人気ブログランキング |

タグ:日常 ( 116 ) タグの人気記事

植物「花菖蒲の咲く頃」





ふぅ、つまらん記事を書いてしまった(いつものこと

そんな時は私の育てている花菖蒲でも見て癒されよう。

b0362459_22201595.jpg


「不知火」

我が家でいつも咲き始めは不知火。

b0362459_22231071.jpg


「乙女」

この種類も咲くのが早く初夏を楽しませてくれる。

b0362459_22243547.jpg

「愛知の輝き」

この種類は寄せ植えの所に植えた覚えが無いのだがいつの間にか咲いていた。

次に咲くのは「天女の冠」辺りだろうか?

b0362459_22271813.jpg

室内の観葉植物も概ね元気です。

b0362459_22280950.jpg

んもう、ウンベラータは伸びすぎだってww

この成長期に入って20cm以上伸びたぞ……。

b0362459_22291785.jpg

これは数年もしたら木になっていそうだな……。

手間の葉に穴が開いているのは移動する際にぶつけて出来てしまったもの。

b0362459_22304004.jpg

フィカス・ベンジャミン" スターライト ビューティークイーン "はというと未だに毎日1~3枚葉を落とす……。

もうかれこれ1ヶ月半近く経過するんだけど未だに止まらないのは大丈夫なのだろうか。

葉の数が多いのでそこまで目立たないもののやはり流石に心配になる。

一応新芽も出ているみたいだけど……うーーーーむ。

あんまりにも長続きするようであれば何かアクションを起こしてみようかと思う。

b0362459_22343494.jpg

一方で5月26日に購入したリベンジのフィカス・ベンジャミン" ラブリー "はというと、

成長もしないし葉を落とすわけでもない。不気味なぐらいに静まり返っている。

このまま場所を変更せずソッとしておこう。

b0362459_22373403.jpg

モンステラ・フリードリヒスターリーはやってしまった。

ちょっと油断して水を与えなかったら子株をダメにしてしまい、

しかも親株も新芽を落としてしまった。

急いで蒸散しにくいプラスチック製の鉢に植え替えて水を欠かさず与えているのだがここからどうなるだろうか。

b0362459_22404880.jpg

一方のドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "は順調で今日挿し木用の土から通常の土に戻しました。

恐らくこれで根を張って成長してくれるはず。

b0362459_22424091.jpg

前に言っていたアジアンタムだけど新芽が出ずダメになってしまった……。

同じ種類を購入しようと思ったけどなかったので画像のシダを購入した。

名前はプテリス・トリカラー。

この画像では分かりにくいが新芽は赤みがかっていているのが特徴。

b0362459_22445390.jpg

こんな感じ。お値段はやっぱり168円です。




by imori343 | 2019-06-12 22:46 | 植物

植物「自立しました」


b0362459_23105590.jpg


……私じゃなくてユッカ・エレファンティペスがね(苦笑

根がしっかりと張り始めたので支えが無くても自立するようになりました。

この植物は根の張るスピードが凄い。もう鉢の下から根がはみ出し始めている。

これは来年には確実に植え替えだなー。

b0362459_23133362.jpg


そういえば前回書き忘れていたけどドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "の元株の事ですが、

新たに頂点付近辺りに小さな芽が出始めました。

b0362459_23152658.jpg


正直半身半疑だったのでこれにはびっくり。

本当に出るんだなー。

b0362459_23161851.jpg


元々あった根元の小さな芽は一足早く成長中。

最終的にこの鉢は沢山芽を付けさせたい。

b0362459_23215088.jpg

現在発根し根が張るのを待っているデレメンシスの小さいほう。

現在の所両方とも順調である。

……こんな事言うのもなんだが置き場所は限られているしどうしようか(苦笑

b0362459_23264704.jpg

ようやく一段落ついたフィカス・ベンジャミン" バロック "(班入り

成長はかなり緩やかで中々新芽を出さないのが気がかり。

と思っていたら

b0362459_23280234.jpg

新芽が出てた。ここに出るか新芽…。

……ただバロックの下の枝全部落とすつもりだったんだけどなぁ…。

b0362459_23303418.jpg

最後にあんまり挿し木が成功しなかったモンステラ・フリードリヒスターリー。

成長の止まっていた小さな株は残念ながら枯れてしまい成功したのは3つだけという結果になりました。

ここからしばらくは成長させることに専念しようと思う。






by imori343 | 2019-05-28 23:34 | 植物



b0362459_16264197.jpg


何も言わずソッとリベンジしたぞコイツ。はい、すみません。

前に購入したフィカス・ベンジャミン" ラブリー "ですが葉が落ちるのが止まらずダメでした。

反省点は場所移動させすぎたこと。

コンパクトで手軽に移動出来るけど馴染むまでは過度の移動はタブー。

今度はもう場所移動は勿論の事ビニールポットも変えない。

出来るだけ環境の変化を避けるようにしたいところ。

b0362459_16350710.jpg


ベンジャミンと言えばこのフィカス・ベンジャミン" スターライト・ビューティークイーン "ですが、

未だに毎日葉が落ちるもののそれと同じぐらい新芽が出てくるようになりました。

恐らくこの葉の落ち方はラブリーの時とは違って健全な落ち方なんだと思う。

ラブリーの葉の落ち方は異常だった。

葉と新芽を包む葉のような物がポロポロ落ちるので掃除が大変。

b0362459_16390217.jpg


そういえば4月29日に挿し木したドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "が発根し始めました。

という事は約1ヵ月で発根したことになる。

ただあんまり用も無いのに抜いてはいけない……戻す時に根を一本折ってしまった……。

b0362459_16451053.jpg


お気に入りのフィカス・ウンベラータ。

成長期に入り早くも4枚目の葉っぱが出始めた。

b0362459_16471539.jpg


茎の緑の濃い部分がこの数ヶ月の間に延びた箇所。約10cmぐらいだろうか。

今年中に20cmは伸びるのではないかと予測している。

b0362459_16493378.jpg


随分と花の付き方がよろしくないスパティフィラム" ミニメリー "

葉が多すぎて花が真っ直ぐ伸びれなかったのだろうか?

b0362459_16542015.jpg


屋外の遠征から帰ってきたパーセノシッサス・シュガーバインとミューレンベキア(ワイヤープランツ)

シュガーバインはさほど変化はないがワイヤープランツは前より茂った。

ワイヤープランツは鉢がオシャレじゃないと全然綺麗さを感じないんだな……。

b0362459_16562660.jpg


随分間延びして見苦しくなってしまったセダム・リトルフロッジー(?)

にしても窓辺の一番光の当たる場所に置いてあるのに随分間延びしている。

b0362459_16583973.jpg


カット。丈夫な種類みたいなので結構ガッツリとカットした。

切って出た残りは別の鉢に埋めてみることに。上手く行けば増えるかもしれない。

b0362459_17003824.jpg


因みにこれが屋外のセダム・リトルフロッジー(?)

何というかもう凄いことになっている。

ほったらかしなのに色も濃く茎はしさほど間延びしていない。

b0362459_17030274.jpg


あんまり分厚くなると光の当たらない部分が枯れこんでしまうので近いうちにこちらもカットしたい。

b0362459_17044840.jpg


私の植物じゃないけどとちょっと気になっているオレガノ・ケントビューティー。

今の状態でも綺麗なのだがここに更にピンクが入りとても美しくなる。

だが、暑さと蒸れに弱いので上級者向けの植物と言える。

そして下の2つの小さな鉢はセダム・リトルフロッジー(?)の破片が入っている。

b0362459_17094232.jpg


ディコンドラはというと画像の通りこの数日で随分ガッツリ減ってしまいました……。

原因がイマイチ分からないのですが妙にこの鉢にだけキノコバエが大量発生しています。

たまらず屋外に放り出したのですが更にキノコバが集まる事態に。

うーんこれはもうダメそう。

幸いまだ種まきの時期だしメール便で届くしもう一度チャレンジしてみようかな……。

b0362459_17123974.jpg


集まるのは悪いハエばかりではないみたいでこのハエはどうやらキノコバエの幼虫を捕食している(?)みたいで

よーく見てみると小さな幼虫を咥えていました。

いやしかしこのプランターどうしようかな……しばらく室内に入れられないぞこれ(苦笑

b0362459_17152760.jpg


花菖蒲も随分葉が伸びてきました。

去年は肥料の与えすぎ(?)でカイガラムシが大量発生して大変でしたが今年は大丈夫そう。

b0362459_17171207.jpg

蕾が付いているものを発見。恐らく不知火だと思う。








by imori343 | 2019-05-26 17:19 | 植物


はぁ……はぁ……5月?(遅い

もう何をやっても楽しくないわダルいわで完全に五月病です(ヽ'ω`)

その為少し更新が停滞してました。

さてタイトル通り約2週間前に挿し木したエレンダニカが発根してました。

2週間前(https://unknown454.exblog.jp/29407051/

b0362459_16195346.jpg


知らぬ間にこんなにも発根していた。ただこの根の出方にはムラがあるみたいで、

ほんの少し伸ばしているものもあれば全く伸ばしていないものもあった。

エレンダニカの挿し木は総じて成功率が高く7本中1本が失敗し2本が発根待ちの状態。

残りの4本は見事に根を出し成功したと思われる。

ただ根を出した株を通常の土に馴染ませなければならないのでまだ気を抜いてはならない。

b0362459_16245273.jpg


新しく増えたエレンダニカ。

これが成長し再び子株が取れれば更にエレンダニカが増える。

そしていずれ部屋に沢山エレンダニカを置くという算段よ。

b0362459_16285505.jpg


これを機にエレンダニカの鉢を大きい物に交換した。

少し大きすぎた気もする。

一応砂をいつもより少し多めにして水はけを良くしたが水の与え方は少し注意した方がよさそうだ。

そして挿し木と言えば

b0362459_16530548.jpg


モンステラ・フリードリヒスターリーも変化がなくなってきたので思い切って土に植えました。

成功率はここからどうなるかまだ分からないけど現時点で半分かなぁ。思ったより成功率は低い。

2株怪しいからこの2株が落ちたとして成功率は2割ほど。うーーん中々上手く行かないもんだ。

今度から挿し木じゃなくて取り木にする。

b0362459_16322358.jpg


遂にモンステラの新芽が開花した。

とにかく大きいの一言に尽きる。

b0362459_16342615.jpg


一枚葉を新たに出すだけで印象が一気に変化する。

b0362459_16381438.jpg


一方シダゾーンはというと

b0362459_16391189.jpg


アジアンタム・ラディアナム" フリッツルーシー "を丸刈りにしました。

というのも葉が明らかに黄っぽくなっており

土からは異様な臭いを発しており水はけもかなり悪かったので即交換。

これ以上無駄に葉へとエネルギーを送るぐらいなら新芽を出す方へとエネルギーを回したほうが良いのでは?

と思いバッサリと。これはかなり賭けに近い。

b0362459_16425739.jpg


アジアンタム・ラディアナム" フラグランス "は至って元気。

同じ環境にいるのに状態が違ったのは土によるものだったようだ。

という事は今まで感じていたフリッツルーシーの異変は気のせいでは無かったという事か。

b0362459_16444319.jpg

ネフロレピシス・マリサは新芽をモリモリ出しており元気そのもの。

購入当初はもう少し葉が少なく不安の残る株だったがここまでくれば大丈夫そう。

b0362459_16491869.jpg

おまえさんはどこへ向かっているんだww

今にも飛び立ちそうなぐらいの勢いである。

我が家のシダ達のラスボスことネフロレピシス・ブルーベル。

b0362459_16591205.jpg

今年の成長期に入って新しい葉を3枚も展開したフィカス・ウンベラータ。

成長速度も早く葉っぱが大きいので本当に見てて楽しい種類。

観葉植物に興味があって近くのホームセンターで見かけたら買ってみては?ウンベラータはいいぞ。


















by imori343 | 2019-05-21 17:02 | 植物


b0362459_21310604.jpg

結論、アジアンタムはやっぱり噂通り難しい。

高い湿度を好むけど土が常に湿っていれば根腐れを起こす。

かと言って用土を乾燥させすぎると今度は葉がチリチリになってしまう。

空気中の湿度が乾燥しても葉が萎れるという難易度ルナティックな植物。

b0362459_21305475.jpg

でもやっぱりこの雰囲気が好きです。

写真のフラグランスはチリチリにならず葉も緑で至って元気で問題ないのですが

b0362459_21322888.jpg

この子。フリッツルーシーは依然調子がイマイチな気がする。

葉が僅かに萎れていた所から恐らく原因は水切れ。

根腐れしているのでは?と疑い水を少なめにしたのがまずかったようだ。

一応保湿の面も考慮して水を張ることに。

どうやら水が足りないと葉が黄色くなるという意見もあったので水やりを少し意識してみることに。

生育期だしそろそろ液体肥料も与えるのもありかもしれない。

b0362459_11322738.jpg

アンスリウムは所詮スパティフィラムの敗北者じゃけぇ…

と思ってたけどアンスリウムのこの葉のハートがさとりんを連想させるからという理由で最近気に入っている。

花は中々付けないけどまぁこれはこれで(未だに正確に花の色を知らない

環境も合っているみたいで床材もヤシ殻単用が良かったのか新芽をちょくちょく出し始めています。

b0362459_11365810.jpg

もうね、ウンベラータの成長速度が早すぎるの。

この子、一日毎に姿が変わってる(笑

今年の間にどれだけ育つんだこれ……(震え

b0362459_11400209.jpg

怪物モンステラも遂に目を覚ました。

一枚の新芽がデカくて既に存在感がある。

この子はもうコントロール出来ず制御不能になると予測する。まさしくモンスター。

b0362459_11424122.jpg

外にあるユッカ・エレファンティペスの子株。

子株といいながらも葉の大きさだけで言えば外のと見劣りしないほどに幅がある。

成長はそこまで早くないので安心。

b0362459_20504214.jpg

4月29日に切断し挿し木を行なったドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "

役2週間が経過したが葉が萎れるような様子はなくかといって新芽を展開する様子もない。

とりあえず無事という事でいいのだろうか。

b0362459_11503284.jpg

5月6日に挿し木したシッサス・ロンビフォリア" エレンダニカ "はというととりあえず全株無事そう。

このまま根を出してくれれば挿し木はほ成功したと言っても良い……。

一方のアイビー" 白雪姫 "は全滅の予感……何でだ?

水を切らさないように気を配っていたつもりなのだがダメそう。

b0362459_11534613.jpg

フィカス・ベンジャミン" スターライト・ビューティークイーン "はというとまだ葉を少しながら落としている状態。

もうしばらくの辛抱……。






by imori343 | 2019-05-12 11:57 | 植物

植物「挿し木」



すいません、ちょっと荒ぶりました。

いつも通り穏やかな日常を取り戻すため植物の世話をすることに。

b0362459_12330813.jpg


モンステラ・フリードリヒスターリーの新芽をそのまま挿した株が新芽を展開していた。

根の状態がどうなっているが気になり試しに引っこ抜いてみたら

画像の通り長い根が何本も出ていました。予想以上の成長スピード。

まさか2週間ちょっとで根がここまで伸びるなんて。

え、普通にこの方法で挿し木した方が大きな葉を付けたまま増やせたんじゃ……。

1度しか試していないので何とも言えないが恐らく私の予想ではこちらの方が成功率も高い。

現に3ヶ月前に挿し木した株たちはあれから成長が止まったり枯れたりして見込みがあるのは2~4株だけとなってしまった。

次に伸びたらこの方法で増やそうと思う。

で、挿し木と言えばこの子。

b0362459_12472788.jpg


シッサス・ロンビフォリア" エレンダニカ "

この短期間で随分伸びてきました。

今年は育成に専念しようかと思っていたけどこのスピードで成長するのであれば挿し木で増やしても良いのでは?

と思い思い切ってカットしました(気に入っている子の一つなので切るのに大分悩んだ

b0362459_12493726.jpg


カット後。

上のボリュームを残しつつまとまるようにカットした。

ここからどのようにして成長するのか楽しみである。

でカットした枝は

b0362459_12513556.jpg


水の吸水を促す為切り口の皮をナイフで削り1時間ほど水に付けてから挿し木用の土へ。

この子も常時28度の温室で管理したいと思います。

葉は本来半分に切るべきなのですが本種は丈夫みたいなので今回は付けたまま行なってみようかと。

順調に発根し通常の用土に植えられるようになったら新しい鉢に植え楽しみたいと思う。

こうして部屋をエレンダニカでいっぱいにしたい(中毒

b0362459_12565258.jpg


アイビー" 白雪姫 "もバランスが悪かったので思いきって伸びていたのを全部カットしました。

こうすることで株数を増やすのは勿論のこと樹形を整え新芽の成長を促すのが目的。

こちらも若い枝なので葉はそのままに。

b0362459_13011616.jpg

現在温室の上部は挿し木エリアになっている。

果たして何割成功するだろうか……心配である。

挿し木が上手くいくようであればいずれはベンジャミンも挿し木にもう一度挑戦してみたいと思っている。

最終的な目標はフィカス・ベンジャミン" スターライト・ビューティクイーン "の挿し木。

b0362459_13105527.jpg

そのビューティークイーンは環境に馴染もうとしているのか画像のように葉を落としている最中である。

挿し木なんて二の次。

ゆっくりながらも確実に新芽を出しているのでこのままそっとしておいてやれば馴染む筈。

一切枯れ葉を落とさず新芽をガンガン出しているノーマルのベンジャミンも最初はポツポツ葉を落としていた。

ほんの数ヶ月前の話なのに今となっては考えられないぐらいである。

b0362459_13104431.jpg

いつ見ても実に美しいポトス" マーブルクイーン "

僅かに葉が茶色くなった部分があるものの新芽も出し順調そのもの。

b0362459_13202704.jpg

1月に購入したポトス" ライムグリーン "

とても明るい葉が美しい品種である。

購入してもう4ヶ月も経過している。そ、そんなに時間が経つのか……(震え

4ヶ月前の画像と比較してみると確実に葉の枚数が増えた。

b0362459_14090845.jpg

ポトス" エンジョイ "は例に漏れずやはり成長は少し遅い?

が、それでも水を与えてもちゃんと吸収し新芽を展開している。

ポトスはやや苦手意識があったが用土が常に湿っていないように気をつければ育てやすい。

そういう意味では用土の配合はかなり重要のものと思われる。

因みに私は赤玉土:5 培養土:4 川砂:1の割合で用土を配合している。まぁ結構アバウトなのだが(笑

b0362459_14140766.jpg

マドカズラじゃないほうのモンステラにも変化が訪れつつあり新芽の出る部分がやや膨らみを帯びてきた。

モンステラの新芽を拝める日も近い。

それはそうと

b0362459_14200536.jpg

キングバブーンが餌を残しその残飯が腐敗し始めてきたのですぐさま掃除。

今回は気付くのが早かったので良かった。

画像は巣穴から出されて怒り狂っているところ。

b0362459_14224830.jpg

横から見ると高さもあり存在感がある。

b0362459_14255514.jpg

掃除を終えケージに。

餌与える頻度をもう少し遅くしようかな……。



















































by imori343 | 2019-05-06 14:29 | 植物



私以外の家族は全員ラーメンを食べに行ったので自分で昼飯を作ることに。

b0362459_12163276.jpg



リゾットモドキ。

ご飯に水を入れて煮詰めていきそこにケチャップとレモン汁を入れ、

風味付けににんにく入りオリーブオイルとイタリアンハーブを入れる(無くても出来る

そこに塩コショウをやや少なめ入れたら完成。チーズやバジルはお好みで。

本来はトマトジュースや缶入りトマトとか使うらしいですが常時ないのでレモン汁でそれっぽい感じにしています。

b0362459_12204517.jpg


ビオトープに新たな来客を見つけた。

b0362459_12215413.jpg


誰だこれ……今までに私も見た事が無い。

イモムシみたいだけど透けていてブヨブヨしている。

そしてしっぽ?みたいなのがあり何とも言えない姿をしている。

水中で見つけたんだけど凄く泳ぎが達者というわけでもないが、

かと言って陸地で歩き回るわけでもないのでどっちに戻すのが正解なんだこれ……。

……何か宝石の国でこんな人見たことあるぞ(笑

調べてみた所「オナガウジ」というハナアブの幼虫で汚水に生息するらしい……これはショックである。

冬場あたりから水の色が少し変になり心配していたがまさかこんな生き物が住み着いているなんて……。

やはりキショウブを全て取り除いたことにより浄化作用が完全に断たれてしまったのが大きかったと思う。

b0362459_12301609.jpg


その汚水でも育っているカキツバタ。以前よりも蕾が目立ってきました。

ドンドンでかくなってこの水をガンガン浄化してほしい。

b0362459_12313860.jpg


で、タイトルにあるとおりシダに使っているライトが突然全く付かなくなったので、

急遽押入れに眠っていたライトに取り替えた(まだあったのか

簡単に言うけどまぁまぁ重労働だった。

特に取り付けは一度分解して穴を開けないとできないから地味に大変。

b0362459_12343100.jpg


で、シダ。

色々考えていたんだけどもしかして推測とは真逆の根腐れ起こしているのでは?

と思ったので試しに水を張るのを止めてみた。

直接触れてはないものの温度が高くなり蒸気として鉢底に水分が常に溜まっているのではないか?

というのが私の仮説。冬場は湿度が低いから必要だったが今は春なので霧吹きだけで事足りそうだ。

今後の経過を丁寧に観察する必要がある。

b0362459_12392129.jpg


成長期に入りガンガン新芽を出すフィカス・ウンベラータ。

やっぱり見ていて楽しい。

b0362459_12402151.jpg


この前の新芽はしっかりと葉を伸ばし次に新芽が延びる準備をしており、

更にその中心部には次の新芽が準備をしている。

b0362459_12420999.jpg

購入してから初めて蕾から開花したスパティフィラム" ミニメリー "

購入した時はもともと花は付いていたけど蕾から咲いたの初めて。

b0362459_12440288.jpg

あ、ポトス" マ^ブルクイーン "が一部茶色くなっている……これは葉焼けか……?

遂に葉焼けしよったか……?

更に別の葉にも出るようであれば日光に当てる時間を少なくするようにしたい。

b0362459_12461548.jpg

数日前にバッサリと切ったドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "は

今の所は特に問題らしい問題はなく大丈夫そう。

そういえば最初に購入した時はこれぐらいのサイズだった。

b0362459_12483141.jpg

相変わらずノーマルのベンジャミンは新芽を出しまくって元気そう。

もう少しボリュームを付けたいのでしばらくこのまま放置しておくつもり。

















by imori343 | 2019-05-02 12:49 | 植物

植物「挿し木完了 」




b0362459_19240980.jpg


挿し木が完了。

奥の大きい方は葉が多く蒸散も必然的に多くなるはずなので

ここからどう変化するか入念に観察したい。

もし悪化するようであれば早急に葉を取り除き10cm間隔で茎を切る処置を行なうつもりでいる。

b0362459_19272928.jpg


4月11日に植えたディコンドラはそれ程変化なし。

新芽が出てくる辺りは早かったけどここからは時間がかかるのかもしれない。

b0362459_19290641.jpg


いつも良いことばかりではない。

シダスペースの植物(クロトン・コーヒーの木・アジアンタムは除く)の葉先が枯れ始めた。

恐らくこれは水が不足している証拠だと思う。

結構べちゃべちゃになっていると思うんだけどなぁ……。

b0362459_19311087.jpg


プテリス・ロウェリーの新芽の葉先。

萎れてしまっている。いっそ金網を外して腰水にしてしまおうかと考えたが、

現在調子の良いアジアンタムに問題が起きてしまってはならないので却下。

b0362459_19343085.jpg


一見何の問題もなさそうなサンスベリアだが実は全て葉だけの状態で根元付近をバッサリと切り落とした。

というのもこのサンスベリア貰った時に根っこを痛めてしまっていたようで一行に根が出てこず、

そして遂にはぐずぐずになってきたのでこれ以上悪化させないようにと今回の切断に至った。

28度の環境でも根っこが出るのに1ヵ月以上時間を要した(新芽は未だに出ていない)

ので常温で根が張るには時間がかかりそうだ。

b0362459_19433307.jpg


フィカス・ベンジャミン" スターライト ビューティークイーン "

名前がやたら長いので「マーシャ」と呼ぶことに。何やら気恥ずかしい。

自然落葉なのだろうか。葉先が茶色くなっている物がチラホラ目立つ。

葉焼けするほど強い光は当てていないので多分大丈夫だと思うのだけれども。

b0362459_19455672.jpg


最後にユッカ・エレファンティペス。

新しい葉こそは目立たないものの新しい根が増えている。良い傾向だ。

更に環境にも馴染んだみたいで葉を落とさなくなった。

折角なので大きく育ててみたい。






















by imori343 | 2019-04-29 19:49 | 植物

植物「決断の時」



遂にこの時が来た。

b0362459_13383281.jpg

ドラセナ・デレメンシス" アオワーネッキー "の切り戻しの時である。

色々考えて悩んだ。このままでもいいんじゃないかと。

しかしこれ以上葉を落とし切り戻しの適正時期を見逃したら次は無いんじゃないかと。






ズ バ ッ ! !





b0362459_13432338.jpg


遂に切りました。9年あまり育成して初の切り戻し。

しかしこうして見るとでかい。よく私の手はデカイと言われるのだがそれも感じさせないほどに。

b0362459_13452579.jpg


現在2ℓの水に1mのハイポネックスを入れ水を上げさせている所。

本来は葉の蒸散を押させるためを半分に切るもしくは頂上付近以外を全部取り除くのですが、

私は一度このままの状態で挿し木が可能なのかを試してみたいと思う。

もし葉が萎れてきたり痛んできたりしてきたら即座に葉を落としたいと思います。

葉を落としたら茎を更に切り分けてみようと思う。

b0362459_13451894.jpg

残ったアオワーネッキー。ここからも新芽が現れるはず。

最終的には色んな所から新芽が出てこないかと思っているが

ぶっちゃけ本当に途中の区間から出てくるの?

頂上付近の切り口辺りから出てくるのは分かる。

でも中間付近で出てくるって本当に出てくるの……?

今まで9年近く育てていて一度もそんな兆しが無かっただけに疑心暗鬼である。

b0362459_13523776.jpg

そして驚きだったのは断面。もう木みたいになってた。

(もしかしたら元からだったかもしれないが)

さて次は植え付けか。支柱が必要になりそうだ。




















by imori343 | 2019-04-29 13:55 | 植物



この子が平成最後の買い物になりそうです。

b0362459_16152688.jpg


フィカス・ベンジャミン" スターライト ビューティクイーン "

またまたメルカリ大先生の収入から購入しました。お値段3000円。

メルカリ大先生の収入はまだありますがそろそろ封印したいと思います。


もうちょっと高くてもいいくらいに綺麗で美しい。

ぶっちゃけスターライトとどこが違うのかサッパリ分からないですが、

通常の班入りと呼ばれるタイプより黄色の部分が多いようにも思えるが真偽は分からない。

b0362459_16170166.jpg

ただ明らかに葉の大きさはノーマルに比べて小柄。

これはスターライトの特徴なのだろうか?はたまたビューティクイーンの特徴なのだろうか?

ところで光の量が少ないと白っぽくなるという話をチラッと見たのだが本当?

まだ試す気はないけどちょっと気になる話。

b0362459_16154731.jpg

非常に茂っており風通しが心配になるのでたまに扇風機を

弱でタイマーをかけて空気の停滞を防ぐようにしています。

今所は2~3日に一枚葉が落ちる程度でそんな毎日ボロボロと落ちてくるといった感じはない。

なので環境の変化(主に光の量)はそこまで急変に感じていないのだと思う。そう思いたい。

そしてラブリーで学んだ「班入りは成長が遅いから場所替えは厳禁」ということ。

b0362459_16221850.jpg

私がこの数ヶ月で購入した観葉植物の中では高額な部類にはいるビューティークイーン。

絶対に失敗は許されない……この種類は是非とも挿し木で増やしていきたいと思う。

上手くいけば金のなる木だじぇグヘヘヘヘ(^q^ )



b0362459_16253853.jpg


同じ値段で販売していたとは思えない程。

ノーマルは高すぎた(最終的に割引で1000円で購入した)し、

ビューティークイーンは綺麗な割に安い!!!

しかしビューティークイーンは不思議と名前を付けたくなる。

普段ペットには絶対と言っていいほどに名前を付けない人間なのにどうしてだろうか。

付けるとしたら……パッと思い浮かんだので「マーシャ」とか。

マーシャは聖母マリアに由来する名前マリーのロシア語略称形らしい…そうなのか…(pixiv百科事典より

クイーンといえば

b0362459_16332918.jpg

ポトス" マーブルクイーン "ですが今も問題なく健在です。

b0362459_16350849.jpg

ここ最近積極的にカーテン越しの光を当てているが葉焼けらしい葉焼けはない。

土の配合も良かったようで水を与えてもちゃんとはけて乾燥している。

ただ購入した時に比べて少し緑が多くなった気がするのは気のせいだろうか。

まぁちゃんと育ってくれているのならそれで良いが。





























by imori343 | 2019-04-28 16:41 | 植物