やっぱりキングバブーンの姿が毎日ちゃんと見れると餌を与えやすい。

攻めか守りかがよくわかる。フェイント入れられると困りますが(笑

因みに全体像はこんな感じ(http://unknown454.exblog.jp/26428958/




………おっと気付いたらこんな時間か。最近ペットネタが多いですが、

不思議の幻想郷TOD RELOADEDが発売したらまたゲームネタばかりになると思う( ^ཀ^)

ではでは。








[PR]
by imori343 | 2016-12-12 14:26 | ペット


最近確実に太っている。

1日2食にしていても寒い日は夜中腹減るからついつい食べてしまうんだよね( ^ཀ^)

さてさて、

キングバブーン、トーゴスターバーストバブーンときてメキシカンファイアーレッグだけ仲間外れもなんかアレなんで

今日はメキシカンファイアーレッグの事でも。


とその前に12月4日22:00からのアクアスタイルの生放送はどうしたよ(半ギレ


と怒られそうですが、ちゃんと見に行きました。

半分、突発だったので画像公開というわけにはいきませんでしたが色々ありました。

……ってもう4日近く経過しているのでちょっと記憶に自信がないのだが……(笑

この事はまたTODの記事で一緒に書きたいと思います。

情報が合っているか不安ですが……



まぁ、ここはまとめサイトではなく自分のメモ帳みたいなもんですからねぇ~(爆


b0362459_20202959.jpg


メキシカンファイアーレッグ(♀)

♀確定で購入した子。

我がの3匹のタランチュラの中でも牙を向ける事は極稀で大人しい。

その代わり怒らせると刺激毛が飛んでくる。

………の筈なのだが最近はあまり飛ばさない。ただただありがたい。

刺激毛は個人差があるが私はメキシカンファイアーレッグの刺激毛は全然効かず、

むしろ刺激毛を飛ばしてタランチュラ自身が禿げてしまうのが心配。

因みに節足動物・ビジュアルガイド タランチュラ&サソリの筆者の方は

「メキシカンレッドニーの刺激毛は何とも無いが本種の刺激毛がほとほと弱い」

と記述されている。それ程に個人差があるのだ。

そして私はこの方とは真逆でメキシカンレッドニーの刺激毛は発狂するレベルで痒い。

痒いなんてもんじゃない、アレはもはや生物兵器だ_:(´ཀ`」 ∠):

ある意味ではアイツは最強じゃないかと思うぐらい。

b0362459_20202944.jpg


学名はBranchypelma boehmei。

確か2年前の夏に購入したと思う(あの時はまだ何とか仕事してた

我が家に来て2~3回脱皮したかな?

この子の脱皮直後の姿を見ると毛蟹に見えて仕方が無い……

(^q^ )(ジュル

b0362459_20202963.jpg


綺麗なお尻。因みにこの刺激毛は脱皮したらちゃんと元に戻ります。

もっと言うと脚が取れても脱皮を繰り返せばちゃんと元通りに復活してくれます(昔に経験済み

気のせいかもしれませんが、一部足が無いとき脱皮のペースが早い気がする。


b0362459_20205926.jpg

これでもかという位野草をケージ一杯にブチ込んだのに数時間で無くなる。ひぇえ……。

そしてダシを取ったニボシを与えたらまだ食う。

いやはやデュビアの食欲は恐ろしい。

最初は10~20匹だったんだけどこうして見ると結構増えたんだなぁ。

とは言え、例に漏れず成長と繁殖のサイクルは遅いので他の種より時間を要しましたが……。

まぁそれでも手間はかからないしヘルマンリクガメの食べ残しを与えるだから良いんだけどねぇ~。

……もっとも最近は残飯だけでは足りないので残飯の2倍の量を追加で与えているのですが。

我が家にいるのは観賞用ではなく餌用のゴキブリ。

観賞用にマダガスカルコックローチが欲しいと思ってしまうこの頃。

まぁこの身だと欲しい物が出来ても贅沢できないから我慢するしかないんだけどねぇ。

誰か増えすぎてたら頂戴♥(ざけんな

b0362459_20210898.jpg

今日は天気が良かったので外に出してあげました。

外では絶対に野草を食べないヘルマンリクガメ。

ただ小石を食べようとする。こいしぃ・・・┌(^o^┐)┐

消化を助ける要素もあるという事で多少であれば食べさせていますが、

明らかに食べる量が多かったり肥料などの人工物を食べようとしている場合は止めています。












[PR]
by imori343 | 2016-12-08 21:06 | ペット


餌を食べてふっくらとしたトーゴスターバーストバブーンのお腹を見ていたら何とも微笑ましくて

ついつい写真を撮ってしまう。で、ブログを書くのだ。

b0362459_12441421.jpg

トーゴスターバーストバブーン(♀)

一時期はハイイロローチの成体しか食べないとぼやいていましたが、サイズに関係なくレッドローチをモリモリ食べてくれています。

………もしかしたらハイイロローチの亜成体は捕獲しづらかったのかもしれない。

右端にヒメオドリコソウがありますが、それはレッドローチをおびき寄せる為に意図的に置いています。

夜中このヒメオドリコソウを食べに来たレッドローチを捕獲しているみたいで

食べカスがこの近くで見つかります。

レッドローチはハイイロローチに比べて動きが遅いとは言え、隙間にを見つけては隠れますからね……。

水入れの下に隠れられるとお手上げです。

b0362459_12441437.jpg

暗め。

田舎に住むが故に爬虫類専門店など皆無で実物のタランチュラを拝む機会などないのですが、

やはりこのタランチュラは綺麗。

なんというかこのモノトーンな感じが好き。ポエキロ属は暑さに弱いとか色々大変そうなのでパス。

本当は飼ってみたいけど……何より金ない_(:3 」∠ )_

そんな金無しでもゴキブリが繁殖させているので餌代は全然かからない。

(とは言え最近になって1年ぶりに買い足したが……)


b0362459_12441208.jpg

最近は写真のようにシェルターに隠れることが少なくなってきた。

もはやこのケージそのものが巣みたいになってきている。

まぁそれは特に問題はないのだが水入れの近くに糸を張られると水が干からびるのが敵わん。

ついでにレッドローチの隠れるところが増える。

b0362459_12441284.jpg

キングバブーンはいつも通り巣に篭る。

昨日(http://unknown454.exblog.jp/26428958/)巣から取り出した際に中にあった糸まるけのヤシガラですが、

ペットボトルの上に乗せて光を遮るように利用しています。

ようするにカツラみたいな感じ(また髪の話してる……(´・ω・` )

b0362459_12441305.jpg

珍しくヒョウモントカゲモドキ。

豹紋と言いながら柄は全く無いブレイジングブリザード。

過去に爬虫類が部屋に溢れかえっていた時からいた古株の子。

多分7~8年ぐらい居るんじゃないかなぁ……?正確には解からない。

サバンナモニターをリードに繋いで散歩させていたのが懐かしいなぁ……

パンサーカメレオンのノシベブルーが綺麗だったなぁ……

180cm超えのマラヤンブラッドパイソンは怖かったけど大人しかったなぁ……

30cmから育てたBRSのリューシスティック(♀)完全美品は控えめに言ってくっそ可愛かったなぁ……

(BRSはブラックロックシューターじゃない。ブラックラットスネークだ。)

アルバーティスパイソンは大人しい個体で成長が楽しみだったなぁ……

グリーンパイソンは何回も咬まれて痛かったなぁ……



あの時に病気にならずにちゃんと働いていたら今も大事に育ててただろうな。



………思い出したら悲しくなってきた(またか

それはさておき。

捨てられる鶏肉の脂身を食べてお腹パンパン。鶏肉なんて滅多に与えません。

(栄養価も偏っているでしょうし……)

基本的にはハイイロゴキブリ・デュビア・レッドローチなどの昆虫です。




[PR]
by imori343 | 2016-12-05 13:17 | ペット

ペット「健康チェック」



遂に12月に入りました。

不思議の幻想郷TOD RELOADEDの発売日が近くなってきました。

おぉ、コワイコワイ。




最近キングバブーンのケージにレッドローチを投入しているにも関わらず、

喰いカスが見当たらない&レッドローチも見当たらないので巣穴から出して確認してみることにしました。




b0362459_12480786.jpg



おうおう、いつも通り威勢は良いな。

いつも通り鳴き声をあげて怒っています。



b0362459_12480823.jpg


確認してみたところレッドローチは床材の中に隠れていました。だろうなー。

というわけで残ったレッドローチを回収。


b0362459_12480864.jpg


しかし部屋が汚くて申し訳ない。片付けなきゃと思っているけど中々手が付かない。

雑草を餌に使っているとどうしても枯葉や土が部屋に落ちて屋外の倉庫みたいな状況に……(笑


b0362459_12480836.jpg


「ゴラァ」と言わんばかりの威嚇。やっぱり文句なしにカッコイイ。

いやー次の脱皮が楽しみ。

と言っても、前回脱皮したのは2016年5月28日でしたからまだまだ先ですが。

前回の脱皮(http://unknown454.exblog.jp/25851870/



b0362459_12480982.jpg


巨大感が溢れているお気に入りの一枚。実際はLS15~16cmほどですが。

最大LS20cmまであと4~5cm。

タランチュラの中でも最も成長の遅いといわれるキングバブーンですが

フルサイズを目指して頑張るぞい!!


b0362459_12480938.jpg



落ち着いてきた。

そういえばLSではなく体長で何cmぐらいなんだろ。

でも体長って餌を食べたら僅かながら変わるし、体長で計るの好きじゃないんだよなぁ。




b0362459_12481008.jpg



巣穴を元の位置に戻してケージに戻してあげました。

前に餌食べてると思って餌を入れてたら腐敗してしまっていたので

同じ轍を踏まないように今回は少し様子を見たいと思います。




PS: Yahooで「キングバブーン」で検索したらこのブログが1ページ目に表示されてビックリした。

動画の所にも自分のが出てるし……世間にこの戯れ言が発信されているんだなぁと感じるこの頃である。






[PR]
by imori343 | 2016-12-04 13:13 | ペット