日常「エビネ」



b0362459_13491625.jpg

エビネの蕾が完全に開きました。幼少の時は気付かなかったけどとても良い匂いがする。

b0362459_13505568.jpg

そろそろこの場所では少し狭い気がしてきた。

開花期を終えたら花菖蒲同様に株分けとかするべきなのだろうか。


b0362459_13522444.jpg

ホトトギス。念のため書きますが鳥の方じゃないです。

これも同じくエビネと同じ山野草でたまに見かけます。

秋になるとかなりヘンテコで派手な花をつけるのでかなり目立つ。

b0362459_13560473.jpg

葉のこの水玉模様が鳥類のホトトギスの胸元の模様に似ている事からこう呼ばれるようです。

この種類は一概にではないけどかなり湿った崖に生えているイメージが強い。

こう……山の中の年中水が滴るような日陰というか。

あ、因みにこれは野生の物ではなく園芸店にて出回っている種類のようです。

去年の秋に花の写真を撮影していたのにあろうことかブログに書かず写真も削除してしまっている………。

今年はちゃんと撮影します(書くとは言っていない

b0362459_14034229.jpg

マムシグサ……と思っていたらウラシマソウだった。

マムシグサの葉は枝分かれするのに対しウラシマソウは枝分かれしないそうな。

何より決定的なのはウラシマソウの花穂は鞭の様に長く伸びるのに対しマムシグサにはそれがない。

あとマムシグサの方が背丈が高い?

b0362459_14202833.jpg

ウラシマソウの仏炎苞。

どう見てもウツボ●トです。本当にありがとうございます。

b0362459_14230805.jpg

くぱぁ……

b0362459_14234500.jpg

これがウラシマソウ名前の由来でもある花穂から伸びた鞭上のもの。

これが浦島太郎が釣竿を垂らしている姿を連想させた?とされている。

因みにマムシグサ・ウラシマソウどちらも有毒で激しい嘔吐・腹痛に襲われ、

更には心臓麻痺に最悪の場合死亡する。特に根の部分に毒(サポニン)が多く含まれるとされる。

……とある兄貴がこの植物の根を食したらしいがそれはもう言葉では形容し難いとんでもない物だったらしい。

詳しくは「 マムシグサとその仲間は救荒植物の皮を被った破壊神だった 」で検索。



私はそんな事しませんです。そんな勇気ないです(きっぱり


b0362459_14533219.jpg

キショウブもメキメキ大きくなっています。

花をつけると軽く人の身長ぐらいになる。

b0362459_14544106.jpg

蕾があるとここら辺にふくらみが出来るのだがまだ見当たらない。

b0362459_14375219.jpg

ハナミズキ。前に住んでいた家にもあった思い入れのある木。

幼少の時からピンク色のハナミズキに見慣れているからか白色のタイプが未だに見慣れない

……が綺麗に変りはない。

b0362459_14424455.jpg

台湾産のツツジ。

ハナミズキ・ツヅジは私の植物ではないので詳しくは分からないが綺麗だったので。

b0362459_14572784.jpg

名前のわからない花。同じく私の植物でない。

b0362459_14435865.jpg

シバザクラ。

この時期まるで花の絨毯のように地面を埋め尽くすように咲いている花。

もっとも私の家では上手く育たずこのように空しい姿をしているのだが……。

撮影している時は気付かなかったけどカマキリの子供がいる(笑

やっぱりカマキリは可愛いな……オオカマキリの子供?

b0362459_14484785.jpg

今日は天気が良いので屋外で日光浴。日射病が怖いので3分の2は日陰。

数ヶ月したら屋外でこのスタイルで飼育したいけど今はまだ夜間冷えるのでもうしばらくは室内。

b0362459_14505374.jpg

因みに種類はヒガシヘルマンです。ニシじゃない一般的な方。

近づくと餌(甘い物)をくれと言わんばかりに近づく。

もう少ししたらさくらんぼとか桃とか桑の実とか出来るから待ちんさい……。




[PR]
by imori343 | 2018-04-19 14:58 | 日常