タグ:花菖蒲 ( 24 ) タグの人気記事



写真撮るだけで書かないでいたらデジカメのSDカード残量が無くなって写真撮れなくなったので放出。

このブログにおいて日常ネタは割とどーでもいい要素になっているのですが………まぁ独り言という事で(笑

(元々は独り言の為に開設したブログだし……)

ただ写真の種類が多いので2つに分けさせていただきます。

b0362459_09054231.jpg

そろそろ乙女は見納めか……。

トップバッター不知火はもう今年は咲き終えた。

両者とも丈夫な品種なのでまた来年もきっと咲いてくれるだろう。

b0362459_09091649.jpg

花を散らす品種が出始める中、別の品種も咲き始めました。

写真は『愛知の輝き』

この品種は少し他の品種と異なりカキツバタとのハイブリット種です。

キショウブと交配種らしいですけど確かにそっくりですね。

b0362459_09115822.jpg

恐らく『麗月』と思われる品種。

過去の私はどうして似た品種を分けずに植えたのか……毎年この時期になると憂う。

写真の通り花は結構大きく平咲き型で迫力があり見ていて楽しいのだが、

一箇所に纏って咲くと色彩が色彩なのでややうるさい感は否めない。

それでも大きく綺麗なので見ていて楽しいのは変わり無い。

b0362459_09181452.jpg

有間川と同じく白い品種『友鶴』

ただこちらの方が小さく完全なる純白(有間川は花弁にやや紫が入る

純白は見た感じすっきりしてて複数花を付けてもうるさくない。

b0362459_09374698.jpg

全体。ちょっと鉢が小さいね(汗

次の株分けで減らさないと来年大変な事になりそうだ。

ただ、困った事に増えてもあげる人もいないし植える所もないしでどうしたもんかね……。


b0362459_09265640.jpg

ここ最近ずーーっと花菖蒲の近くに生息しているクモさん。

調べて見ると「ササグモ」という種類らしくこの個体は必ずと言って良いほど花の近くにいる

恐らく花の近くに寄ってくる昆虫を待っているのだろう。

人によっては殺すんだろうけど私はクモ好きなので花菖蒲と一緒に見ている。

b0362459_09300188.jpg

必死の威嚇。可愛い(笑

こんなでかくて何をしてくるか分からない生き物が近づいてきたら威嚇するよね。

因みにこの子は恐らくオス。他にもメスがいるのだが写真は無い。

b0362459_09460594.jpg


あ。








_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
(`0言0́*)<ヴェアアアアアアアア!!!!
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄







誰だ有間川の花を散らした奴ぁぁあああああ!!!!(しかも大きい方




※花菖蒲はできれば風を避けられる場所での育成が望ましいです(特に肥後系

そういえばビバリウムの話が一切出てこないけど枯れた?(・∀・)ニヤニヤ


b0362459_09593400.jpg

残念だったな……全然枯れてねぇよ……!!!

b0362459_10002497.jpg

一部分を除いては………。

一番高い所はどうしても土との接触がなく霧吹きだけではどうしても限界がある。

そんな訳で今回ついに水槽に穴を開けたいと思います。

ガラス用ドリル(900円ぐらい)を遂に買ってしまいましたよ……えぇ(白目

正直ね…ここまで長持ちするとは思わなかった。恐るべしシノブゴケ。

b0362459_10044802.jpg

本来は中身を出してから作業すべきなんだろうけど面倒臭がりなのでそのまま決行。

↑事故に繋がる可能性があるので真似しないでください。

b0362459_10061192.jpg

開きました。

あのね、文章にするとめっちゃ簡単に出来ると思うだろうけどむっちゃ時間かかるよこれ?

しかも角度が垂直でなかった&穴が小さかったので後日普通のドリルで穴を大きくする作業が追加されたのであった……。

(角度が下向きなら良いんだけど上向きだから水が出難いのなんので最悪だった)


あ、言うまでもなく普通のドリルの歯で穴を拡張とか絶対しないでくださいね(にっこり


素人でも分かったよ……普通のドリルの歯でやっちゃダメだ。

まず時間がかかり過ぎる。1日で終らなかったよ。

↑あんまり長い事使ってると騒音が心配だった。

奇跡的に穴の拡張&角度の調整に成功したが、最後に内部でちょっと穴が欠けた時はもうダメかと思った……。

で、ここにホースを通してペットボトルを設置すれば……

b0362459_10145544.jpg

簡易的な排水システムの完成!!!

おしっこみたい(直球

b0362459_10160753.jpg

上部にはこのように一方コックを取り付けて水の落ちる量を調節。

更にエアホースの中に針金を入れて落ちる位置も調整できる。金属?錆?多少は大丈夫だろ(適当

下に落ちた水をまた上に戻せば今まで乾いていた頂上付近を常に湿らせ続けることが出来る!!!

うん、これは正直に超便利だわ。

b0362459_10180832.jpg

おかげで頂上付近が少し緑が戻ってきました。

まぁコケは成長遅いので完全に緑色になるまで時間はかかると思うがそれも楽しみの一つとしてゆっくり待とうと思う。





ふぅ……やっとその1が終了。






[PR]
by imori343 | 2017-06-20 10:25 | 日常




6月は花菖蒲が咲く好きな時期です。



b0362459_14410055.jpg


あれからも乙女と不知火が咲き乱れております。

b0362459_14452833.jpg


少しズーム。

いやぁ、基本ゲームのブログなのですがこの時期だけは花菖蒲ネタが多くなってしまうのです。

このブログを見てくれている人からして見れば絶対に興味がないのはハッキリ分かる。

なので申し訳ないなぁ……と思いつつも「ここ、わいのブログやし!!」と開き直ってみる。

いいんだよ、例えこれでランキング下がったってぇぇえ!!!!!(負け惜しみ

現にExciteブログランキング2位から4位に絶賛下がり中☆

何かで言った気がするけど「自分の好きな物を好きだと言えなくなったら本末転倒だ!!!」

そんな訳でゲームネタ以外にもバンバン関係ない記事が更新されるのでご了承を。

(カテゴリのゲームを選ぶ or タグの不思議の幻想郷を選ぶとゲーム記事のみを表示できるので是非活用してください)

b0362459_14562193.jpg


更にズーム。今回はコントラストと明るさを僅かに弄りました。

因みに右側の淡い桃色の品種が「乙女」で左側の赤紫の品種が「不知火」

格段珍しいわけでもなく普通に手に入る品種なのだが丈夫で育て易い。

………じゃあ、その白い蕾は?

b0362459_14595229.jpg



ズバリ、有間川です!!!

いやーーー……この品種はもう全滅したとばかり思っていました(爆

有間川を見るのは久しぶりで2~3年ぶりです。

やっぱり分けて植えたほうが良いなと思う反面、何が咲くか分からない楽しみはあってもいいかもしれない。

品種毎に分けると何が咲くか分かってしまってちょっとワクワク感が減ってしまいますね。

b0362459_15052425.jpg


ちょっと背景に拘って撮影してみた乙女。

b0362459_15064744.jpg


花は結構すぐに枯れてしまう反面一回の株に2~3回花を咲かせる。

なので萎んできたらすぐに摘み取るようにしています。

しっかし考えてもみたらゲーム×節足動物×花菖蒲のブログって数少なそうだな……。

そう考えると少し楽しい。

b0362459_15091262.jpg


もう購入から7年ぐらい?経過した温帯睡蓮。

毎年綺麗な花を見せてくれるのですが、去年は一度も咲いてくれませんでした

今年はと言うと………

b0362459_15121061.jpg



やりました!!!蕾です!!!

やっぱり株元に光が届いていなかったのが原因だったのかな?

今回は深く埋めすぎず浅めを意識して植えたのですがそれが功を奏したようです。

そろそろこの睡蓮も株分けしてあげたいな。






ブログテーマにこんなのがあったので初めて参加してみる。

紫陽花もいいけど花菖蒲も綺麗なんやで……。



美しいあじさい&6月のイメージショット!






[PR]
by imori343 | 2017-06-11 15:16 | 日常

日常「咲き誇れ乙女」



ゲームネタを待っている方には申し訳ないのですがゲームネタは後ほど。



b0362459_21380762.jpg


「不知火」に続き「乙女」も咲きました。

我が家の花菖蒲の中でも毎年安定して咲いてくれる品種ではあるが何度見ても可憐で綺麗と思える。

あぁこの時期は外にいても楽しい。

b0362459_21381209.jpg


アップ。

6月といえば紫陽花ですが私にとって6月と言えば花菖蒲の時期です。

b0362459_21381730.jpg



別の株の乙女。

こちらは色みが薄い……日数はそこまで経過していないと思うのだが……。

b0362459_21381735.jpg


外で観賞するのも楽しいが室内に持ち込んでゆっくり眺めるのも楽しい。

また小さい鉢植えの花菖蒲が咲いたら室内でじっくり眺めて写真を撮りたいと思う。

去年は咲かなかった有間川が今年は珍しく咲きそうです。



[PR]
by imori343 | 2017-06-10 21:45 | 日常


b0362459_22092676.jpg


餌となる野草を探しに出かけた時に撮影した写真でMMD。

あ^~NIT様のマリーちゃんが可愛い過ぎて心がぴょんぴょんするんじゃ^~

いや、本当にこのモデルさんは可愛いの一言に尽きる!!!

だって


b0362459_22154867.jpg



普通に呼び出して正面見ているだけで既に可愛いもん。これはロリコンになる(断言

↑もうロリコンだった件。

(PMXeditorでtoonは変更しました)

あーしかし今日の野草採り散々な結果だったな……まぁ愚痴は最後に書くとして。

今回衣服にはPmot skinを使用し、それ以外にはNCHLshader2を使用しました。

過去何回か髪にPmothairとそれ以外にNCHLshader2というパターンはしていましたが、

こういう使い方は今回初めてだと思います。

(しかしちょっと画像編集が流石に雑だったな……また気が向いたら編集し直します)

この時期になると想像フォレストやサマータイムレコードが聴きたくなる。

そしてマリーちゃんと誕生日が10日違いというのがなんか嬉しい(さっき知った

そうそう、

b0362459_22325593.jpg


花菖蒲「不知火」が咲きました。

……が、今年はなんだか花の形が悪いのが既に現れている。

肥料の与えすぎだろうか……。

b0362459_22365566.jpg


夕暮れ時に見る不知火もまた良い。

b0362459_22380826.jpg


花菖蒲の時期はここからだ。

今年も沢山咲いてくれるだろうか。

b0362459_22391386.jpg


日が落ちてから見る不知火もまた(ry

しっかし私もいつからこんなおじいちゃんみたいな趣味を始めたんだっけな……。

……い、一応言っておくけどまだそんなに年食ってないからね私。

あぁ……最近ゲームネタ以外の事ばかり書いているからそろそろふしげんの事も書かないとな……。




↓こっからどーでもいい話なのでスルーで構いません。





More
[PR]
by imori343 | 2017-06-06 23:13 | MMD






※細長くて脚のいっぱいあるアレが苦手な方は閲覧をオススメしません。


b0362459_09153484.jpg


とその前に今年も花菖蒲の時期がやってきました。

写真はおそらく『不知火』と思われる。

b0362459_09234934.jpg



去年も一番先に咲くのは不知火だった。やはり品種毎に咲くタイミングが若干異なるようだ。

………こんな事言うのもなんだけど今年は失敗したかもしれない……orz

原因はやはり土を替えるタイミング。

予め替えておいた方は元気なのだが土を替えるのが遅かった種類だけちょっと元気がない気がする。

花は咲かしてくれるとは思うのだが小振りになるかもしれないな……。

特に心配なのが「秋の曲」で何故かこの品種は子株が枯れ始めた。

土を替えるタイミング以外にも冬場水が少なかったのもあるかもしれない。

b0362459_09244984.jpg


数日前の嵐でへし折られるかと思いましたが何とか無事だった。

(左側の入れ物でヘルマンリクガメを日光浴中)




さぁて……前置きはここら辺でそろそろ本第に入りましょうか……!!!!

(続きを読む場合はMoreをクリック)









More
[PR]
by imori343 | 2017-06-04 11:02 | 日常



雨上がりの午後…桑の葉茶とどくだみ茶を作るべく山の近くへ。

世間では山男と海男というものが存在するらしいが私はどっちかというと山男である。

だからこそ海の潮風に憧れたりもするがそれ以上に山の静寂と木漏れ日は良い。

………要は海はちと開け過ぎて人の存在が嫌なんじゃ。日焼けするし。





さてさて、桑の葉茶は前々から作っており場所もリサーチ済みなのですがどくだみ茶は今回が初めて。

が、どくだみはそこら辺に生えており下手すれば家の日陰になる場所に青々と生えているので心配は無用。

b0362459_08584646.jpg


遠目で見て気付いた。

「……ん………あの鳥の少しふくらんだ体系……カラスじゃないな……」

この動きは....トキ!!!

b0362459_09005576.jpg


正体はキジでした。久しぶりに見ましたね。

普段この距離まで近づけば確実に逃げるのですがこの個体は中々逃げようとしない。

もしかしたら繁殖期を向かえていてこの栗の木の下がテリトリーになっているのかもしれない。

繁殖期になると赤い物に反応して攻撃してくるらしいが、私はそんな派手な赤い服なんて着ないので無害。

b0362459_09054523.jpg


「いや、わかんねぇよ!!!」という人の為に。

この後近づき過ぎて逃げてしまいました。

寄り道しながらも桑の葉のある所に到着。

b0362459_09082904.jpg


……昨日は無かった大きな油まみれのホースが捨ててあるではないか。

わたしはこんな巨大なゴミを人生で一度も捨てた事がないのでどういう神経しているのか理解し難い。

かと言って私は車に乗れないし運ぶ方法がなく処分する事も出来ないのでそのままに。

……って、片付けたらまた捨てるだけか。はぁ……。

油で汚れた部分は避けて桑の葉を採取する事に。

よく見て見ると

b0362459_09124817.jpg


桑の実らしきものがあるではないか!!と言ってもまだ若いが。

桑は珍しく性別がある木でこの木は♀のようだ。

b0362459_09161328.jpg


よく見ると赤っぽい実もちらほら。

完熟するその時まで楽しみに待とうと思う。

しかし葉が高い所にあって取りにくい……。

木の根元の藪に脚を踏み入れて歩いていると「何か」が動いた……!!!

水路の近く・藪と言えばもう「あれ」しかいない。

b0362459_09360855.jpg



水路の近くの藪なのでいるだろうとは思っていたがまさか遭遇するとは……。


b0362459_10044177.jpg


「ニホンマムシ」である。

日本の中でも身近な毒蛇で毒性はハブよりも強い。

体が小さいので毒量が少ないが咬まれれば危険なのは変わり無い。

咬まれたらそのまま放置せずに絶対に病院に行きましょう。

因みに日本で最も強力な毒を持つのは「ヤマカガシ」

b0362459_15592024.jpg


丁度一年前に撮影したヤマカガシの写真。

マムシにも言える事ですが両者とも臆病で人に牙を向けるとしたら自分の身を守る時ぐらいではないでしょうか。

少なくともゲームのような遠くから積極的に好戦的に向かって咬んでくるという事はまずないです。

両者ともまず人に遭遇したら逃げます。

特にヤマカガシは臆病でまず逃げてそれでもダメなら疑死行動 or 咬むと言った感じでしょうか。

実際私はヤマカガシは近くで観察していただけでも疑死行動してしまうぐらいですからかなり臆病なのではないかと思っています。

私はマムシもヤマカガシも牙を見せた所を見た事がありません。むしろ無毒のシマヘビの方が咬みついてくるぐらい。

ただ注意するに越した事はありません。今回の私はハッキリ言って慢心でした。

草の近くを歩く時は常にマムシがいると意識していながらも今回マムシが動くまで気付かなかった。

出てきた所からして恐らく私の半径1m以内の所に居たのではないかと思う。

咬まれて苦しいのは自分の不注意が招いた結果であってそれは全然構わないだが、



何より病院に行きたくない(必死



話を戻して、写真を見直すと頭部の形と言いアオダイショウの幼体ではないか?と思ってしまう。

だがこれがアオダイショウならサイズ的に模様が抜けきっていないにしてももう少し薄くなっていると思う。

(アオダイショウの幼体はマムシに擬態していおり模様がそっくりである)

やはり山を舐めてはいかんと改めて思った一日でした。

気を取り直して。

b0362459_10245178.jpg


続いてドクダミ採取。

ただここも水路の近くで葉が鬱蒼としており如何にもマムシの居そうな所。

もう少し開けた所で周りに警戒しながら採取しました。

b0362459_10250655.jpg


家に帰ったら早速水で洗い流し汚れを取る。

b0362459_10253061.jpg

どくだみ特有の匂いぷんぷんとしている。

この匂いは大体の人に「臭い」と言われるが私はそれ程嫌いではない。

この匂いもあってか虫らしい虫はいない。

b0362459_10271268.jpg


で、洗い終わったら天日干しに。

今更ですがどくだみ茶は桑の葉茶と同じく 洗う → 干す → 煎る で完成みたいです。

現在天日干しで乾燥させている所。

どくだみ茶は作って飲んだ事がないので非常に楽しみです.









[PR]
by imori343 | 2017-05-27 10:34 | 日常


前回の続き?

何やら画像が多く長くなったので一旦区切る事に。

b0362459_22515670.jpg


去年、私はこの時期あまり出かけませんでしたが今年は少しばかり余裕があったので頻繁に外に出かけてみました。

それでも数日前とか昨日とか調子悪かったけどねー(苦笑)

話を戻して個人的にお気に入りの一枚。

MMDに使えそうなので活用したいと考えているがイマイチ良いポーズが思い浮かばない……。

そうこうしている内に桜の時期が終るってオチが見える。

b0362459_22554965.jpg


縦ver。何となく夕暮れを見ているとsupercellのラインを思い出す。

ここが昔通ってた小中学校の通学路の近くだから尚更思い出すのよなー。

supercellと言えばメルトやワールドイズマインが有名だが個人的にラインが一番好きだったりする。

あの頃に戻りたいかと言うと戻りたくないような戻りたいような……。

b0362459_23021078.jpg


今日撮った一枚。やはり夕暮れ時。

夜桜も楽しみました。夜は人がいないから好都合なのです。

b0362459_23033685.jpg


こちらも今日撮った一枚。

これもMMDに使えそうだがモデルとの距離が遠くなりそうな一枚で使い辛いか……?

b0362459_00091956.jpg



本当は昼間に写真撮りたいけど何故かタイミングを逃す私。


b0362459_00095932.jpg


この花は時々見るけどこれはカンヒザクラで合っているのだろうか?

物凄い色をしているので一際目立つ。

b0362459_00134811.jpg


最近めっきり見る機会が減ったような気がするミノムシが。

何やら外来種のハエによって数が減って何と絶滅危惧種に指定されているなんて話があって驚きを隠せなかった。

b0362459_00164526.jpg


花菖蒲の芽も伸びてきました。

ただ土を替えるのが遅かった品種は明らかに成長が遅い……(小声

はい、すみません、ちゃんと秋になったらちゃんと土替えするようにします(反省


b0362459_00175676.jpg



ヘルマンリクガメ。

天気の良い日は必ず外に出して日光浴させてます。


b0362459_23065069.jpg


春の陽気に当てられてビオトープの植物も元気になってきました。

???「春ですよ~」

b0362459_23075588.jpg


今年もセキショウ(手前の細長い葉)が元気に育っています。

かなり丈夫でビオトープにはもってこいの植物ですね。


b0362459_23104867.jpg


植えたわけではないがいつの間にか咲いていたスミレの一種と思われる植物。

足元にあるのでうっかり踏んでしまわないように気を付けなければ。



全然関係ないけど「すみれ」ってなんか凄く可愛い名前だよね。


キャラの名前が「すみれ」の時点で萌え確定だよね(持論


紫髪キャラにグッとくるのは俺だけなのか!!?(ガタン!!ガタン!!!










b0362459_23183539.jpg



マクロス全然知らないのにこの美雲・ギンヌメールさんのフィギュアアーツに一目惚れして予約しようか小一時間悩んでたわ。

もう発売日近いんだなぁ……(ボソッ

恐らく、 紫髪=萌え の元凶原点はおんぷちゃんなんだと私は気付いてしまったよ。




つまりまとめると……















b0362459_23275548.jpg




アイカツのすみれちゃんがくっそ可愛いということでおk?




※うp主はアイカツ全く知りません。



………た、頼むうp主をこれ以上違う世界に引きずりこまないでくれ……(ヽ'ω`)


↑知らんがな



ハッ!!!!!………話を戻そう。

b0362459_23320521.jpg


カキツバタと思われる水生植物。

この葉の形状からして恐らく今年は咲くはず。

そして実は今の今まで花を見た事がなく何の種類なのかさえもわかっていないのだ。

これは非常に楽しみである。

b0362459_23383501.jpg


これも名称不明の植物。

あまり見ないのだが局所的に増殖しておりたくさんあったので少しだけ拝借した。

田んぼに生えていた所から水に対する耐性は強いようだが、

ひょっとすると水草の水上葉だったりするのだろうか?

水面まで来るとそのまま横に広がるように展開し上には伸びないようだ。

今後の成長が楽しみでもある。

b0362459_23432631.jpg


ユキノシタ。

このビオトープを立ち上げた時から活躍している植物である。

元々湿った半日陰の場所に自生するのでやや日当りの悪いこのビオトープには相性がよかった……今までは。

だが、状況が変わり日当たりが良くなってしまったためにユキノシタにとってはやや住みづらい環境になってしまったのだが、

それでもブロック塀側の日陰で今日も頑張って育っている。

冬場でも青々としているのはメリットだが、夏場やや色がわるくなるのが難点だろうか。

b0362459_23493878.jpg


オオイタチシダ(?)

これもビオトープを立ち上げてすぐに導入した植物ですっかり環境に馴染んで今年も新芽をにょきにょきと出している。

かなり大型でビオトープの概観を崩している気もしなくもないが……(笑

それでもせっかくなので抜かずにそのままにしてます。

b0362459_23524672.jpg


睡蓮のビオトープ。

毎年綺麗な花を見せてくれる睡蓮なのだが去年は何故かあまり咲いてくれなかった。
 
おそらく株を傷つけてしまった or 深く埋めすぎた のどちらかが原因だと思っている。

b0362459_23575145.jpg


一見するとただの水溜りだがこのビオトープはすんげぇ。

何が凄いって微生物の量が尋常ではなく、偶然条件が重なり合って生まれた結果なのだろう……。

……確かこのビオトープは泥がなかったからテキトーにそこら辺の土を入れて放置してただけなんだが(苦笑

それに加えて水の量が少なく照射時間が長い分水温が高くなりやすかったのもあるかもしれない。

ただ、夏場は増殖し過ぎによる酸欠&水温上昇による酸欠で全滅しかねないので他のビオトープにも分けておきました。

b0362459_23585991.jpg


そしてビオトープの水をこの水槽に入れればアカヒレに栄養価豊富な天然食が行き渡るというわけだ。

前に採取したヤナギモとセキショウモですが、すっかり環境に馴染んだみたいでガンガン伸びて凄い事に。


そして先程、ミジンコの様子を見に行ってみると……

b0362459_00230843.jpg


去年見たタイコウチが同じ所にいた。

何食って生きてたんだと思ったらミズムシを捕獲してました。

信じられないけどあのタイコウチまでもが場所によっては準絶滅危惧種に指定されているんだよな……。






[PR]
by imori343 | 2017-04-15 00:28 | 日常


b0362459_15490010.jpg



気候が暖かくなって花菖蒲の芽が少しですが出てきました。

……最近はゲーム記事ばかり書いているので知らない人は多いと思いますが私は花菖蒲が好きです。

でも、ぞうさんの方がもっと好きです。

と言ってもただのビギナーですが(笑

この時期になると梅が咲き始めるので楽しい。

咲き誇る花の姿は勿論良いのですが、香りも良く今の時期外出して唯一心安らぐ瞬間である。

話を戻して、

写真の株は恐らく『乙女』と思われる。

b0362459_10041321.jpg


去年の6月上旬頃に咲いた乙女。

この子で多分5~6年位前に購入した子だと思う。

コップと比較して頂くと解かりやすいと思いますが結構大きいです。

b0362459_10041686.jpg


淡い桃色の花びらが美しい垂れ咲きの三英花。

私の手は大きいとよく言われるのですが、その手と比べてもこの大きさ。

(手の色がころころ変わっていますがお気になさらず)

それでもこの種類は中輪なので驚きである。

b0362459_21265772.jpg




あぁ……やっぱり写真を見ていても楽しい…。

ただ、去年はポンコツスマホで撮ったのが残念過ぎる。

今年こそはデジカメで心行くまで写真を撮ろう。

早ければあと3ヶ月ちょっとで開花するかもしれない。

花菖蒲の何が良いって種類にもよるけど一般的に普及している品種は比較的丈夫で育成がし易い。

それでいて値段もリーズナブル(\500~\999)で維持費も殆どかからない。

やや湿り気味の環境を好むので乾燥したらたっぷり水を与え、鉢植えの場合は1年に一回の土替えをするだけ。

腰水管理で育成すると更に楽。ただ花は風に弱いので風の強い日はちゃんと保護してあげたほうが良い(特に極大輪

……土替えは開花直後に行うのが一般的らしいが私はまだやっていないという……(小声

だ、だって私は人目につくのが嫌いなんだよ!!!中々出来なかったんだ!!!(言い訳

……こんなずぼらな私でも7~8年前に購入した種類が未だに枯れずに咲いてくれています。

花菖蒲は鬱陶しい梅雨の時期に咲いてくれるので一気に楽しくなりますよ。

b0362459_16281488.jpg

流石に土を替えてあげようと思ったのですが

少し待って全種類芽がちゃんと出たら行う事に。


b0362459_16494969.jpg

2月頃に撮影した梅の花。

まぁ見事にピンぼけしてますが……。

b0362459_16515335.jpg

橋の下にカラスの物と思われる巣。

カラスって真っ黒で可愛いですよね。

飼いならせば言葉は話すし外にいてもずっとついて来るらしいですよ。

b0362459_16534914.jpg

これも2月頃に撮影したニホイシガメのペア。

……私が邪魔してしまい一匹は隠れてしまいました。すみません。


b0362459_16552397.jpg

ニホンイシガメは現在乱獲が心配されている生き物の1種です。

ペット関連の仕事をしていたからよく解かるけど


「 ペット関連の仕事は近いうちに滅ぶと思う 」


どちらかと言うとそうであってほしいという願望なのかもしれない。

勿論、海外の生き物が見れなくなるのは悲しいが、

それ以上に日本固有種が地球上から存在しなくなる事の方がもっと悲しい。










[PR]
by imori343 | 2017-03-05 22:02 | 日常



ふと、自分が書いた花菖蒲関連の記事を読んでいたらまとめたくなったので更新。



b0362459_13592596.jpg


「乙女」

私が花菖蒲を始めた時(多分4~5年前)に購入した品種。

薄く淡い桃色が清純な乙女を連想させる(とか言ってみたかった

かなり丈夫で株分けでよく増えてくれる。

垂れ咲きの三英花で比較的安定して開花してくれる。



b0362459_13592104.jpg


「不知火」

と思われる品種。今まで咲かなかったので存在すらも忘れ去られていた。

当初は乙女だと思っていたが、乙女と比べて違うことに気付く。

垂れ咲きの三英花。乙女と違い桃色が濃く藤色にも見える。

もしかしたら…今までひっそりと咲いていて

ずっと気付かれなかっただけなのかもしれない。



b0362459_08571310.jpg


「愛知の輝き」

去年購入し今年初めて花を見た品種。

花菖蒲とカキツバタの交配種で花菖蒲には珍しい黄色。

この品種は葉の色がやや黄色味がかっているのだが、これはこの種と特徴なのだろうか。

……これで単に肥料不足だったらお恥ずかしい話である。


b0362459_21593459.jpg

「麗月」

と思われる品種(舞姫と混同してしまい今となっては謎のまま)

これも乙女と同じく始めて花菖蒲を購入した際に入手した品種の一つ。

花は中々大きく六英花の平咲き。

この種類も丈夫で私の花菖蒲の中でも比較的安定して開花してくれる種類の一つである。



b0362459_14205323.jpg


「淡路島」

肥後系の垂れ咲きの六英花で極大輪。

色は縁側は赤紫で内側が青紫。そして白い線が見られる。

実はこれも乙女と同じ時期に購入していたが絶やしてしまっていた。

だが、とても印象的だったので去年再び購入し今年の開花に至るわけだが

とにかく花の大きさが大きい。→(http://unknown454.exblog.jp/25917838/)

雨風ですぐに茎が折れてしまったり花が傷ついたりするのでやはり室内観賞向け。



b0362459_05543055.jpg


「友鶴」


純白の三英花。

これもまた去年購入し今年初めて花を見ることができた。

純白の種類は色彩による判別ができないので素人には区別が特に難しい。

そういう意味合いで私のような素人が手にするには少し早すぎたのかもしれない。


b0362459_21500340.jpg


「天女の冠」


花菖蒲の中でも異質な部類に入る品種。

素人でも分かるぐらいに花の形が異質で例えが変だが睡蓮のような形をしている。

そして他の花菖蒲には存在する花粉が存在せず作出過程も不明。

異質尽くめの品種なのだが、花びらは細やかで美しい。

更にこの赤紫と白のコントラストが更に美しさを引き立たせている(とか言ってみたかった




b0362459_05545622.jpg


「薫君」

肥後系の六英花の大輪で平咲き。

これもまた花菖蒲を育成し始めた際に購入した品種の一つ。

私自身、好きな品種なのだが……

張り切って株分けし過ぎた為に今年の花は小ぶりになってしまった。反省……。

今年は株分けせずに株の育成を見守りたい。



b0362459_17470328.jpg



「葦の浮舟」

と思われる品種。これは私が混同させて分からなくなった訳ではない。

私は昇仙峡として購入したのだが

発送時に手違いがあったのか…商品管理が甘かったのか…

どちらかは分からないが、明らかに昇仙峡と違った品種が手元に届いたのである。

そのサイトで取り扱っている品種から割り出した所「葦の浮舟」である可能性が高くなったというわけだ。

今回、残念ながら花の一部が形成されておらず不完全な状態での開花となった。

(写真ではその部分は写っていない)

肥料の与え過ぎが原因か…?

残念ながら写真がないのだが、2回目の開花時には完全な状態で咲いていた。











………こうやってまとめて見るとそんなに種類は咲いていないんだなぁ。

来年は今シーズン咲かなかった「秋の曲」が咲いてくれると嬉しい。

去年購入してまだ花を見たことがない。














[PR]
by imori343 | 2016-07-09 12:23 | 日常



最後の蕾「昇仙峡」が開花しました。

b0362459_17470328.jpg


……ん? いや、これ違うぞ。

これは恐らく販売元が間違ってるな。

最後の最後でガッカリ……。

まぁ美しいには変わりはないが、私は昇仙峡のような細かな色彩が見たかった。

確か……送られてきた時に咲いていたが株は小さく葉は黄色味を帯びており花も今ほどに大きくなかった。

その時から写真とちょっと違うような……と思っていたがやはり違った。

そして販売元の商品を見ていると全く同じ花を咲かせている種類を発見。

花菖蒲には数多くの品種が存在し、私のような素人が判断するのは恐縮なのですが

可能性で考えるならこれは「葦の浮き舟」だと思う。

b0362459_17472546.jpg


別の時間帯に室内で撮影。

b0362459_17472742.jpg


「淡路島」

最初に咲いたのに比べるとやや小ぶり。

b0362459_17472900.jpg


そして問題の「葦の浮き舟(?)」

正直、種類がハッキリと断言できないのはスッキリしない。

b0362459_17473156.jpg


この品種もかなり大きい。

去年送られてきた時は「随分貧弱な株だなぁ……」と思っていたのですが

ここまで大きく育ってくれたことは素直に嬉しい。

ただ

b0362459_17473260.jpg


一部上手く花が形成されなかったようで、開き始めた段階で死滅している箇所がありました。

肥料の与えすぎが花の形を乱してしまうという話がありました。

そして私は確かにこの種類には肥料を与えた。

その結果のようです。反省……。

b0362459_17473578.jpg


これで我が家の花菖蒲の蕾は開花しました。

また花菖蒲の開花は1年後。

今年は微妙な咲き方だった種類を来年は元気な状態で育てたいですね。

来年は「秋の曲」が咲いてくれると嬉しい。







[PR]
by imori343 | 2016-06-21 18:10 | 日常