最近確実に太っている。

1日2食にしていても寒い日は夜中腹減るからついつい食べてしまうんだよね( ^ཀ^)

さてさて、

キングバブーン、トーゴスターバーストバブーンときてメキシカンファイアーレッグだけ仲間外れもなんかアレなんで

今日はメキシカンファイアーレッグの事でも。


とその前に12月4日22:00からのアクアスタイルの生放送はどうしたよ(半ギレ


と怒られそうですが、ちゃんと見に行きました。

半分、突発だったので画像公開というわけにはいきませんでしたが色々ありました。

……ってもう4日近く経過しているのでちょっと記憶に自信がないのだが……(笑

この事はまたTODの記事で一緒に書きたいと思います。

情報が合っているか不安ですが……



まぁ、ここはまとめサイトではなく自分のメモ帳みたいなもんですからねぇ~(爆


b0362459_20202959.jpg


メキシカンファイアーレッグ(♀)

♀確定で購入した子。

我がの3匹のタランチュラの中でも牙を向ける事は極稀で大人しい。

その代わり怒らせると刺激毛が飛んでくる。

………の筈なのだが最近はあまり飛ばさない。ただただありがたい。

刺激毛は個人差があるが私はメキシカンファイアーレッグの刺激毛は全然効かず、

むしろ刺激毛を飛ばしてタランチュラ自身が禿げてしまうのが心配。

因みに節足動物・ビジュアルガイド タランチュラ&サソリの筆者の方は

「メキシカンレッドニーの刺激毛は何とも無いが本種の刺激毛がほとほと弱い」

と記述されている。それ程に個人差があるのだ。

そして私はこの方とは真逆でメキシカンレッドニーの刺激毛は発狂するレベルで痒い。

痒いなんてもんじゃない、アレはもはや生物兵器だ_:(´ཀ`」 ∠):

ある意味ではアイツは最強じゃないかと思うぐらい。

b0362459_20202944.jpg


学名はBranchypelma boehmei。

確か2年前の夏に購入したと思う(あの時はまだ何とか仕事してた

我が家に来て2~3回脱皮したかな?

この子の脱皮直後の姿を見ると毛蟹に見えて仕方が無い……

(^q^ )(ジュル

b0362459_20202963.jpg


綺麗なお尻。因みにこの刺激毛は脱皮したらちゃんと元に戻ります。

もっと言うと脚が取れても脱皮を繰り返せばちゃんと元通りに復活してくれます(昔に経験済み

気のせいかもしれませんが、一部足が無いとき脱皮のペースが早い気がする。


b0362459_20205926.jpg

これでもかという位野草をケージ一杯にブチ込んだのに数時間で無くなる。ひぇえ……。

そしてダシを取ったニボシを与えたらまだ食う。

いやはやデュビアの食欲は恐ろしい。

最初は10~20匹だったんだけどこうして見ると結構増えたんだなぁ。

とは言え、例に漏れず成長と繁殖のサイクルは遅いので他の種より時間を要しましたが……。

まぁそれでも手間はかからないしヘルマンリクガメの食べ残しを与えるだから良いんだけどねぇ~。

……もっとも最近は残飯だけでは足りないので残飯の2倍の量を追加で与えているのですが。

我が家にいるのは観賞用ではなく餌用のゴキブリ。

観賞用にマダガスカルコックローチが欲しいと思ってしまうこの頃。

まぁこの身だと欲しい物が出来ても贅沢できないから我慢するしかないんだけどねぇ。

誰か増えすぎてたら頂戴♥(ざけんな

b0362459_20210898.jpg

今日は天気が良かったので外に出してあげました。

外では絶対に野草を食べないヘルマンリクガメ。

ただ小石を食べようとする。こいしぃ・・・┌(^o^┐)┐

消化を助ける要素もあるという事で多少であれば食べさせていますが、

明らかに食べる量が多かったり肥料などの人工物を食べようとしている場合は止めています。












[PR]
by imori343 | 2016-12-08 21:06 | ペット


餌を食べてふっくらとしたトーゴスターバーストバブーンのお腹を見ていたら何とも微笑ましくて

ついつい写真を撮ってしまう。で、ブログを書くのだ。

b0362459_12441421.jpg

トーゴスターバーストバブーン(♀)

一時期はハイイロローチの成体しか食べないとぼやいていましたが、サイズに関係なくレッドローチをモリモリ食べてくれています。

………もしかしたらハイイロローチの亜成体は捕獲しづらかったのかもしれない。

右端にヒメオドリコソウがありますが、それはレッドローチをおびき寄せる為に意図的に置いています。

夜中このヒメオドリコソウを食べに来たレッドローチを捕獲しているみたいで

食べカスがこの近くで見つかります。

レッドローチはハイイロローチに比べて動きが遅いとは言え、隙間にを見つけては隠れますからね……。

水入れの下に隠れられるとお手上げです。

b0362459_12441437.jpg

暗め。

田舎に住むが故に爬虫類専門店など皆無で実物のタランチュラを拝む機会などないのですが、

やはりこのタランチュラは綺麗。

なんというかこのモノトーンな感じが好き。ポエキロ属は暑さに弱いとか色々大変そうなのでパス。

本当は飼ってみたいけど……何より金ない_(:3 」∠ )_

そんな金無しでもゴキブリが繁殖させているので餌代は全然かからない。

(とは言え最近になって1年ぶりに買い足したが……)


b0362459_12441208.jpg

最近は写真のようにシェルターに隠れることが少なくなってきた。

もはやこのケージそのものが巣みたいになってきている。

まぁそれは特に問題はないのだが水入れの近くに糸を張られると水が干からびるのが敵わん。

ついでにレッドローチの隠れるところが増える。

b0362459_12441284.jpg

キングバブーンはいつも通り巣に篭る。

昨日(http://unknown454.exblog.jp/26428958/)巣から取り出した際に中にあった糸まるけのヤシガラですが、

ペットボトルの上に乗せて光を遮るように利用しています。

ようするにカツラみたいな感じ(また髪の話してる……(´・ω・` )

b0362459_12441305.jpg

珍しくヒョウモントカゲモドキ。

豹紋と言いながら柄は全く無いブレイジングブリザード。

過去に爬虫類が部屋に溢れかえっていた時からいた古株の子。

多分7~8年ぐらい居るんじゃないかなぁ……?正確には解からない。

サバンナモニターをリードに繋いで散歩させていたのが懐かしいなぁ……

パンサーカメレオンのノシベブルーが綺麗だったなぁ……

180cm超えのマラヤンブラッドパイソンは怖かったけど大人しかったなぁ……

30cmから育てたBRSのリューシスティック(♀)完全美品は控えめに言ってくっそ可愛かったなぁ……

(BRSはブラックロックシューターじゃない。ブラックラットスネークだ。)

アルバーティスパイソンは大人しい個体で成長が楽しみだったなぁ……

グリーンパイソンは何回も咬まれて痛かったなぁ……



あの時に病気にならずにちゃんと働いていたら今も大事に育ててただろうな。



………思い出したら悲しくなってきた(またか

それはさておき。

捨てられる鶏肉の脂身を食べてお腹パンパン。鶏肉なんて滅多に与えません。

(栄養価も偏っているでしょうし……)

基本的にはハイイロゴキブリ・デュビア・レッドローチなどの昆虫です。




[PR]
by imori343 | 2016-12-05 13:17 | ペット

ペット「健康チェック」



遂に12月に入りました。

不思議の幻想郷TOD RELOADEDの発売日が近くなってきました。

おぉ、コワイコワイ。




最近キングバブーンのケージにレッドローチを投入しているにも関わらず、

喰いカスが見当たらない&レッドローチも見当たらないので巣穴から出して確認してみることにしました。




b0362459_12480786.jpg



おうおう、いつも通り威勢は良いな。

いつも通り鳴き声をあげて怒っています。



b0362459_12480823.jpg


確認してみたところレッドローチは床材の中に隠れていました。だろうなー。

というわけで残ったレッドローチを回収。


b0362459_12480864.jpg


しかし部屋が汚くて申し訳ない。片付けなきゃと思っているけど中々手が付かない。

雑草を餌に使っているとどうしても枯葉や土が部屋に落ちて屋外の倉庫みたいな状況に……(笑


b0362459_12480836.jpg


「ゴラァ」と言わんばかりの威嚇。やっぱり文句なしにカッコイイ。

いやー次の脱皮が楽しみ。

と言っても、前回脱皮したのは2016年5月28日でしたからまだまだ先ですが。

前回の脱皮(http://unknown454.exblog.jp/25851870/



b0362459_12480982.jpg


巨大感が溢れているお気に入りの一枚。実際はLS15~16cmほどですが。

最大LS20cmまであと4~5cm。

タランチュラの中でも最も成長の遅いといわれるキングバブーンですが

フルサイズを目指して頑張るぞい!!


b0362459_12480938.jpg



落ち着いてきた。

そういえばLSではなく体長で何cmぐらいなんだろ。

でも体長って餌を食べたら僅かながら変わるし、体長で計るの好きじゃないんだよなぁ。




b0362459_12481008.jpg



巣穴を元の位置に戻してケージに戻してあげました。

前に餌食べてると思って餌を入れてたら腐敗してしまっていたので

同じ轍を踏まないように今回は少し様子を見たいと思います。




PS: Yahooで「キングバブーン」で検索したらこのブログが1ページ目に表示されてビックリした。

動画の所にも自分のが出てるし……世間にこの戯れ言が発信されているんだなぁと感じるこの頃である。






[PR]
by imori343 | 2016-12-04 13:13 | ペット


ガイアの夜明け見ました。


バター不足がホクレンにより意図的に計画されていて、酪農家は農協に脅されている。


まぁ見てる時に思ってたけど





ま、そりゃあ炎上するわな(´谷`)









ハッ……まぁ、頑張れよ(失笑







ここから虫さんの記事。

b0362459_19220051.jpg


レッドローチですが順調に育ち卵を産んでいます。

餌はタンポポやリュウゼツサイなどの野草とダシをとったにぼしやかつおぶし。

野草は何でも食べるというわけでもないので選んで与えなければならない。

しかも時期が時期なので採取できる量や種類も少ない。

そんな時は乾燥させて粉末にすり潰した桑の粉を使っています。

とは言え、これも考えて使わないとすぐになくなるから気をつけないとな……。



b0362459_19220083.jpg


今回から卵を別のケージに移してましたが大量の子供が無事に孵りました。

前回卵の孵化率が悪かったのは多分だけど、空腹時に親が卵を食べているんじゃないだろうか……。

と思っている。

b0362459_19220102.jpg

レッドローチに時間を稼いでもらったおかげでハイイロローチの親が随分増えてきました。

あとは繁殖して増殖してくれる事を祈る。

しかし、同じ血縁同士で大丈夫なのかと思う。

違う血縁を増やしたいところなんだがハイイロローチって販売している所全くないんだよね。

保険としてレッドローチの繁殖方法を極める必要がありそうだな。

b0362459_19215924.jpg


久しぶりのメキシカンファイアーレッグ。

来たときから大きかったけど育ててまた大きくなった。

ハンドリングは本来すべきではないけども

ついつい大人しくて動きの遅い子はハンドリングしてしまう。


b0362459_19215966.jpg


凶暴で動きの俊敏なこういう子は絶対にハンドリングはしませんからね。

凶暴なのはむしろ威嚇している姿が美しく勇ましいので見ていて楽しいのですが、

一目散に逃げられたらたままったもんじゃない。






[PR]
by imori343 | 2016-11-24 20:40 | ペット




トーゴスターバーストバブーンが前回(http://unknown454.exblog.jp/25595753/)の脱皮から約6ヶ月ぶりに脱皮しました。



b0362459_22473305.jpg

おうふ、やっぱりトーゴスターバーストバブーンは綺麗だねぇ~。

我が家に来て多分2~3回目の脱皮。じわじわと大きくなってきています。

これはもう♀確定じゃないでしょうかね。いや確定で購入したんだからそうでないと困る。

b0362459_22473333.jpg

大きさはこんな感じ。

今この子でレッグスパン何センチぐらいなんだろ?

11~12cmぐらい?

正確にはわからない。というのも

b0362459_22473898.jpg

物を近づけるとこのように怒るので危ないです(トーゴスターバーストバブーンが

今は体が完全に固まり餌をモリモリ食べている……のですがここで事件発生。

ハイイロゴキブリを使いすぎてストックが品薄状態に……

トーゴスターバーストバブーンとメキシカンファイアーレッグが成体の個体しか食べない為にあまり増えていなかった。

うぐっ……遂にこの時が来やがったか……。

というわけで1年ぶりに餌を購入。

今回購入したのはレッドローチ。こやつらで時間を稼いでその間にハイイロゴキブリを集中的に育てる。


確かに我が家にはレッドローチはいますが中々増えない……あれって卵は親と分けたほうがいいのかね?(聞くな

今度から分けてみよう……(ヽ'ω`)

デュビアはぼちぼち増えていますが……繁殖のサイクルが遅いのでもう少し数を安定させたい。






PS.壁に張り付いているトーゴを計ってみたらLS12cmでしたよ!!!(歓喜

これで♀確定は間違いない!!やったね!!!

MAXサイズまであと4cmか……。




[PR]
by imori343 | 2016-10-17 23:42 | ペット


ちょっとお久しぶりです。

何やら調子が悪かったと思ったら異常に眠い時間が続いたりと体調が変で更新できませんでした。

ゲームのお話はまた別の記事で。

タイトルにある通りメキシカンファイアーレッグが脱皮前です。

b0362459_10264406.jpg


我が家に来て2度目の脱皮となります。

種類によっては脱皮前なのか分かり難いのもいますがこの子は比較的分かりやすいですね。

色が褪せ食べなくなるのは共通なのですが

この子は脱皮前に刺激毛が地面に撒かれている(ような気がする)

今日の朝確認した所、脱皮前のシートが作られていたので1~2日で脱皮するものと思われます。

タランチュラは脱皮直後が最も美しいので楽しみ。

b0362459_10265460.jpg


最近調子が良いレッドローチ。

この種類の何がいいって共食いが少ないことかなぁ。甘党で餌には気を使うけども。

臭いのはもう共通です。第二の餌勢力となるだろうか。









[PR]
by imori343 | 2016-08-21 11:29 | ペット


b0362459_22052077.jpg


他の人のメキシカンファイアーレッグは「結構怒る」という人もいればそうでもない感じ。

話した通りのまさしく性格に個体差があるタイプ。

この子は牙を見せて怒った所を一度もなく、主に刺激毛を飛ばしまくってくるタイプの子。

ご飯を食べているのを気付かずに驚かせてしまった………ごめん。

体勢は餌を捕まえたような体勢だったのは知ってたんだけど、口元に獲物らしいものが見当たらなかったから

もう食べ終わって触肢を掃除しているものかと(汗

君はいっつも餌採るのが下手だからねぇ……。

某アイドル育成ゲームになぞって言うならタイプはもふもふで大人しい「キュート系」

b0362459_22052613.jpg


霧吹きでもピンセットでもとにかく怒る。

何もしなければ凛と美しい佇まいを見せるトーゴスターバーストバブーン。

私もこの子は怖い。いきなり走り出しそうで。

「もういいよ!!アイドル辞める!!」とか言って走り出しs うわ 何をするやm

↑ ※それはパッションの子です。

なので一枚とってササッと撤収。

やはり立体活動が得意なだあって餌を捕獲するのが上手い。

あの有名なアイドル育成ゲームで例えるなら凛として何考えてるか分からない「クール系」

b0362459_22064291.jpg


こうやって改めて見るとでかいね。

タランチュラはよく「脱皮すると一気にでかくなる」っていうけど

脱皮しなくてもじわじわでかくなってる気がするのは私だけなのだろうか……?

それとも、餌を食べて腹部が膨らんでいるからそういう風に見えるだけ?

今でレッグスパン何センチだろう?15~16cmぐらい。

タランチュラの中でも成長が最も遅いと称されるキングバブーン。

そのフルサイズを是非とも見てみたい。

で、やっぱりあのアイドル育成ゲームに例えるなら(またか

色んな意味で元気一杯なパッション系(いくら何でも無理があるだろ

いや、事実夜になると信じられない位に物凄く動き回る。








[PR]
by imori343 | 2016-07-12 23:19 | ペット



すみませんね、さっきはちょっと荒ぶってしまいました(笑

でもおかげでスッキリした。

人が見たら不愉快になるだろうと分かっているから呟かなかったけど

続きを読むか読まないかは任意になっているのでちょっと気が楽。



さて、数日前の話なのですが


b0362459_14361483.jpg



我が家のキングバブーン(♀)は霧吹きをするとご機嫌も体勢も斜めに。

この威嚇動作を初めて目の当たりにするとちょっと怖いんだよねぇ…。

このポーズが「カッコイイ」と感じると慣れてきた証拠ですね。

b0362459_14362020.jpg


でかい個体になると当然牙も大きくなる。


こんなん慣れても絶対に咬まれたくねぇよ。


前にも話したと思いますが、本当に怖いのは「威嚇してすぐに瞬間移動する」タイプです。

ウサンバラオレンジバブーン(♂)にピンセットから腕に一瞬で登られた時は正直怖かった。

勿論、すぐに捕獲しましたが。

あの苦い苦い経験があるからこそ私は樹上性には手を出さない。

あの時に悟ったね。スキルが足りねぇ!!と。

皆さんも物欲に負けずに慎重に購入しましょう(お前が言うな

特にウサンバラオレンジバブーンは要注意です。

ウサンバラオレンジバブーンはバブーン系にしては珍しく乾燥にまぁまぁ強いので床材なしでも飼えますが、

飼う場合は床材を入れシェルターを入れることを強くオススメします。


話を戻して


この種類は特に鳴き声を出す事でよく知られています。

鳴き声はどうしても写真で伝わらないのでまたまた動画を撮ってきました。




……ちょっと分かり難いのですが、

キングバブーンが脚を動かしたときに「シャワッ!!シャワッ!!」と鳴いています。

実際口から音を出している訳ではなく、コオロギと同じく発声器を擦りあわせて音を出しているのです。

ついでにお食事シーンはこちら↓

http://unknown454.exblog.jp/25917605/

b0362459_14375044.jpg


同じタランチュラでもこのメキシカンファイアーレッグ(♀)は全く鳴きません。

(タランチュラの中でも鳴く種類は少ない)

ただし、キングバブーンには無い「刺激毛」を飛ばしてきます。

これもまた動画を撮れたら撮りますね。

あんまりやらせるとハゲてしまう & 地味に痒いのですが(汗








[PR]
by imori343 | 2016-07-07 15:06 | ペット


昨日は風が気持ちよく言い天気でした。

b0362459_16272582.jpg

夕方、川辺を散歩した。

運動不足だと思って夜中めちゃくちゃ走ったら足を痛めてちょっと歩くだけで左足が痛くなる。

(しかも走ったのはもう1ヵ月ほど前)

無理せず適度に運動しましょう……。


b0362459_16274018.jpg

いつも来る川。

普段はも少し水が少なくジャンプすれば向こう岸に行けるのですが

雨で増水して行けなくなっていたので断念。

この先に桑の木が多数あるのでいつもここで採取しています。


b0362459_16264176.jpg


もう6月終わりだというのに今頃保温シートを外したという。(貴様

外すとスッキリするけど夜中電気を点けるとタランチュラやリクガメが反応してしまうので点けられない。


b0362459_16263240.jpg

キングバブーンの暴食も収まったよう。

これからしばらく食ったり食わなかったりが続きそう。


b0362459_16263852.jpg

トーゴスターバーストバブーンの床材を交換したんだが相変らずいつもの巣穴に戻らない。

シェルターの外に巣を作っている。もはやプラケそのものが巣のような感覚なのだろうか。

トーゴスターバーストバブーンも相変らず食ったり食わなかったり。


b0362459_16265628.jpg

最近の多湿でハイイロゴキブリのケージからダニが発生。

というのも冬場と同じような感覚で野草をぶち込んでいたのが原因と思われる……(貴様

なのでシート型ヒーターを設置し床材(といか糞の山)に含まれた水分を発散させる作戦に。

と言っても時期が時期なので、私が活動している昼間の間だけ可動させることに。

見事に床材(糞の山)は乾燥しました。やったね!!

ただ、シェルターは未だにじめじめの状態。

………これはもしかしてハイイロゴキブリの呼吸で湿っているのか?

となると過密が原因という事になってくるが……もう少し様子を見てみよう。


b0362459_16270040.jpg

デュビアのケージは平和な様子。


















[PR]
by imori343 | 2016-06-24 16:51 | ペット


キングバブーンの巣穴を掃除したついでに新しいのに取り替えた。

だが、ご機嫌は良くないようで巣穴の外に野宿状態。

元の巣穴に戻してあげようと思って移動させようとしたら餌食べる気満々だったので

b0362459_11071493.jpg


ハイイロゴキブリ(MLサイズ)を与えたら喜んで食べた。

巣穴の中であれば潜られないので投げ入れるだけで良いのですが、

ヤシガラの上だとすーぐに潜られるのでピンセットで与えましたよ。

b0362459_11092591.jpg


しかしタランチュラにピンセットで与えるって妙だな(笑)

我が家のキングバブーン(♀)は食べる時は非常に貪欲なので扱いやすい。

トーゴスターバーストバブーンとかピンセットからなんて絶対食べない。明るいだけでNG。

b0362459_11115484.jpg


いつも巣穴に篭っているキングバブーンがこうして外にいる事は何気にレア。

しかも食事している全体像をこうして見れるのは更にレア。

というわけで非常に珍しく動画を撮ってみました。





複数の餌を与えると一度置いてから糸で絡めて纏めるのですが

その餌を「よっこいしょ」と拾う動作が好き。もはや好きでは足りない激萌えだ。

ぐっ……ハイイロゴキブリのケージを開けていると鼻が物凄くムズムズする……!!!

ティッシュを取りに行く為にプラケにフタをしたら

b0362459_11191658.jpg


食べていた餌を置いて巣穴に戻ってしまいました。

かなーーりそーっと置いたのですが気付かれました。

b0362459_11202050.jpg


……………。

b0362459_11224304.jpg


やっぱり餌が心残りだったようで戻ってきました。

ほんの数秒の事である。

b0362459_11234400.jpg


キングバブーンはやはりやや斜め後ろから見る姿が一番カッコイイ。

第4歩脚が特に肥大化しているので遠近法により凄く大きく見える。







[PR]
by imori343 | 2016-06-16 13:05 | ペット