散歩「カブトムシ!!」

サイクリングに行こうと思ったけど、昼間は嫌なので夜行ってきました。

近くにはクワガタやカブトムシが集まるクヌギの木が数本あるのですが

通ったついでに見てみたら……

b0362459_20364720.jpg



もういました。

20年も前はカブトムシはこの付近ではあまり見かけず、コクワガタ・ノコギリクワガタ・ミヤマクワガタを良く見たのですが

今はカブトムシがいる事が多いですネ……。うーーーむ。

ミヤマクワガタとか特にそうだけど、ケンカに負けてどこかに生息地を替えているのか……。

それとも温暖化で減ってしまったのか……。しばらく見てないので久しぶりに見たい。

勿論、こんな寿命の短い生き物を捕まえて飼おうなんて思っていませんよ。

ましてや、暑さに弱い生き物。飼育には不向きだと思っているし自然化で悠々と生きてほしい。

ただ私は会って、撮影して、逃がしてあげたい。

それだけ。

私の住んでいる県にはタガメが密かに生息しているらしい。

私自身まだ見たことが無く、この目で是非拝んでみたい。

……のだが、

他県からタガメを乱獲する目的で訪れる不届き者も少なからずいるようで。

私も生き物を飼育している上に植物を採取している立場である以上強くは言えませんが

高温・水質悪化に敏感と言われる種類。

育てる覚悟を持っていないなら捕獲せずに見守ってほしい。

見つけた喜びと衝動に駆られて必要以上に捕獲しないでほしい。

私は専門家でもないし通でもないのですが、植物を外で見つけてもすぐに採取しません。

見つけてもまず撮影してそのまま立ち去ります。

そして育成できる場所などがあることを確認してから数ヶ月後に再び訪れるようにしています。

時間を置く事で「見つけた事に対する喜びと衝動」が収まるからです。

そしてこれはもはや動植物採取の鉄則ですが

必要数だけを採取し絶対に採り尽くさない。

これを必ず心がけています。









[PR]
by imori343 | 2016-06-11 21:31 | 日常