タグ:花菖蒲 ( 30 ) タグの人気記事

日常「概ね順調です」



b0362459_22474190.jpg


今日の昼飯はジェノヴェーゼ(何か強そう

バジル風味を主体としたパスタで本来バジルソースの中に松の実を入れるのですが、

今回は無かったのでバジル・オリーブオイル・にんにく・塩のみで作りました。あと、嵩増しにミントも少し加えた。

(因みにバジル・ミントは庭から採取)

バジルソースに茹でたパスタに和えたら色付けに輪切りの唐辛子を少々加え粉チーズをかけて完成。むちゃくちゃ簡単。

まだソースが残っているので明日もこれにしよう。

さてさて、花菖蒲はと言いますと

b0362459_22545880.jpg


随分伸びました。順調のようです。

b0362459_22552435.jpg


もう蕾まで付けている。今年は早い。

恐らく不知火。

b0362459_22564832.jpg


順調順調と思ったら小分けで植えてある乙女の様子が何やらおかしい。

よく見てみたらアブラムシのような昆虫が……。

b0362459_22575454.jpg


葉の隙間にはびっしり……おうふ……。

まとめて植えてある大型の鉢の方は離れていたのでほとんどいなかったのですが、

小分けの鉢は密集していたせいかちらほら見かける。

中でもこの乙女が一番酷く発生源はおそらくここだと思われる……。

去年収穫した唐辛子があったので急遽唐辛子スプレーを作ってかけてみましたが効果は薄そう。

今は地道に水で落としていくしか無さそう。

あんまりにも酷かったらアブラムシ用の殺虫剤を購入しようと思う。






[PR]
by imori343 | 2018-05-18 23:01 | 日常


b0362459_14572450.jpg


かなり凄い勢いで成長中。

この鉢は恐らく「不知火」「乙女」が大半を占めており早ければ6月の初めにでも咲くはず。

毎年この時期が楽しみ。

b0362459_15010964.jpg


幹之メダカ達は室内から屋外のビオトープへ。

やっぱり幹之は上から眺めるのが一番適していると思う。

b0362459_15041267.jpg


暖かくなりヘルマンリクガメも冬眠から目覚めた。というか起きる気配が無かったから起こした。

何気に今回初めて冬眠したわけですが餌ももりもり食べている所からとりあえず一安心。

次の冬眠入る前はちゃんと餌に気を使って早めに寝かせてあげようと思う。今年は冬眠に入るのが遅すぎた。


b0362459_15105757.jpg


この異様に触覚の長いこの虫は一体何者なのだろうか?

自身の2倍近くにもなる触覚は浮遊している際にとてもよく目立つ。

その割に私は見たことがなく初めて見る。

b0362459_15122795.jpg


調べてみるとチョウ目ヒゲナガガ科の「クロハネシロヒゲナガ」っぽい?

子供の頃「日本にいる生き物は地味だ」と思っていたけどもよく見ると面白い生き物がいる事に気付く。






[PR]
by imori343 | 2018-04-08 15:16 | 日常

日常「春の陽気」




※ゲームに全く関係ない話です。



3月中旬。寒い日もありますが随分暖かくなってきました。

b0362459_22221292.jpg


まだ名前を知らない梅の花。

この前山の近くをふらりと放浪していたら見つけた。とても良い匂い。

色は中心の花弁が黄色っぽくまるで水仙の花のよう。

花と言えば。

冬場は特にやることがないので放置していた花菖蒲を見に行ったら

b0362459_22253114.jpg


随分と芽が出てきていました。

恥ずかしい話ですが去年の秋ごろに枯れた葉をそのままにした為、

今の今まで芽の状態を確認できていませんでした。

(枯れた葉をすぐに摘むと球根か乾燥するとかという話をどこかでみた。真偽は分からない)

この種類混合の鉢が妙に成長が早いのだが……土の量が多いからだろうか?

種類によって咲くタイミングに若干のズレがあるから何とも言えない……。

b0362459_22414289.jpg


種別の鉢。上の段の奥「愛知の輝き」を除いてやはり成長はワンテンポ遅め。

「愛知の輝き」はカキツバタとのハイブリットなので葉を出すタイミングが少し早いのかもしれません。

b0362459_14410055.jpg


この鉢の去年の6月11日の状態(お、ちえりんの誕生日や

……うん、なるほど。

この鉢はバリバリ序盤に咲く種類ばっかりだわ(笑

まず左側の濃い桃色の「不知火」が真っ先に咲き始め少し遅れて右側の「乙女」が咲き始める。

(よく見たら不知火の後ろに「有間川」の蕾がある)

とりあえずこの鉢の株の成長が早いのは納得。

今年も非常に楽しみ。

b0362459_22390472.jpg


暖かくなってビオトープも青々としてきた。

花菖蒲もだけどキショウブも楽しみ。

(画面上にある濃い緑色の細長い葉)

b0362459_22442591.jpg


キショウブは野生でも見かける水生植物で要注意外来生物。

元々は西アジア・ヨーローッパが原産の帰化種で育成自体は禁止されていないが今後の経過の観察が必要な種類。

(県によって育成可否は異なるので育成する際は調べたほうが無難)

b0362459_18000081.jpg


去年の5月9日ぐらいに撮影したもの。

花菖蒲に比べると背丈は大きいのだが花は一回り小さく花菖蒲には本来はない黄色をしている。

このキショウブと掛け合わせたのが少し前にお話した「愛知の輝き」だそうで、

花菖蒲に本来はない黄色の花を咲かすのです。

b0362459_18094558.jpg

同じく去年の写真。花の大きさに対し背丈が凄く高い。

この時期になるとビオトープ回りはこんなに青々としているのか……。

b0362459_22573972.jpg


去年の5月に比べると今の時期はまだ植物の種類が少ないですが、

ユキノシタがその隙間を埋めてくれています。

この種類にはいつも感謝している。

b0362459_22590583.jpg


セキショウの根元にはホウオウゴケの一種と思われる種類が元気にしています。

名前だけ聞く凄く煌びやかだが見た目は……個人的にはヒノキゴケの方が綺麗だと思う(笑

b0362459_23013565.jpg


反対側は全く違うコケが生えておりツボゴケのような種類と見難いがスギゴケのような種類が育っている。

面白いことにこの種類がどういう過程でここに来たのかが分からない(笑

種類もハッキリとわからない。

というかそもそもコケの種類の判別は非常に難しいので

今までに紹介したコケも合っているかどうか分からない(爆

b0362459_23051777.jpg


睡蓮のビオトープ。

こちらは随分と空しい状態。

b0362459_18295737.jpg

去年の5月ぐらいの写真。

チドメグサと思われる種類が生き生きとしておりキショウブが蕾を付けている。

今こうして見るとチドメグサというよりウォーターマッシュルームみたい。

b0362459_23095068.jpg

今の時期でも変わらずコツボゴケと思われるコケが青々としています。

そういう意味でコケは時期を問わず青々としている種類が多い(と思う)から便利。

この種類は水気の多い場所に自生している事が多いです。室内では間延びしてちょっと難しいかも……?

あ、コツボゴケと言えば

b0362459_23152805.jpg


山道の水の滴る崖で見つけたコツボゴケらしきコケの大群。

比較的よく見かける種類ではあるがこれほどの大群を見たのは初めて。正直驚いた。

b0362459_23174376.jpg


拡大。

竹の枯れ葉が邪魔してしまっているが美しい。

b0362459_23184245.jpg


更に拡大。

我が家にあるコケがコツボだとするとこのコケは少し大きいような?

もしかしたら別の種類なのかもしれない。

b0362459_23220476.jpg


川の近くのコケの大群。

こういう風景を見ると写真を撮らずにはいられない。

遠すぎて種類は不明。

b0362459_23231387.jpg


川の近くのコケの大群その2。

人によっては「何にもない退屈な場所」と言われるかもしれないけど私はそうは思わない。

b0362459_23250850.jpg

川の近くのコケの大群その3。

中央やや左上の岩が顔……というか生首に見える(笑

一昔前だったら騒いでただろうな(笑

b0362459_00523698.jpg

画像を縮小したらもっとそれっぽく見える?(笑)

でも今の時代合成で何でも作れる時代。なんというかなぁ。

例えるなら

「朝日で目が覚めて窓を開けたら清々しい青い空でとても気持ちが良い!!」

……と思ったら実は全部超高性能なホログラムで作られた風景で、

実際は機械で埋め尽くされた窓一つない建物でしたみたいな感覚?

たとえ『事実』が虚構でも『感情』を反応させれば勝ちみたいな。

霊に限らず神も仏もそんな感じなんじゃないかなと勝手に思ってる。


ただ、それらを「悪」だとは言わない。



そもそも皆は考えたことない?

1000年も昔なんて今に比べて食べ物も医療も生活に必要とされる様々な物が無い時代。

今よりも遥かに想像も出来ないような理不尽な死があったはずの時代に子ども作ろうと思う?

現代の生存率の高さを持ってしても精神は病む時代なのにこんな時代だったら……

子供作る以前にそもそも正常に生きていられるかどうかさえも怪しい。

もっとも今と昔を比べられるから疑えるんだろと言われればそれまでだが。

……いやだったら尚更だ。

どうして遥か昔よりも良い生活を手に入れたと分かっているはずなのに心の病は減る所か増えるのか?

昔の人間が強かったから?現代人の弱体化?

それは「強い」「弱い」ではなく、

「救われているか」「救われていないか」の違いではないかと私は思う。


近代化に伴い衰退した「神への信仰」


冒頭でも話した例え「事実」が虚構でも「感情」が反応すればそれでいい。

例え神がいなくても昔の人達は一途に信じていたから心が救われていた。

科学が発展した現代においてそれらが通用しなくなったんだと思う。

皆が皆ではないとは思うけど少なくとも私には全く通用しない。

私の感じている違和感が正しければ数百年単位で発生する大きな時代の転換点にいるのかもしれない。



次に人に繁栄をもたらすものは果たして何なのだろうか?



………という私の妄想(笑)

馬鹿の自論です(笑)わーい今日もいい天気だな(白目)

b0362459_00411010.jpg

話を散歩に戻し、ノキシノブらしいシダが生えた樹木。

こういう木を見ていると私よりも遥か昔から今日まで生きてきたのかとと想いを馳せる。

b0362459_00451752.jpg

そういえば少し前に海にも行ってました。

海の香りが薄くて実感が湧き辛かったんだけども。

b0362459_00462246.jpg

カモメやら鵜やらが大量に群がっていた。

海は嫌いじゃないんだけどやっぱ人目が気になるなぁ……。









[PR]
by imori343 | 2018-03-18 00:49 | 日常


いやーーーさっきは長文書いた!!!

不思議の幻想郷の記事をお待ちの方はこちらへ




ゲーム「不思議の幻想郷 TOD RELOADED 7月22日22:00の生放送!!!」
http://unknown454.exblog.jp/27005823/


そしてここからゲームネタとは関係ありません。

b0362459_17331996.jpg


はい、前回(http://unknown454.exblog.jp/26974212/

脱皮したトーゴスターバーストバブーン(♀)です。

脱皮したてという事でそっとしておいたのですが、

身体も完全に固まりいつも通りになったので巣穴から出して撮影しました。

あれね、大きくなった分動きが早くなった気がする。ちょっと危なかったわ。

そういう意味ではパニックになった時に「キャー!!!」って叫ぶタイプの人はこういう種類は向いてないなと思う。

私はどっちかと言うと小鳥が目の前で糸に絡まって首を絞めて泣き叫んでいても

ノーリアクションで糸を切るような人だからまだマシなんだと思う。多分。

何が起きても驚かないわけではなく驚く時は驚くし、命の危機が迫っている生き物を助けたいと心の底から思う。

でも「キャー!!!」と叫ぶのに意味があるのかを考えるとイマイチ効果がないので

だったらリアクションを最低限に抑えてすぐに黙って動こうという発想になる。

そんな人にはオススメかもしれない。

b0362459_17455915.jpg


脱皮のシートを取り除きました。

普通取らない方がいいのかもしれないけれど明らかにゴキブリの隠れ家になっているので私は取り除く。

しかしこうして見ると確かにでかくなった気がする。これからは今まで以上に取り扱いに気を付けなければ。

しっかしこの種類は本当にカッコイイなぁ……惚れ惚れする。

b0362459_17495048.jpg


外を眺めていたら珍しい昆虫が飛来してきました。

一夏に1回ぐらい飛んでいる姿を見かける「タマムシ」です。

非常に鮮やかな種類で地味な色彩が多い日本原産とは思えない色彩をしています(失礼な

この鮮やかな色彩は光の当り方で色が変わり、この色彩の変化に天敵の鳥類が恐れ近づかない……というものだそう。

b0362459_17495387.jpg


裏面も非常にメタリックです(タマムシには申し訳ない

一度敷地内で飛んでいる姿を見かけたのですが高く飛翔し捕獲ならず……

って勿論観察の為で売買なんてもっての他論外です。

タマムシは神経質で飼い難く寿命も成虫になってから1ヵ月しかないので捕まえても逃がしてあげましょう。

まだ飼育難易度が低くかつ長期に渡り可能でブリード(飼育下繁殖個体)がいるならまだしも……ね。

私はペットとして無慈悲に刈り取られるよりも、この種が屋外で見られる現代であってほしいです。

話を戻して、その数日後に同じ箇所で飛んでいたのでジャンプしてふわりと手で包むように捕獲。

写真を撮ったらすぐに元いた所に戻してあげました。

来年もまた出会いたい。

b0362459_18062921.jpg


ビバリウムも随分青々しくなってきました。

どうやらこのシノブゴケにとって今の環境(湿度・光量)が合っているらしい。

ただ、流石に伸びすぎたので全体的にカットしました。今はもうちょっと地味です。

b0362459_18083987.jpg


悩んでいた頭頂部の枯れも見事に復活。

前回の排水工事がかなり効果的だったみたい。

http://unknown454.exblog.jp/26937017/

b0362459_18120631.jpg


花菖蒲の時期はもう終ってしまいました……が、また来年の梅雨を楽しみに待とうと思う。

あ、今年はサボらず土を替えましたよ。疲れた……。








[PR]
by imori343 | 2017-07-23 18:14 | ペット


わかった、次はゲーム記事書くから書かせてくれ。

花菖蒲が咲くのはこの時期だけなんだ……。

b0362459_22062806.jpg


葦の浮船(手前)が咲き始めました。肥後系というだけあってでかい!!!

去年も大きな花を咲かせてくれましたが、

肥料の与えすぎ(多分)で完全な形でなかったのですが今年は良好。

b0362459_21260495.jpg

照明暗め

昇仙峡を注文して咲くのを楽しみに待ってたら全然違う種類でしたという苦い思い出のある種類。

なので名前は多分です。恐らく向こうの在庫を見る限りでは葦の浮舟だと思うんだけど……むむむむ。

まぁ綺麗に変わりは無く私の花菖蒲の中でも見た目が被らない種類で見ていて楽しい。

b0362459_21260376.jpg

淡路島

はっきり言ってコントラスト詐欺である。

実際の色はもっと薄いです

b0362459_21350195.jpg

普段あまり外へ行かないので夜中の間は数種類持ってきて室内で観察するのが楽しい。

ブログを更新している今でも時々手を休めて眺めている。

お金とスペースさえあれば他にも欲しいが残念ながら……。

そういえばちょっとした事件があったんですよ。

b0362459_21372135.jpg

何と7~8年ぐらい前に購入しすぐに消滅したと思われていた淡路島が実は生きていて咲きました。

……え?嘘でしょ?

一度見た淡路島が忘れられなくてリベンジで購入したのにまさか7~8年前からずっと生きていたとは……。

b0362459_22050382.jpg

新しいほうの淡路島。

このずしっ!!!とした雰囲気が好きなのですが、

肥後系の同種が多く咲くとちょっと落ち着き無い感じになります。

肥後系は1つの鉢に1つ花を咲かせている姿の方が私は好き。

あー……種類増やしたい……。





美しいあじさい&6月のイメージショット!


何やら全然6月らしくないですが一応ブログテーマに参加してみる。


[PR]
by imori343 | 2017-06-29 23:38 | 日常



あんまりゲームネタ以外の事を書くと怒られそうなので花菖蒲ネタは書かなかったのですが、

個人的にとても良い写真が撮れたのでついつい更新。

b0362459_22182544.jpg


花菖蒲の中でもイレギュラーな品種「天女の冠」です。

室内でカメラ設定を暗めにして撮影。

b0362459_22282208.jpg


少し明るめ。

この花びらの形状も他の品種に比べかなり異質な形状でこれだけでも凄いのだが、

本来あるはずの花粉がこの品種には何故か存在せず作出者も作出過程も不明となっている謎の多い花菖蒲。

個人的に好きな花菖蒲で今年も咲いてくれたのでニコニコしながら眺めていたのですが、

数日前の強風と大雨でボッキリとへし折れた……うぐっ

ただでさえこの品種は


・咲いている時間が短い(気がする)

・他の品種のように一つの蕾から何回も咲かない(気がする)

・蕾が2つしかなかった


というのに……。


b0362459_22303402.jpg


もう一つの特徴として茎・葉が他の品種に比べて細長い(多分

それ故雨風に弱いのも納得である。正直もっと早く非難させればよかったと反省。

折角咲いてくれたので切って仏壇に上げておきました。

b0362459_22321050.jpg


明るい所で見るとこんな感じ。

どういう過程でこんな形状になったんでしょうね……。

残念ながら今年はこれで天女の冠は見納めとなってしまいましたが、

来年までにしっかり育つようにサボらず土替えしたいと思います。

b0362459_22352977.jpg


雨風が当らない所へ非難。

折れた花や葉を切るついでに枯れ葉も除去したのでとてもスッキリしています。

b0362459_22403766.jpg


ササグモのペア(下が♂で上が♀

オスが必死に怒っています(笑)最初に発見した時からずっと花菖蒲の所に住みついており、

人によっては殺すかもしれない(私には想像できないけど……)が私はそのままそっとしている。


b0362459_22434342.jpg


我が家にある品種で天女の冠と並んでお気に入りの品種「淡路島」も咲いてくれました。

この品種は肥後系なのでまぁ花が大きく豪華!!!!

一般的に江戸系・伊勢系・肥後系と三種類がありますが、私のような素人だと大きくて豪華な肥後系を選んでしまうなぁ……。

b0362459_22490493.jpg


全体。もう風でへし折られるのが嫌なので室内で眺めています。

天女の冠に比べると明らかに茎が太短く花も大きいのでどっしりとしていますね。

今年はこの鉢で6つ蕾をつけてくれたのであと11~12回ぐらいは咲いてくれると思います。

b0362459_22531977.jpg


去年は咲いてくれなかった古株睡蓮ですが、今年は見事に咲いてくれました!!!

よかったぁ……

b0362459_22531916.jpg


温帯睡蓮という名称で購入した品種で名称は不明。

正直な事を言うとちゃんと名称がある品種を買いたかったが、

かれこれ7~8年以上育成しているので思い入れが強い。

b0362459_22532056.jpg


うん、綺麗。

まぁ名称が無くても綺麗なのは変わり無い。

………何か画面の向こう側で「花菖蒲とか睡蓮とか熱心に育ててるけどおっさんなの?」

とか言われてそうなので弁論しておくけど決しておっさんじゃないからね?(震え

b0362459_23060132.jpg



あーあ……これどうすんだよ(白目

遂にヤナギモが水面を覆いつくしたぞおい……。





[PR]
by imori343 | 2017-06-26 23:07 | 日常



写真撮るだけで書かないでいたらデジカメのSDカード残量が無くなって写真撮れなくなったので放出。

このブログにおいて日常ネタは割とどーでもいい要素になっているのですが………まぁ独り言という事で(笑

(元々は独り言の為に開設したブログだし……)

ただ写真の種類が多いので2つに分けさせていただきます。

b0362459_09054231.jpg

そろそろ乙女は見納めか……。

トップバッター不知火はもう今年は咲き終えた。

両者とも丈夫な品種なのでまた来年もきっと咲いてくれるだろう。

b0362459_09091649.jpg

花を散らす品種が出始める中、別の品種も咲き始めました。

写真は『愛知の輝き』

この品種は少し他の品種と異なりカキツバタとのハイブリット種です。

キショウブと交配種らしいですけど確かにそっくりですね。

b0362459_09115822.jpg

恐らく『麗月』と思われる品種。

過去の私はどうして似た品種を分けずに植えたのか……毎年この時期になると憂う。

写真の通り花は結構大きく平咲き型で迫力があり見ていて楽しいのだが、

一箇所に纏って咲くと色彩が色彩なのでややうるさい感は否めない。

それでも大きく綺麗なので見ていて楽しいのは変わり無い。

b0362459_09181452.jpg

有間川と同じく白い品種『友鶴』

ただこちらの方が小さく完全なる純白(有間川は花弁にやや紫が入る

純白は見た感じすっきりしてて複数花を付けてもうるさくない。

b0362459_09374698.jpg

全体。ちょっと鉢が小さいね(汗

次の株分けで減らさないと来年大変な事になりそうだ。

ただ、困った事に増えてもあげる人もいないし植える所もないしでどうしたもんかね……。


b0362459_09265640.jpg

ここ最近ずーーっと花菖蒲の近くに生息しているクモさん。

調べて見ると「ササグモ」という種類らしくこの個体は必ずと言って良いほど花の近くにいる

恐らく花の近くに寄ってくる昆虫を待っているのだろう。

人によっては殺すんだろうけど私はクモ好きなので花菖蒲と一緒に見ている。

b0362459_09300188.jpg

必死の威嚇。可愛い(笑

こんなでかくて何をしてくるか分からない生き物が近づいてきたら威嚇するよね。

因みにこの子は恐らくオス。他にもメスがいるのだが写真は無い。

b0362459_09460594.jpg


あ。








_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
(`0言0́*)<ヴェアアアアアアアア!!!!
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄







誰だ有間川の花を散らした奴ぁぁあああああ!!!!(しかも大きい方




※花菖蒲はできれば風を避けられる場所での育成が望ましいです(特に肥後系

そういえばビバリウムの話が一切出てこないけど枯れた?(・∀・)ニヤニヤ


b0362459_09593400.jpg

残念だったな……全然枯れてねぇよ……!!!

b0362459_10002497.jpg

一部分を除いては………。

一番高い所はどうしても土との接触がなく霧吹きだけではどうしても限界がある。

そんな訳で今回ついに水槽に穴を開けたいと思います。

ガラス用ドリル(900円ぐらい)を遂に買ってしまいましたよ……えぇ(白目

正直ね…ここまで長持ちするとは思わなかった。恐るべしシノブゴケ。

b0362459_10044802.jpg

本来は中身を出してから作業すべきなんだろうけど面倒臭がりなのでそのまま決行。

↑事故に繋がる可能性があるので真似しないでください。

b0362459_10061192.jpg

開きました。

あのね、文章にするとめっちゃ簡単に出来ると思うだろうけどむっちゃ時間かかるよこれ?

しかも角度が垂直でなかった&穴が小さかったので後日普通のドリルで穴を大きくする作業が追加されたのであった……。

(角度が下向きなら良いんだけど上向きだから水が出難いのなんので最悪だった)


あ、言うまでもなく普通のドリルの歯で穴を拡張とか絶対しないでくださいね(にっこり


素人でも分かったよ……普通のドリルの歯でやっちゃダメだ。

まず時間がかかり過ぎる。1日で終らなかったよ。

↑あんまり長い事使ってると騒音が心配だった。

奇跡的に穴の拡張&角度の調整に成功したが、最後に内部でちょっと穴が欠けた時はもうダメかと思った……。

で、ここにホースを通してペットボトルを設置すれば……

b0362459_10145544.jpg

簡易的な排水システムの完成!!!

おしっこみたい(直球

b0362459_10160753.jpg

上部にはこのように一方コックを取り付けて水の落ちる量を調節。

更にエアホースの中に針金を入れて落ちる位置も調整できる。金属?錆?多少は大丈夫だろ(適当

下に落ちた水をまた上に戻せば今まで乾いていた頂上付近を常に湿らせ続けることが出来る!!!

うん、これは正直に超便利だわ。

b0362459_10180832.jpg

おかげで頂上付近が少し緑が戻ってきました。

まぁコケは成長遅いので完全に緑色になるまで時間はかかると思うがそれも楽しみの一つとしてゆっくり待とうと思う。





ふぅ……やっとその1が終了。






[PR]
by imori343 | 2017-06-20 10:25 | 日常




6月は花菖蒲が咲く好きな時期です。



b0362459_14410055.jpg


あれからも乙女と不知火が咲き乱れております。

b0362459_14452833.jpg


少しズーム。

いやぁ、基本ゲームのブログなのですがこの時期だけは花菖蒲ネタが多くなってしまうのです。

このブログを見てくれている人からして見れば絶対に興味がないのはハッキリ分かる。

なので申し訳ないなぁ……と思いつつも「ここ、わいのブログやし!!」と開き直ってみる。

いいんだよ、例えこれでランキング下がったってぇぇえ!!!!!(負け惜しみ

現にExciteブログランキング2位から4位に絶賛下がり中☆

何かで言った気がするけど「自分の好きな物を好きだと言えなくなったら本末転倒だ!!!」

そんな訳でゲームネタ以外にもバンバン関係ない記事が更新されるのでご了承を。

(カテゴリのゲームを選ぶ or タグの不思議の幻想郷を選ぶとゲーム記事のみを表示できるので是非活用してください)

b0362459_14562193.jpg


更にズーム。今回はコントラストと明るさを僅かに弄りました。

因みに右側の淡い桃色の品種が「乙女」で左側の赤紫の品種が「不知火」

格段珍しいわけでもなく普通に手に入る品種なのだが丈夫で育て易い。

………じゃあ、その白い蕾は?

b0362459_14595229.jpg



ズバリ、有間川です!!!

いやーーー……この品種はもう全滅したとばかり思っていました(爆

有間川を見るのは久しぶりで2~3年ぶりです。

やっぱり分けて植えたほうが良いなと思う反面、何が咲くか分からない楽しみはあってもいいかもしれない。

品種毎に分けると何が咲くか分かってしまってちょっとワクワク感が減ってしまいますね。

b0362459_15052425.jpg


ちょっと背景に拘って撮影してみた乙女。

b0362459_15064744.jpg


花は結構すぐに枯れてしまう反面一回の株に2~3回花を咲かせる。

なので萎んできたらすぐに摘み取るようにしています。

しっかし考えてもみたらゲーム×節足動物×花菖蒲のブログって数少なそうだな……。

そう考えると少し楽しい。

b0362459_15091262.jpg


もう購入から7年ぐらい?経過した温帯睡蓮。

毎年綺麗な花を見せてくれるのですが、去年は一度も咲いてくれませんでした

今年はと言うと………

b0362459_15121061.jpg



やりました!!!蕾です!!!

やっぱり株元に光が届いていなかったのが原因だったのかな?

今回は深く埋めすぎず浅めを意識して植えたのですがそれが功を奏したようです。

そろそろこの睡蓮も株分けしてあげたいな。






ブログテーマにこんなのがあったので初めて参加してみる。

紫陽花もいいけど花菖蒲も綺麗なんやで……。



美しいあじさい&6月のイメージショット!






[PR]
by imori343 | 2017-06-11 15:16 | 日常

日常「咲き誇れ乙女」



ゲームネタを待っている方には申し訳ないのですがゲームネタは後ほど。



b0362459_21380762.jpg


「不知火」に続き「乙女」も咲きました。

我が家の花菖蒲の中でも毎年安定して咲いてくれる品種ではあるが何度見ても可憐で綺麗と思える。

あぁこの時期は外にいても楽しい。

b0362459_21381209.jpg


アップ。

6月といえば紫陽花ですが私にとって6月と言えば花菖蒲の時期です。

b0362459_21381730.jpg



別の株の乙女。

こちらは色みが薄い……日数はそこまで経過していないと思うのだが……。

b0362459_21381735.jpg


外で観賞するのも楽しいが室内に持ち込んでゆっくり眺めるのも楽しい。

また小さい鉢植えの花菖蒲が咲いたら室内でじっくり眺めて写真を撮りたいと思う。

去年は咲かなかった有間川が今年は珍しく咲きそうです。



[PR]
by imori343 | 2017-06-10 21:45 | 日常

日常「不知火(?)」




b0362459_22325593.jpg


花菖蒲「不知火」が咲きました。

……が、今年はなんだか花の形が悪いのが既に現れている。

肥料の与えすぎだろうか……。

b0362459_22365566.jpg


夕暮れ時に見る不知火もまた良い。

b0362459_22380826.jpg


花菖蒲の時期はここからだ。

今年も沢山咲いてくれるだろうか。

b0362459_22391386.jpg


日が落ちてから見る不知火もまた(ry

しっかし私もいつからこんなおじいちゃんみたいな趣味を始めたんだっけな……。

……い、一応言っておくけどまだそんなに年食ってないからね私。

あぁ……最近ゲームネタ以外の事ばかり書いているからそろそろふしげんの事も書かないとな……。





[PR]
by imori343 | 2017-06-06 23:13 | 日常