日常「遅刻気味の正月」




b0362459_23141943.jpg


大掃除しました!!(遅い

ま、まだ1月だからセーフセーフ。

言うて片付けたのは押入れの中なのですが……。

押入れの要らないものをひたすら捨てまくって徹底的に片付けたからもう散らかる要素がない(断言

片付けていたら色々本とかCDが出てきたので前に作ったウォールシェルフに置いてみたら中々様になって良い感じだった(画像右上の

b0362459_23181767.jpg


……またやってしまった……ウソだろ……。

またツル性植物が3種増えました_(:3 」∠)_

右から「プミラ」「ワイヤープランツ」「シュガーバイン」

最近衝動買いとかしなくなってお金の使い方も大人しくなったと思ってたのにまだまだ自分に甘い所があるな……。

何も考えず買ったわけではなく下調べは既に終えており置くスペースなども大丈夫だったんだけど、

とにかくここ数日だけでお金を使いすぎている。注意しなければ。

全然関係ない話だけど食欲が戻ってきたので今年に入ってようやく餅が食べられた。

久しぶりに食べる餅は美味しかった。ようやく正月が来た感じ(もう終わっています

でも依然調子が悪く下血が続くのでもう一度腹を括って病院行ってきたいと思う。

……大腸ガンじゃなければいいんだけど……(症状が大腸ガンに似ていて正直怖い

b0362459_23274976.jpg


「フィカス・プミラ」

よく見かける種類だが育成はやや難しいとされており土は過度の多湿・乾燥を嫌い、

空気中の湿度は高いほうが調子が良いとされる。

昔アクアテラリウムで使った記憶があるのだが確かに空気中の湿度が高かったからかぐんぐん伸びていた記憶がある。

なので水やりは控えめにし代わりに霧吹きを欠かさず行なうようにしています。

b0362459_23310272.jpg


「ワイヤープランツ」

環境の適応性が広く非常に剛健とされる一般的な種類。

昔職場の花壇に爆発的に増えたワイヤープランツを背負い投げして(!?)片付けた記憶がある。

この時一つ学んだ事は

「ほどほどの量が美しい」

「何でもかんでも多ければ良いという訳ではない」

ということ(2つじゃねぇか!!

この種類は夏場炎天下で水やりを忘れたりしない限り枯れたりしないので安心して育てられる。

b0362459_23370825.jpg


「シュガーバイン」

葉の裏に甘い樹液を付けることからsuger(砂糖)vine(ツタ)と呼ばれる。

日本では2006年に商品登録されたばかりの観葉植物らしく、

正直今回の買い物でこの種類が一番の収穫。

小さな五枚の葉が可愛らしい種類だが明るい日陰であれば育ち耐寒性も強いらしい。

反面、夏の暑さと蒸れには弱いようなので夏場になったら様子を見ながら涼しい室内に移動するように心がけたい。



この3種ともやや距離のあるものの遮るものの無い蛍光灯の下で育っており、

窓が近くにあるところから数時間程度光が差し込むような環境で育っていた。

なのである程度光への耐性が出来ていると見た。

なので現在午後の光が差し込む棚で蛍光灯を付けた状態で管理しています。

プミラが唯一葉の一部に茶色く変色しているのが気がかりですが他の2種は大丈夫そう。

この茶色い部分の広まり方に注意しながら観察したい。

b0362459_23503943.jpg


購入して約1週間が経過したフィカス・ベンジャミン ”バロック” とコーヒーの木。

あれからどちらも僅かではあるが葉が茶色に変色している部分が見受けられる。

水が足りないのか。光が足りないのか。あるいは両方か。

そろそろこの環境にも馴染んできたと思うので葉の状態を注意深く観察しながら日中少しだけ光を当てるようにしています。

水やりもやり過ぎてはいけないと思っていたらドラセナ・デレメンシス ”アオワーネッキー” の葉が2枚痛んでしまった……。

これは悲しい。

恐らく水が足りなかった。そこにカーテン越しの光が当たり萎れてしまったように感じた。

水の与えすぎは厳禁とは言え必要である。私も種類ごとに水の量や頻度に気を配れるようにならなければ。

悪いことばかりではなく前に袋を被せたモンステラ ”フリードリヒスターリー” の新芽が少し成長した。というより早まった。

袋に入れた事により空気中の湿度がぐんと上がったのが良かったのか、はたまた密閉することで温度が少し高まったのが良かったのか。

真相は不明だが嬉しい。同じく袋に入れたカラテア・マコヤナも心なしか少し元気なようにも見える。

b0362459_23595120.jpg


ポトス ”ライムグリーン”も少し明るい所に出してます。

ライムグリーンは葉を切るまでに至っていないがこちらも少し葉の一部が茶色に変色しているので注意したい。

……乾燥を意識し過ぎただろうか?どうにも乾燥系は苦手である。

b0362459_00103461.jpg

外のビオトープの一角に生えていたイノモトソウを鉢に植えてみた。

イノモトソウはごく普通に見られるシダの仲間で主に山に生えるが下手すれば街中でも見かける事もある。

「こんな雑草を何故わざわざ育てるの?」と言われそうだが、

私は”そこら辺に生える=観賞価値がない”という固定観で捉えず自分が綺麗と思えるかどうかで判断している。

個人的にこのヒョロッとした茎に葉が垂れ下がる姿は好き。

根元に葉が無いので苔との相性が良いし(好む光量・湿度も似ている)苔玉にしても良さそう。





しかしゲーム記事を書いたと思ったら観葉植物の記事を書いたり、

かと思ったら突然に毒蟲の記事を書いたりと変なブログだなと自分でも思う(笑

他の人のブログって見ないから分からないけどあんまりこういうブログ無いんじゃないかなぁ(笑






# by imori343 | 2019-01-18 00:20 | 日常