少しご無沙汰です。

今回ゲームに関係ない話なのですが冒頭で少しだけゲームの話。





ふし幻がセールをした影響で何やら新規さんが増えた見たいで何より。

このセールがきっかけで東方Projectやふし幻を初めとした二次創作ゲーを好きになってほしいものです。

これでふし幻ユーザーが増えて次回作の売れ行きに繋がれば言うまでもなく素晴らしいこと。

……ふし幻に限らず皆は「にわか」「キッズ」「新参」というワードを見ると超反射的に虫唾ダッシュするかもしれない。

だけど、長い目で見れば未来の東方Projectを支えるユーザーの一員だぜ?

なんでもそうだけど1日でガチ勢なんて出来ない。

物事を短絡的かつ排他的に見ずにもうちょっと長い目で見るべきなんだと思うんだなー。

↑お前が言うか……(呆れ

「そんじゃ聞くけどおまえいつまでにわかでいるつもりなの?」って言われたらぐぅの音も出んけどなwww

……自問自答で死にそうになった……話題をセールの話に戻そう。


で、セール影響か昨日の来場者数とアクセス数がやたら多くて久しぶりにブログジャンルで3位になってた。わはー。

あんまりランキングとかこだわらないんだけど実際上がっていると嬉しい。

このブログはふし幻専用みたいな感じになっていて、

今見たらふし幻のジャンルの記事は他の記事の40~70倍のアクセス数があった(1ヵ月あたり

今でこれだからな……何かもう自分泣いていいすかwww(草生やすなや

1年前の発売して間もない頃とか来場者数が結構多かったからもっとヤバかったと思う。

(昨日の3位の順位の2倍以上の来場者数だったと記憶している)

さてさて、私のふし幻は最近どうなっているのか?と言いますと……素潜りばっかりです(笑

正直素潜り以外の事もやりたいけど融合装備も良いネタが上がってこない…という状態で更新がやや停滞中。

とは言えTODの追加要素を加えてここまで遊べるのだから十分だと思う。

……まぁ欲を言えば高難易度ダンジョンが新しく欲しかったというのが正直な所ではあるが……。

(亜空間・はじまりとかの強化版とかルナラビなどの別バージョンとか)

TODやったことなくてTODRが初めてという人はまぁ結構長い間遊べると思う。やり込み要素あってオススメです。

序盤は仕組みを理解出来なくて「敵が強すぎ弱体化しろ」と言いたくなるかもしれませんが、

最終的に皆のやり込み要素を殺し自分の首を絞めるなりかねないのでグッと我慢して鍛錬し知識を蓄えた方が楽しくなると思う。

(まぁもうTODRの調整はやりまくって完成している状態だろうししないと思うけども…)

新規の皆様、よい旅を。

私も何かあればまたふし幻記事も書いていきます。




さてこっからふし幻関係ない記事。

タイトルにあるとおり今年も桑の葉茶を作りました。


b0362459_21142065.jpg


葉だけを回収し洗ったら次に天日干しを行う。

今回量が多かったので使わないタンスに入れて網をかぶせて乾燥させました。

写真のものは実は全体の半分。張り切りました。

b0362459_21142250.jpg

少量をボールに入れて砕く。

乾燥していると簡単に崩れ落ちるので素手でおk。

b0362459_21142783.jpg


次にフライパンで炒る。必ず鉄製のフライパンで炒ること。

(テフロン製のフライパンで空焚きすると有害ガスを発する恐れがある)

炒る事でで余計な水分が飛び保存時にカビが生えにくくなり香ばしさが生まれる。

ただ今回私は香ばしさよりも桑の風味を重視したかったので少し炒る時間を短くしました。

b0362459_21142959.jpg


炒った直後の物。3割4割茶色になるぐらいに留めました。

b0362459_21143160.jpg


これで完成です。

荒熱を取ったらしっかり密閉出来る容器に乾燥剤を入れて保存します。

b0362459_21143779.jpg


完成です。感想としては非常に美味しい(横は庭で取れたさくらんぼ

桑はカルシウム・鉄分・マグネシウム・カリウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC等に優れるとされ、

糖尿病の予防・食後の血糖値上昇抑制・高血圧改善・腸内環境の改善・肝臓腎臓の機能を整えたりと非常に体に良い事で知られている。

特にデオキシノジリマイシンという桑の葉特有のイミノ糖の一種が含まれているらしい。

成分や効能はまだ書ききれていないので気になる方はコチラ(https://naruhodo-aojiru.com/yasaibusokukaishou/kuwanoha/

……全然関係ない話だけど上のリンクのイラストが可愛い。
↑せやなー

どっかで見たことあると思ったら「何でも言う事を聞いてくれるア●ネチャン」にちょっと似てる(笑
↑わかるー(明察

.........ん?今何でもって.......

b0362459_21144006.jpg


ついでに見た目がクソ不味そうなプリン。わいが作った。

不味そうというか気持ち悪い(直球

普通にカップから出さなければ美味しそうだったんだけど

プリンは逆さまの状態で皿に出すのが礼儀。よってバケツプリンは邪道。

b0362459_21144295.jpg


実際はむちゃくちゃ美味かった(自画自賛

本体・カラメルの砂糖の分量を減らして甘みを削り、

更にカラメルを少しだけ苦味の出るところまで焦がしたのが功を奏したようだ。

更に更にアクを取り除いて茶こしを通したので舌触りも滑らか。

これは蒸したプリンで焼きプリン(カスタードプリン)ではない。

今度はカスタードプリンを作ってみたいものだ。

b0362459_21240729.jpg


外を歩いていると何やら凄く目立つサギを見かけたので思わず撮影。

鳥類はそんなに詳しくないけど日本にこんな羽のサギっている?

調べてみると繁殖期に現れる飾り羽と呼ばれるものらしい。

……ただこの画像では種類がよく分からない。

b0362459_21255809.jpg


少し移動し近づいて撮影。目の下は緑っぽい。そして脚は黒。

特徴的に繁殖期を迎えたダイサギ…なのだろうか?

うーーーん。わからん!!!

b0362459_21293150.jpg


同じく散歩している時に見つけたカワトンボ。

ハグロトンボは頻繁に見かけるけどこの種類は滅多に見ない。

(とは言えハグロも昔に比べるとかなり減った)

b0362459_21314899.jpg


後で調べたところ特徴的にミヤマカワトンボ?

ミヤマカワトンボはカワトンボの中でも特に大きいらしいがそこまで大きく感じなかったが……?

b0362459_21345436.jpg


トンボと言えばこのビオトープにヤゴをチラホラ見かけるんだけど種類は何なのだろう?

また今度見つけたら調べてみようと思う。

b0362459_21365561.jpg

キショウブが時期を迎え咲き乱れています。

花菖蒲に比べると一つの株から何度も花を咲かすので長く楽しめる。

この花にハエやハムシが来たりそれを狙ってササグモが来たりと賑わっている。

b0362459_21425350.jpg

毎年のようにどこからかやって来るトノサマガエル。

ただ見る個体はいつも写真ぐらいの若い個体ばかりで大型の個体は来ない。

と言う事はおそらく毎年違う個体がここに来ているのだと思う。

因みにこれ以上小さい個体も見ない。



花菖蒲の事も書こうと思ったけど写真が無かったので今日はここまで。






おまけ

b0362459_21525448.jpg

嘘だろって言われそうだからスクショ撮ってきた。

言うて週間じゃなくて一日のランキングだけどなー。

皆知らないだろうけどふしげん発売してから数ヶ月にわたって週間3位だったんだぜ!!(隙あらば何とやら




[PR]
by imori343 | 2018-05-14 21:44 | 日常

日常「エビネ」



b0362459_13491625.jpg

エビネの蕾が完全に開きました。幼少の時は気付かなかったけどとても良い匂いがする。

b0362459_13505568.jpg

そろそろこの場所では少し狭い気がしてきた。

開花期を終えたら花菖蒲同様に株分けとかするべきなのだろうか。


b0362459_13522444.jpg

ホトトギス。念のため書きますが鳥の方じゃないです。

これも同じくエビネと同じ山野草でたまに見かけます。

秋になるとかなりヘンテコで派手な花をつけるのでかなり目立つ。

b0362459_13560473.jpg

葉のこの水玉模様が鳥類のホトトギスの胸元の模様に似ている事からこう呼ばれるようです。

この種類は一概にではないけどかなり湿った崖に生えているイメージが強い。

こう……山の中の年中水が滴るような日陰というか。

あ、因みにこれは野生の物ではなく園芸店にて出回っている種類のようです。

去年の秋に花の写真を撮影していたのにあろうことかブログに書かず写真も削除してしまっている………。

今年はちゃんと撮影します(書くとは言っていない

b0362459_14533219.jpg

キショウブもメキメキ大きくなっています。

花をつけると軽く人の身長ぐらいになる。

b0362459_14544106.jpg

蕾があるとここら辺にふくらみが出来るのだがまだ見当たらない。

b0362459_14375219.jpg

ハナミズキ。前に住んでいた家にもあった思い入れのある木。

幼少の時からピンク色のハナミズキに見慣れているからか白色のタイプが未だに見慣れない

……が綺麗に変りはない。

b0362459_14424455.jpg

台湾産のツツジ。

ハナミズキ・ツヅジは私の植物ではないので詳しくは分からないが綺麗だったので。

b0362459_14572784.jpg

名前のわからない花。同じく私の植物でない。

b0362459_14435865.jpg

シバザクラ。

この時期まるで花の絨毯のように地面を埋め尽くすように咲いている花。

もっとも私の家では上手く育たずこのように空しい姿をしているのだが……。

撮影している時は気付かなかったけどカマキリの子供がいる(笑

やっぱりカマキリは可愛いな……オオカマキリの子供?

b0362459_14484785.jpg

今日は天気が良いので屋外で日光浴。日射病が怖いので3分の2は日陰。

数ヶ月したら屋外でこのスタイルで飼育したいけど今はまだ夜間冷えるのでもうしばらくは室内。

b0362459_14505374.jpg

因みに種類はヒガシヘルマンです。ニシじゃない一般的な方。

近づくと餌(甘い物)をくれと言わんばかりに近づく。

もう少ししたらさくらんぼとか桃とか桑の実とか出来るから待ちんさい……。




[PR]
by imori343 | 2018-04-19 14:58 | 日常

日常「花見」


b0362459_19462753.jpg


3月頃の写真。とあるダムの近くの桜を見てきました。

人の多いところは苦手なので花見は近くの人気のない公園などで

ひっそりと見ているのですが今回は珍しく人のいる場所へ。

新しい景色はやはり見ていて楽しい。

何気に気に入っている写真。MMDに使えそう。

b0362459_19492045.jpg


沢山の桜の木がある中とりわけ目立っていたのがこの桜の木。

他の木に比べ背丈が高く大きい。幹も年期が入っているように思えた。

ただ、通り道になく柵を超えた先にあるので見に行くのが大変。

b0362459_19520379.jpg


大きい。何という種類の桜なのだろう?

一般的なソメイヨシノ?本当に綺麗な木だった。

またここに来る機会があればこの桜の木の様子を見たい。

b0362459_19571024.jpg


沢山桜の木が密集しているにも係わらず降りる道が険しいので人が居ない穴場的スポット。

近くで見る桜は大きくなりすぎると電線などに接触するからかある程度育つと切られてしまうが、

この場所にある桜はそれぞれの木がのびのびと育っているのがよく分かる。

b0362459_19543708.jpg


勿論近くの桜の木も見てきました。

ただやはりこうして比べると一枚目の写真の桜は本当に大きく素晴らしい…。

b0362459_20000064.jpg


ただこの時は満開ではありませんでした。

これでは飽き足らず夜桜も見てきました。

b0362459_20004977.jpg


よ…ざく…ら?

真っ暗じゃねぇかww怖ぇえよwww

↑何言ってるんだ撮影の為に電気つけただけで普段ライトはつけないゾ。

いやー私は真っ暗の方が周りに見られないから好きなんだこれが。

でもそろそろ前みたいにマムシが足元にいるかもしれないから夜は気をつけないとな…。

b0362459_20081865.jpg


ビオトープも青々としてきました。

TOKIO兄貴の屋上のビオトープ完成を楽しみに見ています(鉄腕DASH

b0362459_20134097.jpg


兄貴たちは生き物を呼ぶために作ろうとしているわけですが実際に本当に生き物は来るのか?

結論、来ます………猫とかが水を飲みに(笑

野生の動物で言えばキジバトが水を飲みに来たりイトトンボが卵を産んでたりする。

またある時はタイコウチが飛んできたりトノサマガエルが毎年のように夏になると住み着いていたり……。

ニホンカナヘビが警戒もせずにシダの上でぐっすり眠っているのを見るとホッとする(しかも複数

そんな感じで中々楽しいです。庭弄りが好きな人(このブログではいないだろうけど…)は是非。

b0362459_20141990.jpg


花菖蒲の所に入れた覚えのないセリと思われる水生植物があったのでこちらにも入れてみた。

何かに紛れてやってきたのか……はたまた虫や鳥が種を運んできたのか……。

b0362459_20173298.jpg


入れ物がプラスチックではなく陶器なので温度の急激な変化を抑える効果がある。

……のだがそれにしても水量がやや少ないので夏場が心配。

キショウブの開花時期が終ったら一度泥を減らしたいと思っている。

b0362459_20211322.jpg


1年前に気まぐれで作ったビバリウム。

何でこんな気まぐれでテキトーに作ったのがこんなに青々してるんだと言いたい。

1年前(https://unknown454.exblog.jp/26863260/

b0362459_20235024.jpg


入れた覚えも無いのにクラマゴケ(?)とコツボゴケ(?)と思しき植物がある。その他諸々。

景観が崩れるようであれば引き抜きたいですが今はこのままで。

実はサワガニがいるんだけど普段は中央の穴に隠れており主に夜間活動している模様。

b0362459_20270949.jpg


エビネが今年も咲いた。とは言えまだ完全に咲ききっていない。

去年よりも15日近く咲くのが早い。いや、去年は咲くのが遅すぎたのか。





春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
by imori343 | 2018-04-15 20:30 | 日常


b0362459_14572450.jpg


かなり凄い勢いで成長中。

この鉢は恐らく「不知火」「乙女」が大半を占めており早ければ6月の初めにでも咲くはず。

毎年この時期が楽しみ。

b0362459_15010964.jpg


幹之メダカ達は室内から屋外のビオトープへ。

やっぱり幹之は上から眺めるのが一番適していると思う。

b0362459_15041267.jpg


暖かくなりヘルマンリクガメも冬眠から目覚めた。というか起きる気配が無かったから起こした。

何気に今回初めて冬眠したわけですが餌ももりもり食べている所からとりあえず一安心。

次の冬眠入る前はちゃんと餌に気を使って早めに寝かせてあげようと思う。今年は冬眠に入るのが遅すぎた。


b0362459_15105757.jpg


この異様に触覚の長いこの虫は一体何者なのだろうか?

自身の2倍近くにもなる触覚は浮遊している際にとてもよく目立つ。

その割に私は見たことがなく初めて見る。

b0362459_15122795.jpg


調べてみるとチョウ目ヒゲナガガ科の「クロハネシロヒゲナガ」っぽい?

子供の頃「日本にいる生き物は地味だ」と思っていたけどもよく見ると面白い生き物がいる事に気付く。






[PR]
by imori343 | 2018-04-08 15:16 | 日常

日常「春の陽気」




※ゲームに全く関係ない話です。



3月中旬。寒い日もありますが随分暖かくなってきました。

b0362459_22221292.jpg


まだ名前を知らない梅の花。

この前山の近くをふらりと放浪していたら見つけた。とても良い匂い。

色は中心の花弁が黄色っぽくまるで水仙の花のよう。

花と言えば。

冬場は特にやることがないので放置していた花菖蒲を見に行ったら

b0362459_22253114.jpg


随分と芽が出てきていました。

恥ずかしい話ですが去年の秋ごろに枯れた葉をそのままにした為、

今の今まで芽の状態を確認できていませんでした。

(枯れた葉をすぐに摘むと球根か乾燥するとかという話をどこかでみた。真偽は分からない)

この種類混合の鉢が妙に成長が早いのだが……土の量が多いからだろうか?

種類によって咲くタイミングに若干のズレがあるから何とも言えない……。

b0362459_22414289.jpg


種別の鉢。上の段の奥「愛知の輝き」を除いてやはり成長はワンテンポ遅め。

「愛知の輝き」はカキツバタとのハイブリットなので葉を出すタイミングが少し早いのかもしれません。

b0362459_14410055.jpg


この鉢の去年の6月11日の状態(お、ちえりんの誕生日や

……うん、なるほど。

この鉢はバリバリ序盤に咲く種類ばっかりだわ(笑

まず左側の濃い桃色の「不知火」が真っ先に咲き始め少し遅れて右側の「乙女」が咲き始める。

(よく見たら不知火の後ろに「有間川」の蕾がある)

とりあえずこの鉢の株の成長が早いのは納得。

今年も非常に楽しみ。

b0362459_22390472.jpg


暖かくなってビオトープも青々としてきた。

花菖蒲もだけどキショウブも楽しみ。

(画面上にある濃い緑色の細長い葉)

b0362459_22442591.jpg


キショウブは野生でも見かける水生植物で要注意外来生物。

元々は西アジア・ヨーローッパが原産の帰化種で育成自体は禁止されていないが今後の経過の観察が必要な種類。

(県によって育成可否は異なるので育成する際は調べたほうが無難)

b0362459_18000081.jpg


去年の5月9日ぐらいに撮影したもの。

花菖蒲に比べると背丈は大きいのだが花は一回り小さく花菖蒲には本来はない黄色をしている。

このキショウブと掛け合わせたのが少し前にお話した「愛知の輝き」だそうで、

花菖蒲に本来はない黄色の花を咲かすのです。

b0362459_18094558.jpg

同じく去年の写真。花の大きさに対し背丈が凄く高い。

この時期になるとビオトープ回りはこんなに青々としているのか……。

b0362459_22573972.jpg


去年の5月に比べると今の時期はまだ植物の種類が少ないですが、

ユキノシタがその隙間を埋めてくれています。

この種類にはいつも感謝している。

b0362459_22590583.jpg


セキショウの根元にはホウオウゴケの一種と思われる種類が元気にしています。

名前だけ聞く凄く煌びやかだが見た目は……個人的にはヒノキゴケの方が綺麗だと思う(笑

b0362459_23013565.jpg


反対側は全く違うコケが生えておりツボゴケのような種類と見難いがスギゴケのような種類が育っている。

面白いことにこの種類がどういう過程でここに来たのかが分からない(笑

種類もハッキリとわからない。

というかそもそもコケの種類の判別は非常に難しいので

今までに紹介したコケも合っているかどうか分からない(爆

b0362459_23051777.jpg


睡蓮のビオトープ。

こちらは随分と空しい状態。

b0362459_18295737.jpg

去年の5月ぐらいの写真。

チドメグサと思われる種類が生き生きとしておりキショウブが蕾を付けている。

今こうして見るとチドメグサというよりウォーターマッシュルームみたい。

b0362459_23095068.jpg

今の時期でも変わらずコツボゴケと思われるコケが青々としています。

そういう意味でコケは時期を問わず青々としている種類が多い(と思う)から便利。

この種類は水気の多い場所に自生している事が多いです。室内では間延びしてちょっと難しいかも……?

あ、コツボゴケと言えば

b0362459_23152805.jpg


山道の水の滴る崖で見つけたコツボゴケらしきコケの大群。

比較的よく見かける種類ではあるがこれほどの大群を見たのは初めて。正直驚いた。

b0362459_23174376.jpg


拡大。

竹の枯れ葉が邪魔してしまっているが美しい。

b0362459_23184245.jpg


更に拡大。

我が家にあるコケがコツボだとするとこのコケは少し大きいような?

もしかしたら別の種類なのかもしれない。

b0362459_23220476.jpg


川の近くのコケの大群。

こういう風景を見ると写真を撮らずにはいられない。

遠すぎて種類は不明。

b0362459_23231387.jpg


川の近くのコケの大群その2。

人によっては「何にもない退屈な場所」と言われるかもしれないけど私はそうは思わない。

b0362459_23250850.jpg

川の近くのコケの大群その3。

中央やや左上の岩が顔……というか生首に見える(笑

一昔前だったら騒いでただろうな(笑

b0362459_00523698.jpg

画像を縮小したらもっとそれっぽく見える?(笑)

でも今の時代合成で何でも作れる時代。なんというかなぁ。

例えるなら

「朝日で目が覚めて窓を開けたら清々しい青い空でとても気持ちが良い!!」

……と思ったら実は全部超高性能なホログラムで作られた風景で、

実際は機械で埋め尽くされた窓一つない建物でしたみたいな感覚?

たとえ『事実』が虚構でも『感情』を反応させれば勝ちみたいな。

霊に限らず神も仏もそんな感じなんじゃないかなと勝手に思ってる。


ただ、それらを「悪」だとは言わない。



そもそも皆は考えたことない?

1000年も昔なんて今に比べて食べ物も医療も生活に必要とされる様々な物が無い時代。

今よりも遥かに想像も出来ないような理不尽な死があったはずの時代に子ども作ろうと思う?

現代の生存率の高さを持ってしても精神は病む時代なのにこんな時代だったら……

子供作る以前にそもそも正常に生きていられるかどうかさえも怪しい。

もっとも今と昔を比べられるから疑えるんだろと言われればそれまでだが。

……いやだったら尚更だ。

どうして遥か昔よりも良い生活を手に入れたと分かっているはずなのに心の病は減る所か増えるのか?

昔の人間が強かったから?現代人の弱体化?

それは「強い」「弱い」ではなく、

「救われているか」「救われていないか」の違いではないかと私は思う。


近代化に伴い衰退した「神への信仰」


冒頭でも話した例え「事実」が虚構でも「感情」が反応すればそれでいい。

例え神がいなくても昔の人達は一途に信じていたから心が救われていた。

科学が発展した現代においてそれらが通用しなくなったんだと思う。

皆が皆ではないとは思うけど少なくとも私には全く通用しない。

私の感じている違和感が正しければ数百年単位で発生する大きな時代の転換点にいるのかもしれない。



次に人に繁栄をもたらすものは果たして何なのだろうか?



………という私の妄想(笑)

馬鹿の自論です(笑)わーい今日もいい天気だな(白目)

b0362459_00411010.jpg

話を散歩に戻し、ノキシノブらしいシダが生えた樹木。

こういう木を見ていると私よりも遥か昔から今日まで生きてきたのかとと想いを馳せる。

b0362459_00451752.jpg

そういえば少し前に海にも行ってました。

海の香りが薄くて実感が湧き辛かったんだけども。

b0362459_00462246.jpg

カモメやら鵜やらが大量に群がっていた。

海は嫌いじゃないんだけどやっぱ人目が気になるなぁ……。









[PR]
by imori343 | 2018-03-18 00:49 | 日常



あんまりゲームネタ以外の事を書くと怒られそうなので花菖蒲ネタは書かなかったのですが、

個人的にとても良い写真が撮れたのでついつい更新。

b0362459_22182544.jpg


花菖蒲の中でもイレギュラーな品種「天女の冠」です。

室内でカメラ設定を暗めにして撮影。

b0362459_22282208.jpg


少し明るめ。

この花びらの形状も他の品種に比べかなり異質な形状でこれだけでも凄いのだが、

本来あるはずの花粉がこの品種には何故か存在せず作出者も作出過程も不明となっている謎の多い花菖蒲。

個人的に好きな花菖蒲で今年も咲いてくれたのでニコニコしながら眺めていたのですが、

数日前の強風と大雨でボッキリとへし折れた……うぐっ

ただでさえこの品種は


・咲いている時間が短い(気がする)

・他の品種のように一つの蕾から何回も咲かない(気がする)

・蕾が2つしかなかった


というのに……。


b0362459_22303402.jpg


もう一つの特徴として茎・葉が他の品種に比べて細長い(多分

それ故雨風に弱いのも納得である。正直もっと早く非難させればよかったと反省。

折角咲いてくれたので切って仏壇に上げておきました。

b0362459_22321050.jpg


明るい所で見るとこんな感じ。

どういう過程でこんな形状になったんでしょうね……。

残念ながら今年はこれで天女の冠は見納めとなってしまいましたが、

来年までにしっかり育つようにサボらず土替えしたいと思います。

b0362459_22352977.jpg


雨風が当らない所へ非難。

折れた花や葉を切るついでに枯れ葉も除去したのでとてもスッキリしています。

b0362459_22403766.jpg


ササグモのペア(下が♂で上が♀

オスが必死に怒っています(笑)最初に発見した時からずっと花菖蒲の所に住みついており、

人によっては殺すかもしれない(私には想像できないけど……)が私はそのままそっとしている。


b0362459_22434342.jpg


我が家にある品種で天女の冠と並んでお気に入りの品種「淡路島」も咲いてくれました。

この品種は肥後系なのでまぁ花が大きく豪華!!!!

一般的に江戸系・伊勢系・肥後系と三種類がありますが、私のような素人だと大きくて豪華な肥後系を選んでしまうなぁ……。

b0362459_22490493.jpg


全体。もう風でへし折られるのが嫌なので室内で眺めています。

天女の冠に比べると明らかに茎が太短く花も大きいのでどっしりとしていますね。

今年はこの鉢で6つ蕾をつけてくれたのであと11~12回ぐらいは咲いてくれると思います。

b0362459_22531977.jpg


去年は咲いてくれなかった古株睡蓮ですが、今年は見事に咲いてくれました!!!

よかったぁ……

b0362459_22531916.jpg


温帯睡蓮という名称で購入した品種で名称は不明。

正直な事を言うとちゃんと名称がある品種を買いたかったが、

かれこれ7~8年以上育成しているので思い入れが強い。

b0362459_22532056.jpg


うん、綺麗。

まぁ名称が無くても綺麗なのは変わり無い。

………何か画面の向こう側で「花菖蒲とか睡蓮とか熱心に育ててるけどおっさんなの?」

とか言われてそうなので弁論しておくけど決しておっさんじゃないからね?(震え

b0362459_23060132.jpg



あーあ……これどうすんだよ(白目

遂にヤナギモが水面を覆いつくしたぞおい……。





[PR]
by imori343 | 2017-06-26 23:07 | 日常




雨の日を楽しませてくれるのがこのビオトープである。


b0362459_17432293.jpg



設置して4~5年ぐらい経過するビオトープである。

これでもかという位に植物が増えて生き生きとしており

常に何かが潜んでいそうなジャングル状態。



b0362459_18113934.jpg


特にこの前面に設けたスペースに植えてあるセキショウの存在感が結構大きい。

逆を言えばこれを間引くだけでも結構全体の雰囲気が変わりそう。

b0362459_18132143.jpg


水槽内で繁殖していたヤナギモをビオトープに植えてみました。

(細長い透明の水草)

この種類以外と強いみたいで水草水槽の基礎さえ守っていれば枯れるような事はないようだ。

左側をよく見るとヒメタニシがいる。このビオトープで繁殖してくれるだろうか。

b0362459_18154804.jpg


ビオトープから少し離れた所のエビネ。

前回は鉢植えでしたが去年地植えしてみました。

(とか言ってまた鉢に戻す気なんだけど……)

b0362459_18155210.jpg


真紅が美しい山野草。

エビネを見ると幼い時を思い出す。

b0362459_18224452.jpg


クレマチスも同様に昔を思い出す。

あ、クレマチスは私の植物ではありません。

b0362459_18235577.jpg


クレマチスの花で獲物を待つクモ。

種類は分からない。

b0362459_18362497.jpg


また私の管理していない植物。

何が飛んでいるのかと思えば……

b0362459_18370238.jpg


ミツバチでした。

ニホンミツバチなのかセイヨウミツバチなのかは不明。

b0362459_18245380.jpg


餌の野草を採りに川の近くへ行った時に見つけた昆虫。

カワゲラにしては一際大きく目立ったので撮影してみた。

b0362459_18254232.jpg


調べて見るとオオヤマカワゲラという種類らしい。

口は退化しており吸水程度しかできないらしい。要は繁殖する事だけを目的としているという事だろう。


話をビオトープに戻して




b0362459_18295737.jpg


睡蓮のビオトープ。

こちらではチドメグサとコツボゴケ(?)が元気に育っている。

b0362459_18315001.jpg



去年は何故か咲いてくれなかった睡蓮。

あまり深く埋めすぎると株元に日光が当らず花を咲かせないという話を見かけたので、

今回は株の位置を意識しながら植えたのだが今年はちゃんと咲いてくれるだろうか……。




b0362459_18342989.jpg


私が育てているハナショウブも概ね順調です。

……一種類「秋の曲」だけが少し拗ねているみたいでやや調子が悪いように見える。

この種類は購入してまだ花を見ていないので絶対に枯れないでほしい……。







[PR]
by imori343 | 2017-05-09 18:40 | 日常


前回の続き?

何やら画像が多く長くなったので一旦区切る事に。

b0362459_22515670.jpg


去年、私はこの時期あまり出かけませんでしたが今年は少しばかり余裕があったので頻繁に外に出かけてみました。

それでも数日前とか昨日とか調子悪かったけどねー(苦笑)

話を戻して個人的にお気に入りの一枚。

MMDに使えそうなので活用したいと考えているがイマイチ良いポーズが思い浮かばない……。

そうこうしている内に桜の時期が終るってオチが見える。

b0362459_22554965.jpg


縦ver。何となく夕暮れを見ているとsupercellのラインを思い出す。

ここが昔通ってた小中学校の通学路の近くだから尚更思い出すのよなー。

supercellと言えばメルトやワールドイズマインが有名だが個人的にラインが一番好きだったりする。

あの頃に戻りたいかと言うと戻りたくないような戻りたいような……。

b0362459_23021078.jpg


今日撮った一枚。やはり夕暮れ時。

夜桜も楽しみました。夜は人がいないから好都合なのです。

b0362459_23033685.jpg


こちらも今日撮った一枚。

これもMMDに使えそうだがモデルとの距離が遠くなりそうな一枚で使い辛いか……?

b0362459_00091956.jpg



本当は昼間に写真撮りたいけど何故かタイミングを逃す私。


b0362459_00095932.jpg


この花は時々見るけどこれはカンヒザクラで合っているのだろうか?

物凄い色をしているので一際目立つ。

b0362459_00134811.jpg


最近めっきり見る機会が減ったような気がするミノムシが。

何やら外来種のハエによって数が減って何と絶滅危惧種に指定されているなんて話があって驚きを隠せなかった。

b0362459_00164526.jpg


花菖蒲の芽も伸びてきました。

ただ土を替えるのが遅かった品種は明らかに成長が遅い……(小声

はい、すみません、ちゃんと秋になったらちゃんと土替えするようにします(反省


b0362459_00175676.jpg



ヘルマンリクガメ。

天気の良い日は必ず外に出して日光浴させてます。


b0362459_23065069.jpg


春の陽気に当てられてビオトープの植物も元気になってきました。

???「春ですよ~」

b0362459_23075588.jpg


今年もセキショウ(手前の細長い葉)が元気に育っています。

かなり丈夫でビオトープにはもってこいの植物ですね。


b0362459_23104867.jpg


植えたわけではないがいつの間にか咲いていたスミレの一種と思われる植物。

足元にあるのでうっかり踏んでしまわないように気を付けなければ。

全然関係ないけど「すみれ」ってなんか凄く可愛い名前だよね。

キャラの名前が「すみれ」の時点で萌え確定だよね(持論

紫髪キャラにグッとくるのはわいだけなのか.……。

b0362459_23183539.jpg

マクロス全然知らないのにこの美雲・ギンヌメールさんのフィギュアアーツに一目惚れして予約しようか小一時間悩んでたわ。

もう発売日近いんだなぁ……(ボソッ

恐らく、 紫髪=萌え の元凶原点はおんぷちゃんなんだと私は気付いてしまった。




つまりまとめると……















b0362459_23275548.jpg

アイカツのすみれちゃんがくっそ可愛いということでおk?

※うp主はアイカツ全く知りません。

話を戻そう。


b0362459_23432631.jpg


ユキノシタ。

このビオトープを立ち上げた時から活躍している植物である。

元々湿った半日陰の場所に自生するのでやや日当りの悪いこのビオトープには相性がよかった……今までは。

だが、状況が変わり日当たりが良くなってしまったためにユキノシタにとってはやや住みづらい環境になってしまったのだが、

それでもブロック塀側の日陰で今日も頑張って育っている。

冬場でも青々としているのはメリットだが、夏場やや色がわるくなるのが難点だろうか。

b0362459_23493878.jpg


オオイタチシダ(?)

これもビオトープを立ち上げてすぐに導入した植物ですっかり環境に馴染んで今年も新芽をにょきにょきと出している。

かなり大型でビオトープの概観を崩している気もしなくもないが……(笑

それでもせっかくなので抜かずにそのままにしてます。

b0362459_23524672.jpg


睡蓮のビオトープ。

毎年綺麗な花を見せてくれる睡蓮なのだが去年は何故かあまり咲いてくれなかった。
 
おそらく株を傷つけてしまった or 深く埋めすぎた のどちらかが原因だと思っている。

b0362459_23575145.jpg


一見するとただの水溜りだがこのビオトープはすんげぇ。

何が凄いって微生物の量が尋常ではなく、偶然条件が重なり合って生まれた結果なのだろう……。

……確かこのビオトープは泥がなかったからテキトーにそこら辺の土を入れて放置してただけなんだが(苦笑

それに加えて水の量が少なく照射時間が長い分水温が高くなりやすかったのもあるかもしれない。

ただ、夏場は増殖し過ぎによる酸欠&水温上昇による酸欠で全滅しかねないので他のビオトープにも分けておきました。


そしてビオトープの水をこの水槽に入れればアカヒレに栄養価豊富な天然食が行き渡るというわけだ。


そして先程、ミジンコの様子を見に行ってみると……

b0362459_00230843.jpg


去年見たタイコウチが同じ所にいた。

何食って生きてたんだと思ったらミズムシを捕獲してました。

信じられないけどあのタイコウチまでもが場所によっては準絶滅危惧種に指定されているんだよな……。






[PR]
by imori343 | 2017-04-15 00:28 | 日常



今日も随分暖かい。

この春の陽気に当てられて植物達が芽吹いてきました。

b0362459_13382142.jpg


私が育てている花菖蒲。

この鉢は種類が複数入っているので特定できませんがどうせ薫君(何でそんな事を言った

b0362459_13382142.jpg


にょきにょきと伸びてくる。

ここ2日~3日で凄く伸びてきた。今年は土を替えれなかった。

開花率に響きそうだ。いや響く。

b0362459_13423853.jpg


これが去年咲いた『薫君』

やはり何度見ても綺麗で飽きない。梅雨の鬱陶しい時期を忘れさせてくれる。

b0362459_13424360.jpg


今思えば何故一箇所に植えてしまったのか……後悔している。

因みに白と赤紫色の花菖蒲はおそらく『麗月』いや…『舞姫』か……?

………こうやって種類が分からなくなるから分けて植えましょう。

b0362459_14081162.jpg


植えたのは数年前なのに去年久しぶりに花を見た『有間川』

有間川を忘れてて諦めて白系を買った直後に咲いたので「えぇ……」

と言わざるを得ない。完全に自業自得である。

綺麗に変わりは無いが。

b0362459_13375969.jpg


このビオトープは冬場も青々としている。

周りに植えてあるユキノシタは湿った日陰に生える多年草なので、冬場のビオトープでも活躍してくれる。

本当はコケで覆いたかったけど……これはこれで良いか。

b0362459_14092199.jpg


コケは中心部の空きスペースに植えてみた。

今の所は青々と元気に育っている。










[PR]
by imori343 | 2016-03-27 14:20 | 日常