今年の4月20日に脱皮したメキシカンファイアーレッグがまた毛を巻き散らして餌を食べない。

そして体色も褪せている。

前にも言ったがこの種類は刺激毛を敵に飛ばす種類(と言っても嫌がらせぐらいの効果しか無いが…)であるが故に、

脱皮前になると辺りに意図的に撒き散らしていると思われる。

……まさか脱皮?

にしてもいくらなんでも早すぎる。

前回の脱皮は2017年4月20日でその前は2016年8月21日で実に8ヶ月間脱皮しなかった。

種類にもよるがこのサイズになるとこれぐらいが普通だと思う。

しかし今回は4ヶ月も経過していないのに次の脱皮なんて幼体なら分かるがこのサイズではあり得ない。

脚が欠損していると再生する為に早めに脱皮を行う傾向があるような気がするが、

私のメキシカンファイアーレッグは知る限り一度たりとも欠損していないし全ての脚は揃っている。

何でだ?

b0362459_14291091.jpg


「あり得ない」なんて事があり得ない。


~~とある人造人間の言葉より抜粋~~




まさかの脱皮でした。

まさかとは思いつつも万が一に備えて餌を取り除いて加湿しておいてよかった。

b0362459_14443236.jpg


今回の脱皮でそんなに大きくなった印象はないが……綺麗に変わりない。

さぁーまた爆食モードが始まるんだなぁ……備えないとな。

あれだけ大繁栄していたレッドローチは見事に終焉を向かえ始めていている。

と言ってもバタバタ死んでいるのではなく繁殖しなくなった。

……というよりいつ見てもオスが存在しない。

考えられるのはオスだけ羽を使い逃げているか脱皮直後に食べられているか。

部屋の中には全く見かけない所から恐らく後者。過度な過密が原因と思われる。

逆にマダガスカルコックローチは子供を生んでおり先行きが明るそうだ。

…ただ、餌として使うまでに時間が相当かかるが(苦笑

そんな訳で今はレッドローチを間引いてたまにハイイロとデュビアでやりくりしています。

b0362459_14495533.jpg


脱皮の皮。

まだ腹部の皮が柔らかく水っぽい所から脱皮したのはついさっきのようだ。

b0362459_14515852.jpg



現在も食欲旺盛なトーゴスターバーストバブーン。

入り口で怒られるとメンテナンスが出来ず困るのですが……。

最近体が大きくなって自信が出てきたのかよく怒る。

飼育者としては走り回られるより怒ってくれたほうが扱い易いがキングバブーンとは訳が違い、

動きは早く壁も軽快に走るのでやはり扱い難い。

そんなん言ったらpoecilo属とか最悪だろうな。

でも彼らも常に怒り俊敏な動きをしている訳ではなく、

当然怒っていない時もあるしゆったり動いている時もある。

要は怒らせたり驚かせるような雑な扱いをしなければ良いのである。




[PR]
by imori343 | 2017-08-06 14:59 | ペット

ペット「脱皮終了」



キングバブーン(♀)が1年1ヵ月ぶりに脱皮しました。


b0362459_15531193.jpg

脱皮の皮を取り除く為に巣穴から出す。

大きさは15cmぐらいだと思う。

b0362459_15531093.jpg


脱皮したてでお腹がスマート。

これから脱皮前の食べなかった分を補う爆食モードに入る……。

せっせと増やしていた餌用ゴキブリがまた減るな……。

b0362459_15531057.jpg



タランチュラの中でも最も成長が遅いと言われるだけに成長は緩やかであまり変化を感じませんが、

この種類はタランチュラの中でも珍しく鳴き声を上げて威嚇するので観察していて楽しいです。

↓こんな感じに。





毎度の事ながらとても元気です。

ただ威嚇も体力を消費する筈なのであまりちょっかいをかけずに巣に戻してあげました。

b0362459_15591099.jpg


そして何とトーゴスターバーストバブーン(♀)も脱皮しました。

この種類は8ヶ月ぶりぐらいかな?

b0362459_15591000.jpg


脱皮の殻を取ったら怒られました。

はい、スミマセン。

b0362459_15591352.jpg


よく見たらまだ牙が完全に固まっていない。

恐らく今日の早朝あたりに脱皮したのではないかと思われる。

この子はキングバブーンとは打って変わって今回の脱皮でググッと大きくなった気がします。

(脚が伸びて背甲が少し広くなったような……)

……念のためメイティングフックを見ましたがオスではないみたい(まだ心配しているのか

この子も体が完全に固まったら動画撮りたい……んだけど動きが早いからカメラ化片手に撮影は危険のように思える。

b0362459_16113883.jpg


一足早く脱皮したメキシカンファイアーレッグ(♀)はレッドローチを食べまくっています。


b0362459_16113816.jpg


※ハンドリングは自己責任でお願いします。

↑本来はするべきではないがやってしまっている以上強く言えない。






ハンドリングを動画で見るとこんな感じ。


タランチュラは現在3種です。

今までは脱皮のタイミングがズレていていて爆食する時期もズレていたから餌切れになる事はあまり気にしなくてもよかったのだが、

今回は3匹とも爆食モード……さてどうしたもんかな。

まさか3匹同時に爆食モードでしかも4種類ゴキブリがいても在庫がなくなる可能性が見えるなんて……。

(言うてマダゴキはやっとこ子供生んだとこで実用化はまだ遠いが……)

それに最近主戦力となっているハイイロローチがどうも繁殖率が悪いような……。

新たな血統を増やしたい所だがマジで売っている所を見かけない。

今の内に別の手段を検討しておいた方がよさそうだな………。




脱皮後のキングバブーン食事シーン。





[PR]
by imori343 | 2017-07-07 16:26 | ペット






※細長くて脚のいっぱいあるアレが苦手な方は閲覧をオススメしません。


b0362459_09153484.jpg


とその前に今年も花菖蒲の時期がやってきました。

写真はおそらく『不知火』と思われる。

b0362459_09234934.jpg



去年も一番先に咲くのは不知火だった。やはり品種毎に咲くタイミングが若干異なるようだ。

………こんな事言うのもなんだけど今年は失敗したかもしれない……orz

原因はやはり土を替えるタイミング。

予め替えておいた方は元気なのだが土を替えるのが遅かった種類だけちょっと元気がない気がする。

花は咲かしてくれるとは思うのだが小振りになるかもしれないな……。

特に心配なのが「秋の曲」で何故かこの品種は子株が枯れ始めた。

土を替えるタイミング以外にも冬場水が少なかったのもあるかもしれない。

b0362459_09244984.jpg


数日前の嵐でへし折られるかと思いましたが何とか無事だった。

(左側の入れ物でヘルマンリクガメを日光浴中)




さぁて……前置きはここら辺でそろそろ本第に入りましょうか……!!!!

(続きを読む場合はMoreをクリック)









More
[PR]
by imori343 | 2017-06-04 11:02 | 日常


書く事はあったのですが調子が悪くて(ry

本当しぶとい奴だと思うよ。

それはさておき。

b0362459_04232913.jpg


どういうわけか最近キングバブーン(♀)が巣穴の外にいる事が多い。

温度?湿度?汚れ?

それほど温度は高くないし湿度も然り。特に臭いも無いしうーーーん?

ただ外に出てきてやたら餌を食べるようになった……ってもしかして餌が欲しいだけなのか?

ただ今まで餌が欲しい時でもここまで出てくることは無かった。

………地震とか(ボソッ 

↑ おい馬鹿やめろ

b0362459_04232948.jpg


写真を撮影していたら撮られているのが気に入らないのか巣穴に戻っていく。

振動や空気の動きには気を配っていたつもりなのだが機嫌を損ねるとは……。

b0362459_04232911.jpg


先日脱皮を終えたメキシカンファイアーレッグ(♀)も食事を開始。

先日(http://unknown454.exblog.jp/26802273/

食欲旺盛でハイイロローチ・レッドローチ関係なく食べてます(どっちかと言うとレッドローチのが好み?

この子の刺激毛は特筆する程でもないのだがレッドローチが一番辛い。

奴らが腕を歩くとまぁとにかく痒いのだ。刺激毛とは一体何だったのか。

↑※個人差がかなりあります。


b0362459_04232945.jpg

トーゴスターバーストバブーン(♀)もぼちぼちと食事しているので安心。

多分次に脱皮するとしたらこの子だと踏んでいます。

……っても当分先の話だと思うけども。

b0362459_04233027.jpg

怒られました。





[PR]
by imori343 | 2017-05-17 04:42 | ペット

ペット「Bachypelma boehmei」

b0362459_09502764.jpg



脱皮して体もしっかり固まってきたので数日後には餌も食べるであろう。

体長は6.8cm位でレッグスパンは12~14cmくらい?

いや、レッグスパンはもうちょっとあるかも。

結構この種類はのっそりしていてバタバタしないが触ると痒い。

と言ってもこの種類の魅力を前にすれば些細なことだが。




※一応言っておきますがハンドリングする際は自己責任でお願いします。




かつ、長期飼育して行動パターンを熟知した上で臨むのが必然で

くれぐれも購入して間もない段階でのハンドリングはしないでください





本来なら「性格関係なくハンドリングしないでください」と言うべきなのだが、

私自身も手に乗せてしまっているので最低限言える事だけを言った。







[PR]
by imori343 | 2017-04-25 09:51 | ペット


今から19日前に「脱皮前?」的な事をこの記事(http://unknown454.exblog.jp/26758325/)で言ってましたが、



b0362459_13484039.jpg


ようやく始まりました。

いやー長かった。

b0362459_13484067.jpg

前回の脱皮は去年の08月21日だったので実に8ヶ月ぶり。

前回(http://unknown454.exblog.jp/26127348/

やっぱり脱皮は何度見ても楽しいしわくわくするんだよな~~。

特に幼体はドンドン脱皮してぐんぐん育つから楽しい。

もっとも今までに♀を引いたことないからもう買う気はないがな( ‘ᾥ’ )カッ!!!

b0362459_13484090.jpg

トラブルなく無事に終了です。

昨日寝る直前に見たら床材が乾燥気味で「水入れる」か「寝る」かの選択が脳裏によぎったわけだが、


迷わずに加湿しておいて良かったと心のそこから思ってる……。



折角なので今回も記念がてら動画を撮ってみた。

動画で見ると色が悪く見える。

写真ではちょっと色彩詐欺している感は否めないですが、動画のはちょっと色が悪すぎる気がします。ぐぬぬ……。

b0362459_13483910.jpg


体が完全に固まり数日もすれば爆食モードになるのでふんだんに餌を与えたい所。

もうハイイロゴキブリとレッドローチが増えすぎてヤバい事になってるからガンガン食べて欲しいところである。

デュビアは昨日数少ない知り合いの人に買い取ってもらいました。

血の繋がりの無い人と話したのもう何ヶ月ぶりだっただろうか……。

増えすぎてどうしようもなかったから色んな意味で助かるわー(ヽ'ω`)

ただ今回はハイイロとレッドローチは買い取ってもらえなかったのが残念じゃのう……。

この2種はとにかく増えすぎていてヒョウモンにも食べさせまくってるが減る様子はない。

というのもハイイロゴキブリは特に壁を登るのでデュビアに比べて需要が少ないのだ……。

よく増えるし野草もよく食べるしで壁を登ることを除けば餌用として良い種類なんだけどなぁ。

また気が向いたら今度動画撮ってきます(おいバカやめろ


b0362459_14044199.jpg


マダゴキは成虫になった所でまだ繁殖はしていません。

これも必要以上に繁殖したらまたお願いしようかな……。

b0362459_14044210.jpg


最近オスがシューシュー鳴いて小競り合いしている音が聞こえる。

加えて図体もでかいので動いただけでもガサガサッと音がするので存在感があって面白い。

b0362459_14044144.jpg



明らかに違う奴が結構な割合で混じっている。

マダゴキに変わりはないのだがこれはちょっと気になるな……。







[PR]
by imori343 | 2017-04-20 14:16 | ペット


ガイアの夜明け見ました。


バター不足がホクレンにより意図的に計画されていて、酪農家は農協に脅されている。


まぁ見てる時に思ってたけど





ま、そりゃあ炎上するわな(´谷`)









ハッ……まぁ、頑張れよ(失笑







ここから虫さんの記事。

b0362459_19220051.jpg


レッドローチですが順調に育ち卵を産んでいます。

餌はタンポポやリュウゼツサイなどの野草とダシをとったにぼしやかつおぶし。

野草は何でも食べるというわけでもないので選んで与えなければならない。

しかも時期が時期なので採取できる量や種類も少ない。

そんな時は乾燥させて粉末にすり潰した桑の粉を使っています。

とは言え、これも考えて使わないとすぐになくなるから気をつけないとな……。



b0362459_19220083.jpg


今回から卵を別のケージに移してましたが大量の子供が無事に孵りました。

前回卵の孵化率が悪かったのは多分だけど、空腹時に親が卵を食べているんじゃないだろうか……。

と思っている。

b0362459_19220102.jpg

レッドローチに時間を稼いでもらったおかげでハイイロローチの親が随分増えてきました。

あとは繁殖して増殖してくれる事を祈る。

しかし、同じ血縁同士で大丈夫なのかと思う。

違う血縁を増やしたいところなんだがハイイロローチって販売している所全くないんだよね。

保険としてレッドローチの繁殖方法を極める必要がありそうだな。

b0362459_19215924.jpg


久しぶりのメキシカンファイアーレッグ。

来たときから大きかったけど育ててまた大きくなった。

ハンドリングは本来すべきではないけども

ついつい大人しくて動きの遅い子はハンドリングしてしまう。


b0362459_19215966.jpg


凶暴で動きの俊敏なこういう子は絶対にハンドリングはしませんからね。

凶暴なのはむしろ威嚇している姿が美しく勇ましいので見ていて楽しいのですが、

一目散に逃げられたらたままったもんじゃない。






[PR]
by imori343 | 2016-11-24 20:40 | ペット




トーゴスターバーストバブーンが前回(http://unknown454.exblog.jp/25595753/)の脱皮から約6ヶ月ぶりに脱皮しました。



b0362459_22473305.jpg

おうふ、やっぱりトーゴスターバーストバブーンは綺麗だねぇ~。

我が家に来て多分2~3回目の脱皮。じわじわと大きくなってきています。

これはもう♀確定じゃないでしょうかね。いや確定で購入したんだからそうでないと困る。

b0362459_22473333.jpg

大きさはこんな感じ。

今この子でレッグスパン何センチぐらいなんだろ?

11~12cmぐらい?

正確にはわからない。というのも

b0362459_22473898.jpg

物を近づけるとこのように怒るので危ないです(トーゴスターバーストバブーンが

今は体が完全に固まり餌をモリモリ食べている……のですがここで事件発生。

ハイイロゴキブリを使いすぎてストックが品薄状態に……

トーゴスターバーストバブーンとメキシカンファイアーレッグが成体の個体しか食べない為にあまり増えていなかった。

うぐっ……遂にこの時が来やがったか……。

というわけで1年ぶりに餌を購入。

今回購入したのはレッドローチ。こやつらで時間を稼いでその間にハイイロゴキブリを集中的に育てる。


確かに我が家にはレッドローチはいますが中々増えない……あれって卵は親と分けたほうがいいのかね?(聞くな

今度から分けてみよう……(ヽ'ω`)

デュビアはぼちぼち増えていますが……繁殖のサイクルが遅いのでもう少し数を安定させたい。






PS.壁に張り付いているトーゴを計ってみたらLS12cmでしたよ!!!(歓喜

これで♀確定は間違いない!!やったね!!!

MAXサイズまであと4cmか……。




[PR]
by imori343 | 2016-10-17 23:42 | ペット


ちょっとお久しぶりです。

何やら調子が悪かったと思ったら異常に眠い時間が続いたりと体調が変で更新できませんでした。

ゲームのお話はまた別の記事で。

タイトルにある通りメキシカンファイアーレッグが脱皮前です。

b0362459_10264406.jpg


我が家に来て2度目の脱皮となります。

種類によっては脱皮前なのか分かり難いのもいますがこの子は比較的分かりやすいですね。

色が褪せ食べなくなるのは共通なのですが

この子は脱皮前に刺激毛が地面に撒かれている(ような気がする)

今日の朝確認した所、脱皮前のシートが作られていたので1~2日で脱皮するものと思われます。

タランチュラは脱皮直後が最も美しいので楽しみ。

b0362459_10265460.jpg


最近調子が良いレッドローチ。

この種類の何がいいって共食いが少ないことかなぁ。甘党で餌には気を使うけども。

臭いのはもう共通です。第二の餌勢力となるだろうか。









[PR]
by imori343 | 2016-08-21 11:29 | ペット


b0362459_22052077.jpg


他の人のメキシカンファイアーレッグは「結構怒る」という人もいればそうでもない感じ。

話した通りのまさしく性格に個体差があるタイプ。

この子は牙を見せて怒った所を一度もなく、主に刺激毛を飛ばしまくってくるタイプの子。

ご飯を食べているのを気付かずに驚かせてしまった………ごめん。

体勢は餌を捕まえたような体勢だったのは知ってたんだけど、口元に獲物らしいものが見当たらなかったから

もう食べ終わって触肢を掃除しているものかと(汗

君はいっつも餌採るのが下手だからねぇ……。

某アイドル育成ゲームになぞって言うならタイプはもふもふで大人しい「キュート系」

b0362459_22052613.jpg


霧吹きでもピンセットでもとにかく怒る。

何もしなければ凛と美しい佇まいを見せるトーゴスターバーストバブーン。

私もこの子は怖い。いきなり走り出しそうで。

「もういいよ!!アイドル辞める!!」とか言って走り出しs うわ 何をするやm

↑ ※それはパッションの子です。

なので一枚とってササッと撤収。

やはり立体活動が得意なだあって餌を捕獲するのが上手い。

あの有名なアイドル育成ゲームで例えるなら凛として何考えてるか分からない「クール系」

b0362459_22064291.jpg


こうやって改めて見るとでかいね。

タランチュラはよく「脱皮すると一気にでかくなる」っていうけど

脱皮しなくてもじわじわでかくなってる気がするのは私だけなのだろうか……?

それとも、餌を食べて腹部が膨らんでいるからそういう風に見えるだけ?

今でレッグスパン何センチだろう?15~16cmぐらい。

タランチュラの中でも成長が最も遅いと称されるキングバブーン。

そのフルサイズを是非とも見てみたい。

で、やっぱりあのアイドル育成ゲームに例えるなら(またか

色んな意味で元気一杯なパッション系(いくら何でも無理があるだろ

いや、事実夜になると信じられない位に物凄く動き回る。








[PR]
by imori343 | 2016-07-12 23:19 | ペット